FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

渡辺美優紀という才能

渡辺美優紀という才能

 皆様は渡辺美優紀さんという元NMB48の一員だったアイドルをご存知ですか?おしいことにNMBどころか、芸能界までも卒業してしまったそうです。誰かが、彼女を漫才師として伸ばそうと考えなかったのでしょうか?疑問です。さやみるきーの漫才を見るまでは、所詮はアイドルの女の子の学芸会にすらも立てない漫才・・・と思いっていましたが・・・なんと、山本彩さんの突っ込みもいいですが、渡辺美優紀さんのボケが最高にいいです。前にも言いましたが、部屋のテレビが地デジ難で、年末年始とお笑いの方々の演芸を、居間のテレビでちらっと観ました。どれも面白かったですが二回同じ芸を見せられたら、???と思います。さやみるきーの漫才は、何回見ても面白い・・・というか飽きず、再発見があり、すごいなーと思っています。渡辺さんの、天然を装った、ニコニコ顔に癒されます。すごく頭がいいと思われます。長い台詞も完全に咀嚼し、余裕のようです。とにかく、リラックスしていて、その安定というより、余裕さに惹かれます。まーM-1とかの大舞台になるとどうなるのか分かりませんが、さやみるきーでもう一回漫才をしてくれないかなーなどと思っています。話はいつものように飛びますが、この漫才の、漫ってどういう意味?漫画も、漫だし、さかな辺をつけたら、鰻(うなぎ)、この辺は何かわかりませんが、饅頭の、も・・・話を無理に戻しますが、漫才は、万歳 という、おめでたいものを大正昭和期に上方で舞台にのせたのが、漫才のいわれとか・・・さやみるきーは是非一度クリックしてみてください。さやみるきー 漫才で検索していただければヒットすると思います。

 お笑いつながりでいえば、年末年始は、にゃんこスターの活躍を良く見ました。ネットではアンゴラ村長が叩かれているように私には見えましたが、そんな拒絶反応の原因を考えてみました。大人にならない、こどものまま、そんな彼女に、社会の要請で大人になるしかなかった女性たちは、アンゴラ村長さんに、こどものまで、さらに、モラトリアムが許されている彼女にイラつくのだと思います。
 たまに去年のキングオブコントのにゃんこスターさんの動画を見ますが、飽きないです。新ネタ、新ネタなどと言って作ると一発屋で終わり、リズム縄跳びのネタを十年やっていても、二人はもつんのじゃないかなーと思います。ある意味、革命だったのではなかったのではないでしょうか?オリエンタルラジオさんのネタで(武勇伝)ピーターパンに無理矢理酒のまして大人にするというネタがありました。私はアンゴラ村長をみても何も思いませんが、彼女の大人になりきれない未成熟さが、また許される境遇が、無理矢理大人になるしかなかった大人女子の顰蹙をかうのではないかと思いました。

 
スポンサーサイト



  1. 2018/01/07(日) 06:32:25|
  2. お笑い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さきがけ、乙女塾

『さきがけ、乙女塾』
  
 さきがけ、乙女塾では、入塾の適性判断の為に筆記試験があります。その筆記試験の「乙女のポエム」だけではなく、近年は面接試験も実施しています。

 乙女のポエムは参考程度になり、この面接試験で合否が決まると言っても過言ではありません。

 私も組織の人間ですから公言はしていませんが、「あれは入塾の面接ではなく、オーディションだ。と飲み屋のママには弱音をはいています。

 今日は、その面接試験の採点基準をお教えします。

 入塾の為の面接試験の採点基準が分らないという、おなげきの乙女達の為に塾の面接テストの解答を公開いたします。参考にしてください。

(平成3年度  乙女の倫理)

<問>
 彼の部屋に泊まりに行く時の『お泊りセット』で、乙女のあなたが忘れてはいけないものは何だと考えますかすか?

 解答基準

・優

試験官に、「お泊りセットってどうゆうモノか分らないのですけど。」と試験官に質問する。

・良

想像ですけど、歯ブラシだと思います。と答える。

・不可

「ブラシです。何故なら彼をベッドで待つ間、間が持てないから、ベッドの近くのドレッサーで、ほどいた髪を、とかすんです。男の人って女の人の寝化粧と髪の毛をとかすしぐさが好きみたい。歯ブラシを忘れても、ブラシは忘れるな、が私のモットーです。本当、男の人って子供。」と、答える。

 本日の業務とは関係はありませんが、過去に私が学生の頃、付き添いの親御さんにも同じ質問を したことがありました。
 
 付添いだったお母様は「彼の部屋に持っていくのは・・・・。」と、少し考え込んでいるようでしたが、 意を決したのでしょう。「私が持っていく物は、にしきヘビだと思います。」とお答えになりました。

 女のコは、合格点を取り、○○女子高等学校のテニス部の生徒さんでしたが、2次試験の白のワンピース試験を受けることなく、帰っていかれました。

 2次試験の為に持ってきたであろう、でる単と麦藁帽子を持つ手がくやしそうに震えていたのを、 昨日のように思い出します。夜間、働く女性の為の、シンデレラコースも併設します

 ガラスの靴の忘れ方や、かぼちゃの馬車の乗り方等々、教えますので、是非いかがですか?
 
 気になる授業料は、というと「お気持ち」です。

               
           
             
  1. 2016/05/08(日) 13:18:49|
  2. お笑い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『私のほうがまだいいわー』

  『私のほうがまだいいわー』


 今日は、「私のほうがまだいいわー。」をおくります。
(場所は、とある飲み屋。OL風の女性の二人が愚痴を言い合っているっていうシュチュエーションです。)

A うちの課長さー、いつも会社の飲み会の三次会のカラオケで、『銀座の恋の物語』を私とデュエットしたがって困るのよー!この平成のど真ん中でありえなくない。これって完全にセクハラよね!どう思う?

B 貴女!まだいいわよー。銀恋だっていっても普通のカラオケだもん。うちの主任なんて、カラオケはカラオケでも『能カラオケ』だもん。私が入社して数年たち、ようやく仕事もまあまあ出来るようになった頃、新入社員の歓迎会をするからRというカラオケ屋さんの踊れる部屋を予約しておけ!なんて主任が言うの。

 私はね、それでね、主任がどういう余興をするのかワクワクしていたの。主任って安室ちゃんの唄をばっちり歌えて、ダンスも完璧っていう噂を聴いていたから・・・
 いざ、本番。でも主任は、『能カラオケ』なのよ!能をまじで、私たちに歌わせながら舞うのよ。あなた知らないかもしれないけど、或る理由があって『能』のカラオケが存在するのよ。私もそれ以上、詳しいことは判らないのだけど・・・
 そして、この前なんか『屋島』だったのよ。まー長い、長い。工藤静香メドレーと中森明菜メドレーと小泉今日子メドレーを足したものよりも長いのよ。それで、カラオケボックスを出ても、早朝ジョナサンで義経が、どうのこうのっていううんちくを延々、聴かされて・・・
それで主任も徹夜だから考えてることがトンじゃって、お前は、中臣鎌足以降の藤原氏の
家系図を書けるか!って無理難題。 知らないなら、今度までに覚えておけ!って、まじ、信じられなくないこと言われて・・・、それで私テンパッちゃって、『NO』って答えたの。
A 私のほうがまだいいわーね。でも、最後の「NO」って答えたっていう小ネタ、貴女!イマ、小ネタを作ったでしょう。
B 嘘じゃないわーョ!虚言じゃないわよ。なんで、うそつかなかやならないの。虚言でなくて、今度の主任は狂言

A うめ!うめ!うめ!Bちゃん!うめ!
  1. 2013/06/25(火) 17:27:47|
  2. お笑い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大昔の少女マンガ研究。

みなさん、お元気ですか?総合科学日本文化研究所主任研究員の、HARBOR33です。
今日は、出会いサークル☆トキメキのメンバーとして、少女漫画の研究図書である私の拙著『いかに恋愛をすべきか。』をラジオ講座用に改変したものを紹介します。

その1

 少女マンガにおける、喧嘩のシーンの一考察

 優等生の委員長と、大阪から転校してきた不良少年が(何故か転校生は決まって大阪から来ます)二人が対立するのは当然ですが、学校近くの川原で殴り合いの喧嘩にまで発展してしまいます。殴り合って必ず夕陽が沈むころ、疲れた二人は川原で、ねっころびます。後のセリフは決まっています。
 「おい、お前,いいパンチ,持ってるな。」「お前こそ」です。これは、少女漫画で殴り合いの喧嘩のシーンで必ずあります。さあー皆さん!練習です。やってみましょう。相手をまぶしそうに見るのが、ポイントです。

 その2 

 副委員長が恋に落ちる場面における一考察 

 少女漫画では不良少年と同じくキーパーソンになるのが副委員長です。メガネをかけ地味で生真面目なのが特徴です。クラッシックしか聴いたことがないイマドキ珍しい少女がロックバンドのボーカリストに誘われライブハウスに出来心から行くのが序章です。
 最初に副委員長は「騒音みたい。」だと言い耳をおおうのがお約束です。
 しかし、いつも掃除当番をサボりいい加減なことしかしないクラスメートのボーカリストが、歌う時だけ真剣な顔つきなのに驚くのが中盤です。この時、漫画家のつくったラブソングの歌詞が見開き一面に掲載されますが、その歌詞をキチンと最後まで読むのが作法です。そして詞とともにライブ中の彼に熱くなっている時、恋に落ちます。ラストでボーカルに副委員長はステージに引き上げられ、メガネを外されます。「何者、あの女」などの、やっかみのブーイングなどが、漫画家によってはおきますが、もう完全に二人の世界。
メガネを外された副委員長は、何故か美少女です。その後、この副委員長は決まってこう、言います。
「メガネやめてコンタクトにしたの」

 あれーメガネしてないの?と男性に言われたら使ってみましょう

 今日は、こんなところです。
  1. 2013/06/24(月) 19:57:46|
  2. お笑い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログ紹介で、お笑いネタなども・・・とコールしておきながらの不履行おゆるしくださいませ。
 それでというわけではないのですけれど、この地方のFM放送局さんに送っていたお笑いネタ
を今日はアップします。拙作、ホームページにも数十のお笑いネタがありますが、そこから持ってきました。
自分のHPだし、お笑いだったか?一発ギャグだった?かには判例で著作権がないので、問題はないと思います。

 まずは、連続ラジオ小説『ドキドキ、ハーバーのハイスクールⅠ』から


 オレ、ハーバー。18歳。〇〇〇高校の3年生。今日は憬れていた、彼女と初めてのデート! デート・コースは、何と言っても愛岩山にハイキング。しりとりをしながら山道を登っていく二人。あ、あ、あ、『愛』なんて僕が答えたら、い、い、い、「いつかは、サレジオ教会。」と彼女。い、い、い「いつまでも君と。」なんて僕が言うと、彼女は、と、と、と「俊江と、ハーバー君は、ずっといっしょ」キャッ! 私、言っちゃった!」と彼女。二人とも子供のよう。正午に愛宕山の頂上に着く二人。
 僕は、愛岩山『子供の国』で、伝説の球技であるパンポンをやろうと提案するが、彼女は浮かない顔。
 彼女は、僕のためにお弁当を作ってくれてきたんだと気付く。そして、ライオンの池で彼女の作ってきてくれたお弁当をOPEN。
 赤いウインナーはもちろんタコさんの形。リンゴはウサギさん。から揚げは狐色。生姜焼き肉は絶品。彼女はべっぴん。今までの僕のオカズは『デラ・べっぴん』なんてギャグを言っても上品な彼女はワカンナイ。楽しい時はあっという間に過ぎ、こどもの国の閉園の時間、きらびやかな宝石箱の石がこぼれ落ちたような輝いたイルミネーションのムードに流され、二人は口づけをしてしまう。最後に、愛岩山から二つあるうちのどっちの下山道を使って帰ろうって、僕は彼女に言うかなー?分る?皆さん!明日はトモ君『夏の誤算』です。

          『ドキドキ・ハーバーのハイスクールⅡ』  

彼女との出会いのきっかけは、僕の汚れたハンカチだった。一週間も同じハンカチを使っていた僕は、彼女に「こらっー、ハーバー君!!!そんな汚いハンカチを使っていると、私以外の女子にモテないぞ! いいわ!私が洗ってきてあげる。」とお姉さんのように、叱られたのが、キッカケだった。
 
 それから僕達は急速に仲良くなり、校則で禁止されている『イヤラしりとり』までする仲になった。初めは、「こ、こ、こ、『このー、太った豚野郎。』」なんていう危険ワードに赤面するだけだった彼女も半年もすると一人前に成長していた。う、う、う、『馬と女』なんて平気で、返すようになっていた。

な、な、な、『ナース・コール』なんて僕が返しても、それの何処がイヤらしいの?なんて
詰問し出し僕よりも芸術的なイヤラしりトリストになっていた。

 話は突然飛ぶのだが、最近、巷で流行の『ナックル姫』、時事ネタも得意だった昔の彼女が、イマ、僕の前に存在し、イヤラしりとりをしたら、彼女は間違いなく、な、な、な 『ナックル姫』って答えるだろう。あの頃、上級者でも、なかなか返せない『み』を彼女はたやすく、み、み、み『明朝体で書いた『女』という文字  しかも習字で』と返していたのだ。 その非凡さに僕は驚き、「大人になるまでイヤラしりとりではなく愛のキャチボール・しりとりで我慢して下さい。」と頼んだのだった。

 ねえ、ナナ、あの頃、私がもう少し大人で、強くて、そして周りの人のことを考える余裕があったら・・・

 ナナ 二人の出会いは偶然だったけど、でも、やっはりそれは奇跡だったんだよね。              
 でも、淋しそうに笑うナナの横顔の裏になにがあったのか?それまではわからなかったんだよ。
----------------------------------------------------------------------------------
 

数十年前のネタです。今は、お笑いの事は全然、頭にはないですね。っていうよりネタが浮かびません。
あの頃、なんであんなにお笑いのことばかり考えていたのか?パーソナリティーさんたちが皆、美形だったとか
不純な動機があったのかもしれませんが、とにかくジャンジャンネタが浮かんできました。その濁流のようなイメージの処理の手段がラジオ局以外になかったので、ラジオ局がなかったら狂っているかしていたはずです。確か
聖書に、笑いとは狂気だというフレーズがありました。気をつけましょう。では
  1. 2013/06/22(土) 10:39:18|
  2. お笑い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0