FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

長い間

長い間

 長い間、留守にしてすみませんでした。今日から復活します。
 お盆さん前に大掃除をしたら二十数年前に書いた詩が、
自分の部屋から出てきました。

 それを見てください。

 卒業写真、或いは俯く私

1俯(うつむ)いたままの卒業写真
 あなたの周りにはいつも明るくてkawaii女の子たちがいた。
 グループに入れなくて淋しかった三年間
 一人ぼっちの私は
 告白さへできないまま
 こんな、私、可愛くないよね
 
2 暗号で描いた卒業ノート
  他の子に貴方への想いを知られたくないから
  暗号を組み合わせて綴った卒業ノート
  シャイで無口私は、
  告白さへも暗号のまま
  こんな私、可愛くないよね

3 えんぴつ通りの電話ボックス
  出発(たびたつ)あなたに想いを伝えたくて
  入ってからに時間が経過(たった)一人の小箱
  勇気のない私は
   最後の電話番号が押せないまま
   こんな、私、迷惑だよね。

------------------------------------------------
ネガティブすぎる。が、恋だ、愛だ、元気だ、、明るく、たまに懐古的な
音楽が席巻している今、超ネガティブで暗い詩に音楽つけてみますか!
作曲は今のところ出来ないから、誰かに頼んでみて・・・?
 とりあえず20の詩を書かねばならないな・・・『水虫の女』 
『やっぱり、好きになったら迷惑ですか』、『恋人失格』、『お葬式で笑ってしまう』、『恥知らず、親知らず、世間知らず』、『大人になれない』、『私、本当に生きているんですか?』、『私、本当に生きていていいんですか?』『虫けらのような私』、『誰か私を殺してくれませんか』
・・・もう、本当に暗い詩。聴いた人が、まーこれだったら、私、そこまでじゃないと勇気が持てる。ような楽曲
 
 吉田美和なんかに負けないぞ・・・


作詞 虫けら
作曲 塵芥

スポンサーサイト



  1. 2019/08/17(土) 13:13:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

雪だるま

 今日は 絵ポエム集から、雪だるまのポエムを発表させてください。この間、私の住む街にも雪が降りましたが積もりませんでした。小学生の頃、なぜ、雪が降ると、あんなにテンションが上があがったのでしょう???昔はのどかで、今日は、雪が降ったからHRは、雪合戦にしましょうという先生も粋な計らい。児童は、校庭にまっしぐら・・・古き良き昭和の小学校です。



雪だるま

 空の『おひさま』に、お願いがあるんだ!

 運動会や遠足の日には笑っていて欲しいけど

雪だるまをつくった時だけは隠れていて!

 雪だるまが死んじゃったら可哀相 
 雪だるまが死んじゃったら可哀相

 晴れの日が何日も続いたから、僕のつくった

だるまさんが死んじゃったよ。

 僕は校庭に立ちつくし 悲しくて うんと泣いた。

 女の子が近づいてきて『変な子』って僕に向かって

言ったんだ。

 僕は悲しくて うんと泣いた。

 好きな女の子だったから・・・・・・・


 絵ポエム集、まだ日の目を見ません。
  1. 2019/02/03(日) 00:26:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

記憶の冷感症

    記憶の冷感症 Ⅰ

 それは自分が何も無いまま世間を生きてきた男のエレジー
 過去・現在・未来という時間のループを喪った男のヒストリー
 グニャグニャに歪みたわんだんだ時系列を生きる男のミゼリー
 明日、還暦を迎え、昨日、他界してしまった男の邪なストーリー
 
 記憶の冷感症。僕が彼に下した診断。カレはピクリと反応した
 グニャグニャになったこの時代に生きてきたカレの精一杯の
プロスティーテュート 
 皮肉にもそれ以上は何も感じない。自分の気持にすら嘘をつく

 いつか皆、死ぬ。或いは肉体はいつか滅びるということを学習
しなかったようだ。
 カレは彼がない。生きる意思も、目標も課題も。感動も・・・
カレは彼を着ている。そんな感じだ。
 建物から出て、雑踏に消えていった。
カレを救えるのは宗教でもなく・医療でもなく、愛でもな
い。
 どこにあるかわからないゴールまで走り続けなければならない
男の地獄図
 死ぬまで、毎日続く命がけの綱渡り。カレは救いすら求めな
い。カレは何もない。記憶が唯一の証なのに、記憶の冷感症。
 記憶の断片の集積までカレにはない。
  1. 2019/01/20(日) 00:26:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

詩のようなものを吐き捨てた流浪の旅人

詩のようなものを吐き捨てた流浪の旅人


  今日が今日だって誰が断言できる?

 明日とて、明後日の昨日でしかない。

 明日が昨日だって???

 まやかしごまかし、ホトトギス

 また、君はおかしくなったのかい?

 今日は今日だよ。明日は明日。

 太陽は東から登り西に沈む。

 瞬時の永遠の循環。

 昨日も明日も、時の循環の中に溶けているんだ!

 溶けているのはベーコンだけじゃない。

 時間を測る物差の尺度も溶グダグダに溶けているんだ。

 簡単に言えば、こうなんだ。

 今しかないんだ!!!

 それだから、未来は変えられるんだ。

 
  1. 2018/11/24(土) 14:47:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

すみません!

すみません!

 高校生の頃の記憶は昨日のことのように思い出せるのに、昨日のことは、有史以前の大昔。
 いつしか始まった記憶の崩壊 過去の記憶は僕の存在理由
 昨日の次は、一昨日? 明後日?、多分、明日!
] パラレルユニバースはお得意のバーチャルリアリティー。
いつシンクロできるの、いつメビウスの輪から
堕ちることはできるの?堕ちられない現実生活の綱渡り。

 一歩、一歩、それはそれは気を付けて。

 いつしか引いたJORCARのカード
 いつしか招いた連鎖のトラブル
 いつから高くなった君とのハードル
 GAME OVERを、待っていたって、
 いつまで、このまま許されれていられるか?分からない。
 一寸先は強制終了。何の審判が下されるか?誰だって分からない。
 過去の記憶が明るければ明るいほど、未來の闇は深くなる。
貴方にとって、一つの季節。そんな時代があったのが良かったのか?悪かったのか、それは、わかりませんね!そう言った人がいた。
 現実と折り合いをつけて!!!そういった人もいた。
 でも、僕は過去も現在も未来も判らないんだ。
 もうなにがなんだか、自分でさへ判らない。
 想い出だけがキラキラ輝いて、現実が、一番、古ぼけたセピア色
 でも、こんなことをいうのは,芯から甘ったれている証拠
 すみません。
  1. 2018/08/17(金) 20:49:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ