FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

一休止できました。

一休止できました。

 自治会のある担当で集めていた集金のが終わりました。(おかしな文章ですが堪忍してください)、一安心しました。他の人が簡単に出来ることが、できない。恥ずかしく思いました。もしかしたら、その右往左往、悲喜こもごもをブログにするのかもしれませんし。が、どうも苦手で…ただ自分の世界観をまき散らしているだけなのかもしれません。それか自分の手を汚したくないだけかもしれません。今の課題です。そんな、いつもの戯言に終わってしまいましたが、、お付き合いありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2019/05/15(水) 22:45:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スマホから記事を書いています。私は馴れないので大変に思いますが、未知のものが1つ出来たと思うと感慨深いです。ないぶん、長文化する傾向があるので、丁度いいかもしれません。
  1. 2019/04/02(火) 16:35:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はんぶんっこ

はんぶんっこ! 
 img20190308_13230324.jpg
      はんぶんっこ! 

 今日、お父さんが僕にチョコレートを一枚くれたんだ。

 えりちゃんがチョコを欲しがったので、

僕はえりちゃんとチョコをはんぶんっこ!

 隣の家のミー君がチョコを欲しがったので

えりちゃんはミー君とチョコをはんぶんっこ!

 はんぶんっこ! はんぶんっこ! はんぶんっこ!

 無くならない。


-----------------------------------------------------------------------------
これは、絵ポエム集の『はんぶんっこ』ですが、この作品の応用で、絵本を一作仕上げました。お父さんから、少年、女の子、隣の小さい子,飼い猫、飼い猫の子、アリさん・・・・と一枚のチョコをはんぶんこし、分け与えるのです。シェアーっていう英語の概念は難しと昔の英語の塾の先生が教えてくださいました。無学な私には解りません。シェアー。キリスト教的な考えなのかなー???独り占めしないで、分け与える・・・そうしたら、はんぶんっこし続ける限り人類は滅びない・・・

 人類滅亡の日が来ないことを祈って仕上げました。絵本のコンテストがあり、自作未発表の作品に限る と応募資格にあったので、諦めていましたが、駄目もとで、主宰団体に電話で聞きましたら、「ウェブだけの発表なら、O.Kですよ。」と仰ってくださいました。このコンテストに応募します。絵本の絵は、もう少しまともです。発表は五月です。
  1. 2019/03/08(金) 14:09:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

宝くじを買いました。?ロト6ですが・・・

宝くじを買いました。

 今月6日の日曜日に借りていた2冊の本を返しに県立図書館に行きました。その帰り、いつも違う道で帰ろうとすると、ポツンと宝くじの販売店が・・・ビビビッと感じました。今まで、二回しかくじを買ったことがなく、どんなくじが1000円の予算で買えるのかわからないので、売り場の御婦人に1000円で買えるくじはありますかと聴いたら、ロト6がありますとの御答え。 ロト6?ってテレビCMでやっているやつか!と思い、購入しました。インターネットで当選番号はすでにわかるそうですが、結果を聞きに売場にいきます。当たっているかな?でも本当に磁力に引きよされるみたいに、宝くじ売り場に吸い寄せらたんだよね。
  1. 2019/01/09(水) 03:57:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暮れていきます。

暮れていきます。

 暮れていきます。数十分後、まさかがなければ、或いは多くの確率で2019年を迎えられるかもしれません。2章のまま進まなかった私小説。『春の雪』さへ読まなかった三島由紀夫先生著の『豊饒の海』 救いは終盤に、童話が出来たことでした。原稿用紙十七枚。 規定に収まりました。
 20数年前,友達のつてで編集者さんの数名に処女作を見ていただいたことがありました。主人公が喋りすぎてうるさい、説明が多く想像できない、才能がない、センスがない、知識がない・・・強烈なダメ出しでした。でも、どういうことだったかなーという分析しませんでした。というかわかりませんでした。今回の童話を推敲していて、街で、保育園時代の友だちに偶然出会ったみたいに、なつかしい気持ちになりました。という箇所。(主人公の設定が小学校の低学年なので) なつかしい。これが喋りすぎるということかな・・・と分析しました。保育園時代の友だちに街で偶然に出会ったら、書かなくても、なつかしいに、決まっているから・・・ここは  偶然出会ったみたいな気持になりました にするべきだと思いました。編集さんから、ダメ出しを食らった 『うるさい 想像できない。』こういうことかと考えるヒントになりました。読者さんを信じる。文章は最低限で(ってこのブログ記事がすでにうるさく、信用していないのかもしれませんが)書く。あとは委ねる。そんな感じで、焦らず、書いていこうと思います。脱稿
  1. 2018/12/31(月) 23:45:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ