FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

こんなところに

こんなところに


IMG_20210904_133034_834.jpg

 庭の芝生の中にユリが一輪咲いていました。ググったら種子から花を咲かせるユリもあるそうです。

 
 

想へども 君が消へゆしあの日から たれも染まらぬ 秋の白百合

 



 体調はもう戻っているんですけど、PCでブログの文章を考えたり・・・絵を描くのも辛い。しんどい。
 食欲もありますし、睡眠もとれています。でも、なんか、だるい。明日はシャッキっとしたいです。
スポンサーサイト



  1. 2021/09/04(土) 22:20:22|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すみません、

すみません。

 体調不良のため、しばらくお休みさせていただきます。コールが遅れて申し訳ない。
  1. 2021/08/09(月) 14:30:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オリンピック

オリンピック ソフトボール

 テレビがありません。もう耳に何とかができるほど・・・ですね。居間にはあります。ソフトボールを見ていました。男子にソフトボールはないのだから、季重なり、(あっちがう!)不必要な言葉?ソフトボールでいいのでしょう。女子はいらない。

 今日は暑いから、日本選手は帽子、カナダの選手はサンバイザーをしています。過日のメキシコ戦。上野選手ってあの上野選手・・・まー昔はサンバイザーだった気が・・・日本選手を観てみますと、帽子をかぶっていない選手もいる。共有と全体主義の日本人が統一されていない。
 メキシコの選手を見ると、帽子もサンバイザーもしていない選手もいる。えっー高校野球やプロ野球、少年野球選手も帽子はみんなで被るでしょう・・・ネットで調べました。オリンピックに限るのかもしれませんがソフトボールは、帽子を被らなければならない規則はない。帽子だろうが、サンバイザーだろうが、ないもしないが。バラバラ、それで良いのだそうです。さらに見ていると、野球中継にある、ボール、ストライク、アウトのテロップがない。右下に・・・あるはずが・・・
 左上国旗の下に数字で、ボール、ストライク、アウト、出塁の表示がありました。
  1. 2021/07/25(日) 15:27:58|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

直感像

直感像

 ご無沙汰してしまいすみませんでした。一カ月間以上、記事をアップしませんでした。もの気かったのでした。他のことはいいのですけど記事を書く・・・億劫に感じていました。

 さて直感像。私は山下画伯のように2,3ヵ月前に観た花火大会の花火を再現できるほどの力はないのですが、ややの直感像があります。映像で記憶するとか・・・だから1キロ単位ですが、男女とも痩せたり太ったりはわかります。今までの映像と、今の姿の違いから、~だなーとわかります。

 文庫本を観て或る発見をしました。これは誰も気づきはしまいと思っていましたが、ネットに上がっていました。

 ことの経緯は、こさかなちゃんお勧めで、『毎年記憶を失う彼女の救い方』講談社タイガ も買い求めました。そこで、すぐに気づいたのです。文庫本が小さくなっている。それで、ネットに行くと、講談社の文庫本は新潮社や幻冬舎文庫に比べると小さい ということが載っていました。そして、昔は、と思い、村上龍著『限りなく透明に近いブルー』も本棚から出しましたが、やはり小さかったです。何故、今まになって気付いたんだろう・・・能力が上がったのか???

 学生の定期試験はいかせましたが、いまになるともう・・・誰かがモデルにならなくても、記憶で似顔絵・イラストがかけるのには活かせそうですが・・・

 
  1. 2021/07/04(日) 16:52:31|
  2. 世迷言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小坂菜緒という才能

小坂菜緒という才能

 まさしく小説家の天賦の才能を持った少女?女性である。ご存じ、日向坂46の元センター こさかなちゃんこと小坂菜緒さんだ。まだ小説には取り組んでいないように思われる。が・・・公式ブログでの彼女の文章力と内省 つきつめる思考方法。彼女の場合、頭の中の抽象概念を言語化しないと精神の平均を保てないようにも見受けられる。小説家の資質を感じざるを得ない。ただ、アイドルの有名税なのか、ちょっとふっくらしたら 太った 劇太りと言われ、元気はつらつしていないと、元気がないといわれる。

 彼女の『センターは逃げたくても逃げれない』 雑誌のインタビュー等々

 こんな気持ちで・・・高校を今春卒業した。えっー大人の考え、価値観 しっかり女子 女子とはもういえまい。淑女だ。

 小坂んちゃんは写真集を出す。そのまえに小説を出してほしかった。読書家でも知られる。彼女が良いといった小説は、一瞬で本屋さんから消えるそうである。私も3冊彼女のおすすめを買った。未読だが、なんとなく小説の少女漫画化を感じる。そのまえに文章力を学ばねば・・・力をつけねば・・・
  1. 2021/05/16(日) 15:48:45|
  2. 青田買い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ