FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

雪だるま

 今日は 絵ポエム集から、雪だるまのポエムを発表させてください。この間、私の住む街にも雪が降りましたが積もりませんでした。小学生の頃、なぜ、雪が降ると、あんなにテンションが上があがったのでしょう???昔はのどかで、今日は、雪が降ったからHRは、雪合戦にしましょうという先生も粋な計らい。児童は、校庭にまっしぐら・・・古き良き昭和の小学校です。



雪だるま

 空の『おひさま』に、お願いがあるんだ!

 運動会や遠足の日には笑っていて欲しいけど

雪だるまをつくった時だけは隠れていて!

 雪だるまが死んじゃったら可哀相 
 雪だるまが死んじゃったら可哀相

 晴れの日が何日も続いたから、僕のつくった

だるまさんが死んじゃったよ。

 僕は校庭に立ちつくし 悲しくて うんと泣いた。

 女の子が近づいてきて『変な子』って僕に向かって

言ったんだ。

 僕は悲しくて うんと泣いた。

 好きな女の子だったから・・・・・・・


 絵ポエム集、まだ日の目を見ません。
スポンサーサイト
  1. 2019/02/03(日) 00:26:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

記憶の冷感症

    記憶の冷感症 Ⅰ

 それは自分が何も無いまま世間を生きてきた男のエレジー
 過去・現在・未来という時間のループを喪った男のヒストリー
 グニャグニャに歪みたわんだんだ時系列を生きる男のミゼリー
 明日、還暦を迎え、昨日、他界してしまった男の邪なストーリー
 
 記憶の冷感症。僕が彼に下した診断。カレはピクリと反応した
 グニャグニャになったこの時代に生きてきたカレの精一杯の
プロスティーテュート 
 皮肉にもそれ以上は何も感じない。自分の気持にすら嘘をつく

 いつか皆、死ぬ。或いは肉体はいつか滅びるということを学習
しなかったようだ。
 カレは彼がない。生きる意思も、目標も課題も。感動も・・・
カレは彼を着ている。そんな感じだ。
 建物から出て、雑踏に消えていった。
カレを救えるのは宗教でもなく・医療でもなく、愛でもな
い。
 どこにあるかわからないゴールまで走り続けなければならない
男の地獄図
 死ぬまで、毎日続く命がけの綱渡り。カレは救いすら求めな
い。カレは何もない。記憶が唯一の証なのに、記憶の冷感症。
 記憶の断片の集積までカレにはない。
  1. 2019/01/20(日) 00:26:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

詩のようなものを吐き捨てた流浪の旅人

詩のようなものを吐き捨てた流浪の旅人


  今日が今日だって誰が断言できる?

 明日とて、明後日の昨日でしかない。

 明日が昨日だって???

 まやかしごまかし、ホトトギス

 また、君はおかしくなったのかい?

 今日は今日だよ。明日は明日。

 太陽は東から登り西に沈む。

 瞬時の永遠の循環。

 昨日も明日も、時の循環の中に溶けているんだ!

 溶けているのはベーコンだけじゃない。

 時間を測る物差の尺度も溶グダグダに溶けているんだ。

 簡単に言えば、こうなんだ。

 今しかないんだ!!!

 それだから、未来は変えられるんだ。

 
  1. 2018/11/24(土) 14:47:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

すみません!

すみません!

 高校生の頃の記憶は昨日のことのように思い出せるのに、昨日のことは、有史以前の大昔。
 いつしか始まった記憶の崩壊 過去の記憶は僕の存在理由
 昨日の次は、一昨日? 明後日?、多分、明日!
] パラレルユニバースはお得意のバーチャルリアリティー。
いつシンクロできるの、いつメビウスの輪から
堕ちることはできるの?堕ちられない現実生活の綱渡り。

 一歩、一歩、それはそれは気を付けて。

 いつしか引いたJORCARのカード
 いつしか招いた連鎖のトラブル
 いつから高くなった君とのハードル
 GAME OVERを、待っていたって、
 いつまで、このまま許されれていられるか?分からない。
 一寸先は強制終了。何の審判が下されるか?誰だって分からない。
 過去の記憶が明るければ明るいほど、未來の闇は深くなる。
貴方にとって、一つの季節。そんな時代があったのが良かったのか?悪かったのか、それは、わかりませんね!そう言った人がいた。
 現実と折り合いをつけて!!!そういった人もいた。
 でも、僕は過去も現在も未来も判らないんだ。
 もうなにがなんだか、自分でさへ判らない。
 想い出だけがキラキラ輝いて、現実が、一番、古ぼけたセピア色
 でも、こんなことをいうのは,芯から甘ったれている証拠
 すみません。
  1. 2018/08/17(金) 20:49:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

全ては虚言で虚飾の演者

全ては虚言で虚飾の演者

 どうして?いつからこんなになってしまったの?
 小学生の頃の君は正義感が強くて、私の初恋の人だったのに
 
 寓意の偶然 昔の君の面影もない。
寓意の偶然?それって本当。
 君のシナリオじゃない。

 君が怖いものを私は知っていた!

 重い空気と沈黙と表情を変えない無口の人
 すると、君はものすごく饒舌になる。
 だから私に近づいたんだね。
 
 君は沈黙が自分の責だと思うんだね!
 ねぇ!どうしてほしかったの?
 
 ずっと前に、「孤独は感情に属しているのではなくて、痛点という痛みに隷属しているんだよね!」なんて言ってた君は、本当に寂しかったんだね。
 声にしないSOSまでは解らないよ!言ってくれなきゃわからないよ!
 今になれば、あれはSOSだったって解るけど、今になって思えばだけど・・・
 でも、少しも、否 全然、解らないよ!どうしたらいいかなんて私解らないよ!
 こうなってしまった原因を考えるのは、答えの出ない解を求めるように、それはそれは、凄くセツナイヨ!狂うほど、苦しいよ
 
  1. 2018/01/28(日) 03:56:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ