FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

すみません!

すみません!

 高校生の頃の記憶は昨日のことのように思い出せるのに、昨日のことは、有史以前の大昔。
 いつしか始まった記憶の崩壊 過去の記憶は僕の存在理由
 昨日の次は、一昨日? 明後日?、多分、明日!
] パラレルユニバースはお得意のバーチャルリアリティー。
いつシンクロできるの、いつメビウスの輪から
堕ちることはできるの?堕ちられない現実生活の綱渡り。

 一歩、一歩、それはそれは気を付けて。

 いつしか引いたJORCARのカード
 いつしか招いた連鎖のトラブル
 いつから高くなった君とのハードル
 GAME OVERを、待っていたって、
 いつまで、このまま許されれていられるか?分からない。
 一寸先は強制終了。何の審判が下されるか?誰だって分からない。
 過去の記憶が明るければ明るいほど、未來の闇は深くなる。
貴方にとって、一つの季節。そんな時代があったのが良かったのか?悪かったのか、それは、わかりませんね!そう言った人がいた。
 現実と折り合いをつけて!!!そういった人もいた。
 でも、僕は過去も現在も未来も判らないんだ。
 もうなにがなんだか、自分でさへ判らない。
 想い出だけがキラキラ輝いて、現実が、一番、古ぼけたセピア色
 でも、こんなことをいうのは,芯から甘ったれている証拠
 すみません。
  1. 2018/08/17(金) 20:49:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

全ては虚言で虚飾の演者

全ては虚言で虚飾の演者

 どうして?いつからこんなになってしまったの?
 小学生の頃の君は正義感が強くて、私の初恋の人だったのに
 
 寓意の偶然 昔の君の面影もない。
寓意の偶然?それって本当。
 君のシナリオじゃない。

 君が怖いものを私は知っていた!

 重い空気と沈黙と表情を変えない無口の人
 すると、君はものすごく饒舌になる。
 だから私に近づいたんだね。
 
 君は沈黙が自分の責だと思うんだね!
 ねぇ!どうしてほしかったの?
 
 ずっと前に、「孤独は感情に属しているのではなくて、痛点という痛みに隷属しているんだよね!」なんて言ってた君は、本当に寂しかったんだね。
 声にしないSOSまでは解らないよ!言ってくれなきゃわからないよ!
 今になれば、あれはSOSだったって解るけど、今になって思えばだけど・・・
 でも、少しも、否 全然、解らないよ!どうしたらいいかなんて私解らないよ!
 こうなってしまった原因を考えるのは、答えの出ない解を求めるように、それはそれは、凄くセツナイヨ!狂うほど、苦しいよ
 
  1. 2018/01/28(日) 03:56:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ここだな!

ここだな!

 それは、頑張らなければならない時の魔法の言葉。

 ここだな。

 朝起きるとき、まだ寝ていたい弱い心を振り切る魔法の言葉。

 ここだな

 こころ折れそうな時、負けそうな時、挫けそうになった時の魔法の言葉

 ここだな

 なにかを止めたくなた時、我慢しなければいけない時に頑張れる魔法の言葉

 ここだな。

 明日の朝、唱えてみようと思っている魔法の言葉

 ここだな。

 負けそうな時、挫けしうな時、今度こそは唱えてみたい。

 中学生の頃から、その言葉を忘れてた。

 唱える限り、人生の迷子にはならない。

 明日とは言わず、今から唱えてみよう。ここだな。

 それはそれは、不思議で力のある魔法の言葉
  1. 2017/11/26(日) 20:58:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

劇場(じんせい)

劇場(じんせい)


 そう、ここは人々の『心』という名の牢獄

 自分で鍵を持っているのに勇気をだして、誰も出ていかない

 牢獄という劇場で(じんせい)で、誰かの書いた贋物の(にせもの)の
台詞で演じ続けなければいけない虚構の人生

 仮面舞踏会で、大人達は初めて素面に戻れる。

 虚構と演技が交錯する小さな劇場(じんせい)

 誰も気に留めない小さな劇場
  1. 2017/03/19(日) 18:18:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

背負うもの

背負うもの

 友人は結婚して、嫁さん一人背負っている

 友人は二人の子供を背負っている

 独り身でいいね!と言われるが、

俺は俺自身を背負っている。
  1. 2017/01/04(水) 14:26:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ