FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

解き放つのは・・・

 解き放つのは・・・

 今、かなり迷っています。原因は30数年前の『写ルンです』 です。カメラ屋さんで現像ができるのかという疑問もあります。初めの四枚は入学式の際に校門で撮ったものですが、あとは何を写したのかわかりません。今回、手元に戻り、梱包していた絵を開封したら、こんなにも運命が変わるとは思わなかったので神秘主義というかオカルトと申しますか?目に見えない世界を信じるようになりました。絵は17年前に(まだ、構図とか配色がジャンジャン天から降りてきた)絵がかけたころのです。ずっと押し入れに閉まっていましたが、数年まえパート先で、飾らして欲しいと頼まれたか?或いは自分から飾ってほしい?と頼んだのか?忘れましたが、絵は嫁いでいきました。そして今年の春のコンクールに出品するために、いったん事務所から却させてもらい応募。結果は入選でした。5月下旬の一週間くらい、大阪の芸術センターで飾られていました。それが、返還されてきました。しばらく梱包されていましたが、梱包を解き放ちました。そしたら、運命がガラッと変わりました。良い意味で・・・ジャンジャン好転する。でも、将棋の大山康晴十五世名人のお言葉。うまくいっているときこそ考える。肝に銘じています。調子に乗らないようにしています。写ルンですの封印を解くか???聖書のヨハネの黙示録の様に封印を解いたら・・・またはパンドラの箱のようだったら・・・迷います。こういう時に背中押し屋さんがいたら、良いのにと思いました。背中押し屋というのは、私が考えたビジネスです。なんか岐選択の、或いは人生の路に立たされた時、どっちに行くべきか悩んでいる人の背中を押してあげる・・・そういう人です。周りの人に話したら、笑われて終わりでした。ユーミンのやさしさに包まれたならではないですが、解き放つのはいまでしょうか?こういう時に、背中押し屋さんがいてくれたらなー。そもそも現像ができるのかわかりませんが・・・
スポンサーサイト



  1. 2019/06/25(火) 07:16:37|
  2. 世迷言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本屋さん 服屋さん(SHOPっていうのかな?)

本屋さん 服屋さん

 夕食の買い出しに行くスーパーを変えました。ちょっと距離が延びますが、ダイエットにはいいとプラスに考えています。本当は歩いていけばダイエットには効果的ですが、脚がしびれて長い距離を歩けないので、ちゃりで通っています。今のスーパーには本屋さんがあります。チェーン店ですが、UP TO DATEで、売らんかなーな商魂が素敵です。コンビニのネットや、他のネットでも本を買うので、AIを使っているのかもしれませんが、履歴から、こういう本もありますよーとか、出てきますが、全然、外れています。思い付きや、ひらめきは人間固有のものかもしれません。昨日、読み返した『ノルウェイの森』の一挿話。、ダブルヒロインの一人の緑という女の子が、実家の書店の規模の小ささを悲しげに説明する箇所をみました。(『戦争と平和』、『性的人間』、『ライ麦畑』 がないと・・・まー1970年の前後2,3年くらいの時代なので、今とかでは比べられませんが・・・今日、夕方、本屋さんのあるスーパーに行きましたら、大江健三郎氏の文庫は一冊もありませんでした。ちょっと前に、村上春樹氏が翻訳なさった、The catcherr in the ryeは、もしかしたら単行本はあるのかもしれませんが、白水社の『ライ麦畑でつかまえて』は、探した限りありませんでした。が、『星の王子様』を倉橋由美子氏が翻訳されていたことを知ったのは収穫でした。仏文科卒だったのですね。大学院にも駒を進めた。『パルタイ』も本棚にあります。僕の部屋の本棚には「性的人間』もあるし、一階の本棚のどこかには『ライ麦畑でつかまえて』や『戦争と平和』の1巻はあるはずです。『戦争と平和』は伯爵夫人とか、公爵夫人とか、侯爵夫人とか,、登場人物が多すぎて、僕の頭では理解不能・で挫折しました。でも、『イワンのばか』って読もう読もうと思っていたので、買いたいです。電子書籍が台頭しだしましたが、本の情報取得は、やはり本屋さんに限るのでしょうか、いつか電子書籍が、とってかわるかもとと思っていましたが、実際、この手に取ってみないとだめですね。服屋さんも。ネットで服を買って懲りたというか・・・やはり、この歳になるとデザインよりも、着心地・肌触り・・・お店によって、この手で五感で、たまにシックスセンスで服も買いたいです。イオンモールには大きめのサイズの服もあるし、外付けキーボードも・・・ 今日、本屋さんによって、情報収集はAIでなく足だと思いました。今のところですけど・・・。
  1. 2019/06/03(月) 23:25:46|
  2. 世迷言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時計の針

時計の針

 所有しているラジオ付き時計の針が正確でない日々が続きました。きちんとした時刻に針を合わせられませんでした。もう、15年以上前の品ですがラジオも時計も役をします。でも去年から正しい時刻が合わせられなくなりました。というもの、アナログ針時計の時刻を合わせるツマミを引き抜いてしまたのでした。正しい時刻に合わせられない。接着剤でツマミを固定して・・・それでは穴とツマミが塞がってしまい貼りついてしまう。時計は正確な時刻を刻まない。でもラジオはキチンと使える。どうしたものかと・・・たまに思っていました。
 そんな僕の心を知ってか知らずかラジオ付き時計の時計は三時間進みっぱなしで治らない。でも、過日、きちんと時刻を直す方法を考え付いたのです。電池式なので電池を抜いて、時計を止め、三時間後にラジオ時計の時刻に合わせて電池を入れたらキチンと時を刻むじゃん。なぜ、今まで考え及ばなかったんだろうと恥ずかしく思いました。常識的発想からの飛躍を主張している僕が紺屋の白袴。
 ラジオ時計はキチンと時を刻んでします。キチンと直りました。こんなことは自慢する程のこともないのでしょうか?
 頭のいい人だったら、もっと早く気づくでしょうか?ちょっとした世迷言でした。
  1. 2019/05/19(日) 05:07:37|
  2. 世迷言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今、ラジオなのか?

今、ラジオなのか?

 スマホの配信で、アイドルや芸能人の発言の元を見ると、ほとんどがラジオの放送局なのです。ニッポン放送だったり、文化放送、FM東京、・・・etc
メディアに取り上げられるアイドルの発言の元はラジオ局が多いです。私のスマホにもラジコがありました。使い方がわからないですけど、今度、勉強したいと思っています。ラジオ。インターーネットが普及しても、そうそう、無くならないメディアだと思います。
 AIに仕事を奪われる。さまざまな、憶測が生じています。私は無くなるものはなくなるし、残るものは残るし、新しく生まれる仕事もあると思います。
 ラジオ局のパーソナリティー。あれはAIでは無理だと思います。そして夏の甲子園で負けている高校の9回裏の攻撃時の三塁アルプススタンドの祈っている女子高生をカメラで抜く仕事も人間の、しかも男でなければできない仕事だと思いす。それで無くならないと思います。そう、或るところで発言したら、アルプススタンドの女子高生の映像をカメラで抜くのだって、画像認識で、パーツを記憶させ、膨大な可愛い、美少女の認識を埋め込めば・・・と仰いました。でも、私は言いませんでしたが、家に帰り、今井美樹さんや水原希子さんは、どうなのか?と思いました。
 ラジオの話から飛躍しすぎました。さっそくラジコの使い方をマスターしようと思います。田舎だと、東京のラジオ局の電波がクリアーに届かないのです。この地方局でオールナイトニッポンなどは権利を買うのか?受信できます。
  1. 2019/02/19(火) 14:15:11|
  2. 世迷言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自動車を見ていた午後

自動車を見ていた午後

 ってタイトルがユーミンの『海を見ていた午後』のパクリっです。ではなぜ?公道わきの椅子、またはベンチに座って走り去る車をただ観ていると、意外に面白いです。ただ流れ去っていく車。おもしろくないんじゃないのという貴兄、是非お試しください。かつで文芸部に在籍していたころ、先輩が、石をヒモで引っ張って歩くと意外と面白いという発言をきいて、そんなのどこがおもしろいの?と思いました。その年、ちくま文庫から刊行された、太宰治全集の1の晩年の中の、『葉』という短編に、石塊をひもで縛って引きずって遊んでいる子供という内容に触れ、そうなんだ、つまらなそうに見えてもおもしろいことはあるのだなーと思いました。
 
 昔、ある他県のテレビが観れました。未だに地デジ化していません。今は放映しているかわかりませんが、洋楽に乗せて、横浜ベイブリッジに定点カメラを置き、ただ車が通りすぎるのを流しているだけという番組がありました。今もやっているかわかりませんが・・・その、シュールさが大好きでした。それを真似たかどうかは解らず、只、交通網の混雑状況を知らす為に、二つの定点カメラから車の流れを映す、番組を始めようと思ったのかもしれませんが、この地方局は車の流れの番組を始まました。ちがーう!!!!と腹が立ちました。ただ、車が流れている、そのシュールさが良いのに・・・やっぱり猫が好きみたいな

 食材を買いにスーパーへ毎日行きます。スーパーは公道に面して立地しています。スーパーで食品を探し求めるだけで、足に電流が流れるように痺れます。それで会計後、外に出て、公道に平衡においてあるベンチで一休み。長い歩行は無理なのに、自転車は大丈夫なのです。それで走り去っていく車を、ボ~っと見ています。今は寒いからあれですが、春がきたら・・・デートにどうでしょう。ドルフィン・・・行きたかったけどなー。
  1. 2019/01/28(月) 15:36:14|
  2. 世迷言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ