FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

作曲とか

作曲とか

 今日、サザエさんのエンディングを何気なく観ていた。そしたら、作曲 筒美京平氏のクレジットがあった。
 
 オープニングの『サザエさん』も、作曲は、筒美京平氏であった。

 最近、私は作曲に興味がある。
 
 近所の商店街の責だ。毒にも害にもならないBGMが流れている。あのBGMが流れるということは

あの曲を作曲している人がいるのだろう。すごく気になるのだ。印税はどれくらいもらえるのか?とか、

昭和の筒美京平氏、平成の小室哲哉氏を、どう観て、どう感じていたか?とか、そもそも何故、だれも気にも留め

ないBGMの作曲家になったかとか・・・
 
 そのBGMは、おしゃべりな、おばちゃんの会話の邪魔にはならず、また八百屋さんの

威勢の良い売り声にも邪魔にならず、ただ流れている。こんな職人気質の気合、仕事の流儀に脱帽であった。

 昔のJ-POPを調べてみた。

中山美穂『C』の作曲は筒美京平氏、作詞は、松本隆氏。私が中学生の頃だったか?なんかHな歌詞としか思ってい

なかったが、最近『c』の歌詞を観て唸ってしまった。ものすごく文学的なのであった。松本隆氏、おそるべし。
 
 松本隆氏と筒美京平氏がタッグを組めば、当時は最強だったのだろうなーと思う。

 私は、作詞・作曲 音楽にまったく興味がなかったんだけど、最近、ビリビリ感じるんだよね。おいでって・・
スポンサーサイト



  1. 2013/06/30(日) 20:18:55|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

舌が痛い人は何科で診てもらえばいいのかⅡ

 舌が痛い人は何科で診てもらえればいいのかⅡ

 

 昨日、早速、近所の総合病院に電話しました。会話中、冷たいトーンを感じました。

 「歯科か口腔外科ではないでしょうか?」との答え。

 それでは「貴院に、歯科か口腔外科はありますか?」との私の問いに、「ありません。」とのこと。

なぜか、そのクールさに、私は、多部未華子ちゃんをイメージしてしまいました。

 3月からはじめた、歯科の予約がすぐあるから、そこで歯科医の先生に診てもらおうと

思っています。多分、飴をバリバリかじって、その破片で舌を傷つけたんだろうと思いますが・・・・

 人間の体ってすごいよなーとつくづく思いました。
  1. 2013/06/29(土) 18:04:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

舌が痛い人は何科で診てもらえばよいの?

 舌が痛い人は何科で診てもらえばよいの

 舌がこのところ痛いです。歯を磨く時、歯磨き粉が舌に触ると痛くなります。最初は歯磨き粉を変えた席
かもと思っていまいした。今日、かき氷を食べ、やはり舌が痛い。これは病院にいかねばと思いました。
けれど、なに科に行けばいいのか分かりませんでした。歯が痛ければ歯科だし、耳や鼻などだったら
耳鼻咽喉科だし、けれど舌はどこにいけばいいのか・・・あるかたが総合病院の受付に電話すれば
と教えてくれました。でもなに科にいくことになるんだろう?私の舌の痛みはキャンディーの責だと
思っています。二週間前から、あれほど好きだったタバコをやめました。そしてガム・キャンディー
の毎日に。とくにのど飴が良いです。しかし最後のほうでバリバリッと噛んでしまうために、その破片で
舌を傷つけたか・・・人間の体って不思議だなーとつくづく思います。日進月歩の医学でも、血液でさへ、人口で造り出されないのですから。とにかく舌が痛いです。
  1. 2013/06/27(木) 22:23:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

『私のほうがまだいいわー』

  『私のほうがまだいいわー』


 今日は、「私のほうがまだいいわー。」をおくります。
(場所は、とある飲み屋。OL風の女性の二人が愚痴を言い合っているっていうシュチュエーションです。)

A うちの課長さー、いつも会社の飲み会の三次会のカラオケで、『銀座の恋の物語』を私とデュエットしたがって困るのよー!この平成のど真ん中でありえなくない。これって完全にセクハラよね!どう思う?

B 貴女!まだいいわよー。銀恋だっていっても普通のカラオケだもん。うちの主任なんて、カラオケはカラオケでも『能カラオケ』だもん。私が入社して数年たち、ようやく仕事もまあまあ出来るようになった頃、新入社員の歓迎会をするからRというカラオケ屋さんの踊れる部屋を予約しておけ!なんて主任が言うの。

 私はね、それでね、主任がどういう余興をするのかワクワクしていたの。主任って安室ちゃんの唄をばっちり歌えて、ダンスも完璧っていう噂を聴いていたから・・・
 いざ、本番。でも主任は、『能カラオケ』なのよ!能をまじで、私たちに歌わせながら舞うのよ。あなた知らないかもしれないけど、或る理由があって『能』のカラオケが存在するのよ。私もそれ以上、詳しいことは判らないのだけど・・・
 そして、この前なんか『屋島』だったのよ。まー長い、長い。工藤静香メドレーと中森明菜メドレーと小泉今日子メドレーを足したものよりも長いのよ。それで、カラオケボックスを出ても、早朝ジョナサンで義経が、どうのこうのっていううんちくを延々、聴かされて・・・
それで主任も徹夜だから考えてることがトンじゃって、お前は、中臣鎌足以降の藤原氏の
家系図を書けるか!って無理難題。 知らないなら、今度までに覚えておけ!って、まじ、信じられなくないこと言われて・・・、それで私テンパッちゃって、『NO』って答えたの。
A 私のほうがまだいいわーね。でも、最後の「NO」って答えたっていう小ネタ、貴女!イマ、小ネタを作ったでしょう。
B 嘘じゃないわーョ!虚言じゃないわよ。なんで、うそつかなかやならないの。虚言でなくて、今度の主任は狂言

A うめ!うめ!うめ!Bちゃん!うめ!
  1. 2013/06/25(火) 17:27:47|
  2. お笑い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大昔の少女マンガ研究。

みなさん、お元気ですか?総合科学日本文化研究所主任研究員の、HARBOR33です。
今日は、出会いサークル☆トキメキのメンバーとして、少女漫画の研究図書である私の拙著『いかに恋愛をすべきか。』をラジオ講座用に改変したものを紹介します。

その1

 少女マンガにおける、喧嘩のシーンの一考察

 優等生の委員長と、大阪から転校してきた不良少年が(何故か転校生は決まって大阪から来ます)二人が対立するのは当然ですが、学校近くの川原で殴り合いの喧嘩にまで発展してしまいます。殴り合って必ず夕陽が沈むころ、疲れた二人は川原で、ねっころびます。後のセリフは決まっています。
 「おい、お前,いいパンチ,持ってるな。」「お前こそ」です。これは、少女漫画で殴り合いの喧嘩のシーンで必ずあります。さあー皆さん!練習です。やってみましょう。相手をまぶしそうに見るのが、ポイントです。

 その2 

 副委員長が恋に落ちる場面における一考察 

 少女漫画では不良少年と同じくキーパーソンになるのが副委員長です。メガネをかけ地味で生真面目なのが特徴です。クラッシックしか聴いたことがないイマドキ珍しい少女がロックバンドのボーカリストに誘われライブハウスに出来心から行くのが序章です。
 最初に副委員長は「騒音みたい。」だと言い耳をおおうのがお約束です。
 しかし、いつも掃除当番をサボりいい加減なことしかしないクラスメートのボーカリストが、歌う時だけ真剣な顔つきなのに驚くのが中盤です。この時、漫画家のつくったラブソングの歌詞が見開き一面に掲載されますが、その歌詞をキチンと最後まで読むのが作法です。そして詞とともにライブ中の彼に熱くなっている時、恋に落ちます。ラストでボーカルに副委員長はステージに引き上げられ、メガネを外されます。「何者、あの女」などの、やっかみのブーイングなどが、漫画家によってはおきますが、もう完全に二人の世界。
メガネを外された副委員長は、何故か美少女です。その後、この副委員長は決まってこう、言います。
「メガネやめてコンタクトにしたの」

 あれーメガネしてないの?と男性に言われたら使ってみましょう

 今日は、こんなところです。
  1. 2013/06/24(月) 19:57:46|
  2. お笑い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログ紹介で、お笑いネタなども・・・とコールしておきながらの不履行おゆるしくださいませ。
 それでというわけではないのですけれど、この地方のFM放送局さんに送っていたお笑いネタ
を今日はアップします。拙作、ホームページにも数十のお笑いネタがありますが、そこから持ってきました。
自分のHPだし、お笑いだったか?一発ギャグだった?かには判例で著作権がないので、問題はないと思います。

 まずは、連続ラジオ小説『ドキドキ、ハーバーのハイスクールⅠ』から


 オレ、ハーバー。18歳。〇〇〇高校の3年生。今日は憬れていた、彼女と初めてのデート! デート・コースは、何と言っても愛岩山にハイキング。しりとりをしながら山道を登っていく二人。あ、あ、あ、『愛』なんて僕が答えたら、い、い、い、「いつかは、サレジオ教会。」と彼女。い、い、い「いつまでも君と。」なんて僕が言うと、彼女は、と、と、と「俊江と、ハーバー君は、ずっといっしょ」キャッ! 私、言っちゃった!」と彼女。二人とも子供のよう。正午に愛宕山の頂上に着く二人。
 僕は、愛岩山『子供の国』で、伝説の球技であるパンポンをやろうと提案するが、彼女は浮かない顔。
 彼女は、僕のためにお弁当を作ってくれてきたんだと気付く。そして、ライオンの池で彼女の作ってきてくれたお弁当をOPEN。
 赤いウインナーはもちろんタコさんの形。リンゴはウサギさん。から揚げは狐色。生姜焼き肉は絶品。彼女はべっぴん。今までの僕のオカズは『デラ・べっぴん』なんてギャグを言っても上品な彼女はワカンナイ。楽しい時はあっという間に過ぎ、こどもの国の閉園の時間、きらびやかな宝石箱の石がこぼれ落ちたような輝いたイルミネーションのムードに流され、二人は口づけをしてしまう。最後に、愛岩山から二つあるうちのどっちの下山道を使って帰ろうって、僕は彼女に言うかなー?分る?皆さん!明日はトモ君『夏の誤算』です。

          『ドキドキ・ハーバーのハイスクールⅡ』  

彼女との出会いのきっかけは、僕の汚れたハンカチだった。一週間も同じハンカチを使っていた僕は、彼女に「こらっー、ハーバー君!!!そんな汚いハンカチを使っていると、私以外の女子にモテないぞ! いいわ!私が洗ってきてあげる。」とお姉さんのように、叱られたのが、キッカケだった。
 
 それから僕達は急速に仲良くなり、校則で禁止されている『イヤラしりとり』までする仲になった。初めは、「こ、こ、こ、『このー、太った豚野郎。』」なんていう危険ワードに赤面するだけだった彼女も半年もすると一人前に成長していた。う、う、う、『馬と女』なんて平気で、返すようになっていた。

な、な、な、『ナース・コール』なんて僕が返しても、それの何処がイヤらしいの?なんて
詰問し出し僕よりも芸術的なイヤラしりトリストになっていた。

 話は突然飛ぶのだが、最近、巷で流行の『ナックル姫』、時事ネタも得意だった昔の彼女が、イマ、僕の前に存在し、イヤラしりとりをしたら、彼女は間違いなく、な、な、な 『ナックル姫』って答えるだろう。あの頃、上級者でも、なかなか返せない『み』を彼女はたやすく、み、み、み『明朝体で書いた『女』という文字  しかも習字で』と返していたのだ。 その非凡さに僕は驚き、「大人になるまでイヤラしりとりではなく愛のキャチボール・しりとりで我慢して下さい。」と頼んだのだった。

 ねえ、ナナ、あの頃、私がもう少し大人で、強くて、そして周りの人のことを考える余裕があったら・・・

 ナナ 二人の出会いは偶然だったけど、でも、やっはりそれは奇跡だったんだよね。              
 でも、淋しそうに笑うナナの横顔の裏になにがあったのか?それまではわからなかったんだよ。
----------------------------------------------------------------------------------
 

数十年前のネタです。今は、お笑いの事は全然、頭にはないですね。っていうよりネタが浮かびません。
あの頃、なんであんなにお笑いのことばかり考えていたのか?パーソナリティーさんたちが皆、美形だったとか
不純な動機があったのかもしれませんが、とにかくジャンジャンネタが浮かんできました。その濁流のようなイメージの処理の手段がラジオ局以外になかったので、ラジオ局がなかったら狂っているかしていたはずです。確か
聖書に、笑いとは狂気だというフレーズがありました。気をつけましょう。では
  1. 2013/06/22(土) 10:39:18|
  2. お笑い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』の感想

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』村上春樹著

 すでに機を逸した感がありましたが、一昨日、村上春樹氏の最新刊を入手できました。さっそく読み進めてみました。遅い、あまりに遅い、こんなことが起こっていいのか・・・私は情けなく思いました。遅いと形容しましたが、小説が云々ということではなく、私の読書力があまりに遅いので、イラットしたのです。小説は流石、村上春樹氏だと思いましたが、私の読書能力のあまりの低下に驚きを禁じえませんでした。決して老眼の責でもなかったのです。遠近両用メガネを買いましたが、三島由紀夫著『盗賊』を読んでいないのがその証拠です。

 大学二年生の七月から、翌年の一月にかけて、多崎つくるはほとんど死ぬことだけを考えていきてきた。

で物語は始まります。

 私にも同じ経験があるのです。大学一年の4月から大学一年生の夏休みが終わるまで、死ぬことに囚われていました。
 アパートに遊びに来た高校時代の友人が私の部屋に散乱している自殺に関する本に驚いてはいましたが・・・
 それを救ったのは、一冊の男性雑誌の読者の人生相談にのっていた話でした。解答者は「本を百冊読んでから
死ね」とにべもなく解答していました。そうか、百冊かー今まで『走れメロス』しか読んだことはなかったぞ

 その年、筑摩書房から文庫版の『太宰治集』が刊行されていました。ジャンジャン、読み進め、『トカトントン』で震撼しました。それからは狂ったように本を読みました。救済としての文学。一日三冊のノルマ。
 大学生活は無味乾燥としたものだったけど、高校の仲間達も、ほとんどが東京の大学に入学をしていたので
よく、誘ってくれました。あの時期、高校の頃の仲間がいなかったら・・・薄ら寒さを感じます。


 が、この小説では男3、女2の同じ高校の仲間がいて、高校生活をなんの問題もなく楽しく過ごし、多崎つくるだけが東京の大学に入り、ほかの仲間は名古屋に残ります。それが原因ではないのですが、ある日、仲間から
もう顔を観たくないし、合いたくもない・・・と仲間から一方的に排除されてしまうのです。それで冒頭部分がよみがえってくるのです。ネタばれになってしまうので、なぜ、多崎つくるだけが、色彩を持たないのか、それは秘密にしておきましょう。

 すごいなー村上春樹氏。今回は楽しみに待つということはありませんでした。1Q84が怖かったから。『色彩を持たない、多崎つくると、彼の巡礼の年』正直、私は期待していませんでした。色彩を持たない多崎つくる・・・もう昔の事件になるのかもしれませんが、犯行声明文の、透明な存在としての僕。その透明な存在としての僕、みたいな離人症ぽっい男の子の物語かなーと邪推してしまいました。が、違った。一筋縄ではいかないのが先生なのです。

 是非、お薦めします。読書能力全盛期の私だったら、日曜日の昼下がりから読んで夕方になる前に読了していたでしょうけど・・・まー急行には急行の、鈍行には鈍行の良さもあるでしょう。
  1. 2013/06/21(金) 21:50:46|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダウンしていました。

 ダウンしていました。
 
 梅雨の季節ですが皆様はいかがお過ごしですか?私は六月初旬あたりから、肉体的にも精神的にも疲れ

ダウンしていました。当然、絵筆をとって絵を描く気にもなれず、ただ月日だけが過ぎていきました。
 
ここに来て、ようやく、持ち直し、いざ、絵筆をとろうと思えるようになりました。以前、下絵が

一枚は描けたことをご報告しましたが・・・やり直し。俺流、曼荼羅を描こうと思っていました。

もしかしたら、その企みをいだいた私にバチがあたったのかもしれません。あとは、二枚目が出来たら、下絵を描

きなおそうと思っています。今描こうと持っっている絵は、もうすでに構図も色も決まっているし、すごく簡単。 
 
 下絵を描いていたころは、なんて面白くない作業だと思っていましたが、昨日、色を少し入れてみたら、

面白い。ただ、難点は人物デッサンが出来ていない。
 
 アダムとイヴを描たのですが、てんでなっていないのが自分自身でも分かります。私は正規の美術教育を

受けていません。でも、ジャンジャン描くべきものが天から降ってきて・・・10年間続きました。
 
 芸術の女神様が去った後は、自分でやれということだと前向きに解釈してなんとかやっています。
 
 でも、その十年を、コツコツ基礎から努力して、さー10年の真価を問うとした人が結局勝つのでしょうね。
 
 ピカソだって美術学校に通っているし王立美術アカデミーにも入っている。ムンクでも画学校に入っているので

すから・・マー画塾に通わなくても、本でもデッサンを自宅学習できるし・・・

 それよりも小説のほうを何とかしたいと思っています。絵のコンクールの〆切は7月下旬。それが終わればやっと

小説に本腰を入れて取り組める。そのためにも、納得のいく絵を仕上げたいと思います。では
  1. 2013/06/12(水) 14:44:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2