FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

自由

 自由

 先週、昔、視聴していたインターネットサイトの『NHKワールド』?(正式名不明)の英語ニュースを観てみようと思った。なに、英語がわかるわけではない。パハップス、2、3、4年前、当時51歳であられた郵便配達員さんが、この英語ニュースを独特の勉強法で使いTOEICでものすごいスコアーをたたきだしたというニュースがあった。私も、さっそく同じ方法をとったが、1週間くらいで挫折したと思う。その数年前のコピーがこの前の大掃除で出てきたのだ。
 それで、先週の火曜日か、水曜日に、アクセスした。タイトルが変わったのか?見当たらなった。それでも題名は違うものの英語のニュースがあった。その英語のニュースが聴き取れたら、片田舎のディレッタントなどしていない。でも、半分はわかりました。香港で、暴動← これは違います。私の拙いリスニング力とカン違い。暴動でなくデモ。座り込んだりしたもののデモが終われば、参加者は帰ったものの、残った人々が、警察と衝突。パソコンの画面ニュースには市民と警察の激しい衝突で、私は恥ずかしながら暴動と思ったのです。今日もデモは香港で行われているという。

 逃亡犯条例改正案へのデモ。逃亡犯条例の改正案が通ってしまえば、中国政府による香港統治が迫るという不安。今になって思うのだが、昔『セブン・イヤーズ・イン・チベット』を観た。チベットの僧侶が中国軍に殺されていく・・・恥ずかしながら、チベットが中国に軍事侵略されたということは知りませんでした。中国の脅威。今まであまり意識したことはありませんでした。かつてテレビ番組で、元会社社長が「尖閣諸島、あんなの中国にやっちゃえばいいじゃないですか。」と発言していました。金 美齢氏が、中国は沖縄も攻めてきますよ!とものすごい危機感を感じているようでし、これも某社長は「国連とかあるし、攻めてきませんよー。」という発言をしていました。私もさすがに、中国は沖縄を侵略してこないだろうと思っていましたが、中国。香港・台湾・・・思い起こせば天安門事件。なにするかわからない。自由の大切さ・・・
 過去に、私は仮面ライダーのショッカーがなぜ悪の組織なのか、ショッカーを悪の組織と決めつけるなら、その根拠は何か?哲学してみたことがあった。哲学思考が苦手な牡牛座。すぐギブアップ。ネットで調べて、あーそうか、なるほどねーと思った。そのサイトには、ショッカーは世界征服をたくらみ、人々の自由を全て奪おうとしているからとあった。そうか!と思った。悪の組織とは自由を奪うもの。
 香港の市民運動を注視している。市民の力で政治を変えられることがこの目の前で証明されたら、日本人もNOはNOと言おうという市民が増えると思う。住基ネット。私は大反対だった。それがあれやこれやで、マイナンバー制度。えっ と思った。特定秘密保護法も騒いだ割には、すんなり通った感じがする。私はあきらめていた。唯一の抵抗は選挙で野党に入れるだけだった。シールズにも期待したが、どうなちゃたんだ???。日本人。大人しすぎると思う。憲法9条の加筆・改憲。選挙権も18歳に引き下げたのは(飲酒喫煙は二十歳からのまま)憲法9条を変えて、国民投票の是の票をすこしでも増したいからなのではと勘ぐってしまう。管理教育って今の状況を作り出す布石だったのかもしれないと思っている。上から言われれば、自分の考え・主張なしに従ってしまう。 国民は不良債権の公的資金の投入も誰も非を言わなかったんじゃないかと思う。、時期は違うが退任したフランスのサルコジ大統領は、さぞかし、日本の首相をうらやましかっただろうなーと思う。なにやっても日本国民はしたがちゃうんだもん。
スポンサーサイト



  1. 2019/06/23(日) 12:31:55|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お詫びして訂正いたします。

お詫びして訂正いたします。

 過日の私のこのブログで、誤認、明らかな間違えがありました。すみませんでした。ついネットの記事を見ての早合点で・・・お詫びします。全国のセブンイレブンのオ-ナーさんと記しましたが、大阪府のあるコンビニのオーナさんが、24時間営業のところを(ネットサーフィンしましたが、)何時に営業して、何時に閉めたかわかりませんでしたが、人手不足を理由に19時間営業をしたところ、本社から契約解除と1700万円の違約金支払いを言われ、コンビニオーナーらで作る「コンビニ加盟店ユニオンは、セブンイレブン・ジャパンに団体交渉の申し入れを行った。

 全国のコンビニオーナーさん。7時開店 11時に店を閉める、

 ↑ これは明らかに事実誤認の間違えでした.。
 今後、このようなことがないように、きちっと、数字は確かめ精査しますので、お許しください。
  1. 2019/03/11(月) 22:36:02|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今、演劇ブームか?

今、演劇ブームか?或いは三島由紀夫先生

 数カ月前、飛び込んできたニュースがありました。三島由紀夫氏作(豊饒の海)が舞台化と!というニュースを観たのです。驚愕しました。『春の雪』、『奔馬』、『暁の寺』。『天人五衰』の4部作を、どうやって脚本にするんだ!と思ったからです。脚本を観てみると長田育恵 氏のクレジットがありました。
 検索してみました。早稲田大学第一文学部文芸専修学科とありました。小川洋子氏、角田光代氏と同じだと思いました。最近、早稲田大学卒の女性作家の活躍が目覚ましいと思っています。早稲田なんて憧れたけど、逆立ちしても無理だった・・・
 凄いな。『豊饒の海』全四巻をどう戯曲化するのか?興味は尽きませんでした。もう、上演されています。でも東京に行けない。 トイレが近いので、舞台どころか映画も無理です。話しは飛びますが、響 の映画を観に行こうと思いましたが行きませんでした。
 色々、調べましたが、江戸川乱歩氏原作、、三島由紀夫先生脚本の『黒蜥蜴』も、今年の一月に上演されていました。以前お勧めした『黒蜥蜴』 私はキャスティングよりも、『黒蜥蜴』のポスターに目が留まりました。誰がこのポスターを手掛けたのか・・・SAYURI STUDIO まで調べられました。〇〇林小百合さんだと思いますが確証は出来ません。凄い才能だなーと思いました。さらに、今年の一月に三島先生の小説『命売ります』のテレビドラマ化・・・・2018年の一月から配信(もう終わっていますが) 舞台化された演劇は今月下旬
  『命売ります』がよく売れているとか・・・命の重さが希薄化されている象徴だと思います。
  1. 2018/11/12(月) 11:39:44|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オリンピック

オリンピック

 今日、お風呂から出て、二階の部屋に行くために居間を通り過ぎようとしたら、父が居間でオリンピックのカーリング女子を観ていた。私はオリンピックやサッカーのワールドカップにそれほど熱狂しない。芸術至上主義を掲げた。小説と絵画と絵本にしか興味が無くなってしまった。というより、それをやっているときの幸福感。
 が、居間を通り過ぎることはできなかった。私も日本人だ。カーリングを観戦した。そこで、気付いたのは、選手にはピンマイクがあるのではないかと推測した。競技場は広い。いくらなんでも、競技中の選手のヤップ、だか、ヲウ(よく見ていないので違っていたらすみません)テレビから選手の声が聴こえてくる。お笑い芸人さんも(テレビ業界のことが解らなにので間違っているかもしれませんが)、音声さんか?ADさんが、マイクをつけるところをよく見にする)マイクをつけてもらう。イギリスの選手の声も聴こえてきた。あれは、どうゆうことなのか分からない。選手は平等にピンマイクをつけ、競技するのだろうか?謎だ!
 とにかく、人類に興味がある。『サピエンス全史』は、埃をかぶったままだ。大学に通おうとせず、独学をしようと思っている。文化人類学は芸術じゃないじゃないかとお叱りを受けるかもしれない。ただ、私は文化人類学・社会学は、総合芸術だと思っている。人類はアートなのだ。
 テレビを観ていてカーリング女子の藤沢五月選手は、もとNMB48の須藤凛々花さんに似ていると思ったのは私だけだろうか? 
  1. 2018/02/25(日) 00:33:41|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

センター試験

 昨日、今日、とでセンター試験が行われました。受験生に向かって、無責任に頑張れとは言えません。難関大学に入学するだけが全てじゃないよと言ってあげたいです。受験の悲喜こもごもがあったと思います。っていうかセンター試験は前哨戦なのですね。私立は始まりだしたかな・・・、大学受験は2020年から大改革が行われるとのこと。私立はもうすでに画一的なペーパーテストを改め、思考力、判断力、表現力を試す問題を出題するとのことです。今後ある大学側は、英語の資格試験などである程度の数値を取得したら、英語の受験問題を免除するとのことです。やっと山が動いた。もう、数十年前から受験英語の弊害を主張していました。私たちの世代でスピーキングが出来ないのは、受験英語の責だと思います。あの英語の責で、英文読む気になれません。っていうかイライラします。もう見るのも嫌です。受験英語は私みたいなこういう日本人を作り出してしまいます。いまは鬼籍に入られた、大橋巨泉さんの『こんなものいらない』というテレビ番組で大学受験の英語を取り上げていました。ネイティブで、しかもアメリカで国語を教えている(アメリカの国語教師なので、日本人から見ると英語を教えている)その英語教諭、数十人に日本の大学受験の英語のテストを解かせると、十点も満たさない教諭がほとんどで、よくて二十点代。もうバブルのころから受験英語なんていらないってささやからていたのです。とうとう、山が動いた。英文法の重箱をつつくような文法問題がなくなる。さらに、そんなに偏差値の高い難関大学が頭がいいのいいのなら(わたしおはそうはおもえませんが・・・なぜなら、現行の受験問題では、ある一定の能力があれば努力したら誰でも合格できるから)受験生全員にIQテストを果たし、知能検査の上位五十人はどこの大学でも入れるという受け皿になって頂きたいと思います。知能検査で選出されたら、それは頭がいいと思います。さらに、裁判員裁判制度で、市井の人々がかりださせるいま、大学受験の問題も、市井の人々にも作成していただく大学受験問題作成員制度もどうだろうかと思います。でも、テストで何よりも重視するのは創造性ですかね。企画力とか・・・フジテレビの凋落は、難関大学の学生さんばかり採用しているからでは?と思います。テレビ東京、いいですね!斬新だと思います。それと国立大学の授業料は全額無料にしたほうがいいのにと思います。そして奨学金の充実。ヨーロッパの国々、先進国の中で、日本くらい教育に投資していない国はないんじゃないでしょうか?大学堕ちた。受験英語死ね。っていうより、『生徒諸君』のように部活やって、勉強も頑張って、恋もして、難関国立大学の教育学部に入るのならいいですが、高校生だもん、部活やったり、恋して、付き合っちゃったり、バレンタインデーは手作りチョコを作って乙女したり、で、短大の家政科、入っちゃたりしたほうが、ずっと頭がいいと思います。とにかく、受験生の皆様、お疲れさまでした。難関大学だけが全てじゃないぞ。偏差値だけでなく、自分の尺度を持てと言ってあげたいです。受験は時の運。そして皆が大学受験できるわけではないということも・・・
  1. 2017/01/15(日) 17:33:43|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ