FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

ALWAYS 三丁目の夕日‘64

ALWAYS 三丁目の夕日‘64を観ました。

 すごく、心温まる良い映画だったと思いました。高度経済成長期、東京五輪を控え、日本中が活気付いていたころ
が舞台です。1964年ということなので、私は産まれていません。でも、どこか懐かしい昭和のお話しと感じました。
 私は、日本の国民総生産 GNPが世界第二位になったとき産まれました。戦争や、食糧難、まずしさを知らないので
諸先輩を差し置いて、昭和が良かったなど大きな声で言えませんが、やはり、昭和が懐かしかったです。
 
 以前、小学生のころ、プラネタリウムの外のボードに描かれていた星座標を、一週間、通いづめしてノートに書き写していたら、その階の売店のおばちゃんが、いつも、熱心に書き込んでいた私をみていたのか?プラネタリウムの解説者の先生に引き合わせてくれて、先生はボードにあった春夏秋冬の星座標のA4の紙に縮小されたものをくださりました。その感激。そのお話は前にもしました。
 近所の広場も、子供が隠れるような石や、岩がやたらとあって、仮面ライダーごっことかやったなーと思いました。
 初秋になれば、赤とんぼの群れが飛来していて・・・いまじゃー、区画整理されて、駐車場だもん。
 
 都会の子供の全部が全部ではありませんが、今は学校から帰ってきても、友達と遊ばず、学習塾だろうと思います。

 今の時代に不足しているもの・・・この映画を観て思ったのですが・・・寛容のこころが不足していると思いました。
 そんなの許してやればいいじゃん・・・ということをニュースで見る度に思います。寛容の心。
 数年後には、この山紫水明な美しき日本も、アメリカのような訴訟国家になってしまうのでしょうか???

 薬師丸ひろ子さんの母親役は、もう定着しましたね。良妻賢母。最近、映画鑑賞が、私の新しい趣味になりそうなのですが 他の作品でも良く見ます。堤真一さんも・・・

 ストーリに、そんな大どんでん返しでなく、誤解が生まれ、しかしそれは、誤解と分かる。日常の誤解・・・
 みんな根は良い人です。だから、登場人物たちも、許し、許されるのかもしれませんが・・・寛容な心。日本人はどこに置き忘れてしまったのでしょうか・・・
スポンサーサイト



  1. 2014/06/24(火) 06:55:20|
  2. 映画の感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『R100』を観ました。

 R100を観ました。

 松本人志監督の『R100』を借りてきて、鑑賞しました。えー、何故???こういう映画を撮ったのか意味不明でした。
 或る意味、挑戦状を叩きつけtのかもしれません。馬鹿にはわからない・・・無論、R100が、100歳以上に観る資格があると、そのことえの批判の声を封鎖するために、物語の中心部分から外れた、若い男女が(助監督か?ADさんかは不明)
 釈明しています。

 昨日、なにも思ったか、私は、ダウンタウンさんの、『ごっつええ感じ』の料理の先生のコントを観たいと思い、インターネットで・・・分かりました。凄く便利になりました。
 四万十川料理学園 講師 キャシィ塚本  でした。当時のコントを観ました。正常と異常のハザマ、ギリギリの所で笑いをつくり、(数ある作家さんか、松本氏が作ったのかはわかりませんが)演じる松本人志氏の狂気を感じました。
 まさに天才とバカは紙一重

 その氏の脚本、監督が何故・・・という感じでした。不条理コントのあれだけの才能がありながら、映画だと・・・
 尺が違うからかなー?芥川龍之介氏が、短・中偏であれだけの珠玉の小説を作り上げましたが、長編が書けなかったように、松本人志氏も、コントでは、もうそれは才能とかでなく、こわい恐怖までの笑いの才能を感じさせるのに、映画では・・・
 次に期待しています。酷評した批評家や、批判した人々を、あっと驚かす映画を撮っていただきたいと思います。 
  1. 2014/06/16(月) 21:37:21|
  2. 映画の感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タバコを吸わなくなりました。

 タバコを吸わなくなりました

 このお題を閲覧されても「ハァー?」と思われる方もいられましょう。私はヘビースモーカーでした。一日二箱、調子がいい日は3箱くらいを、ここ十年続けていました。芸術のミューズ様は、もう、なかなか降りてきてくれませんが、健康の女神様が「もうタバコは止めなさい。ということなので、止めてしまいました。禁煙。そう力むから良からぬ結果におわるのかもしれません。
 こういう時を、英語では現在完了形で使うのかもしれません。タバコを止めたのではなく、吸わない状態が続いている・・・と。禁煙としゃちほこばらず、気楽に、やめれないかもしれない、でも、あんまりすわないでいよう、もう、すこしだな・・・
 禁煙と頑丈な建物を建てようとするから、よからぬほうこうにいくかもしれません。
 高層ビルも地震などの揺れに、いっしょに揺れるようにするみたいですね。詳しくは分かりませんが・・・
 タバコの誘惑VS強い意思・・・でやるからいけないのだと思います。ゆるく、とにかくゆるく・・・で一週間が過ぎました。
 もう、積極的に吸おうとは思わなくなりました。これで村上春樹氏の『女のいない男たち』が読めます。というのも、この片田舎から東京に行こうと思うと往復で4時間弱かかります。電車内はもちろん禁煙。よっぽど好きな本を持ち込む以外にこの禁煙状態に耐えられなかったのです。そこで、夏、上京するために、村上春樹氏の新刊本を読まずに取っておいたのです。

 が、もうタバコを吸わないと思います。断言は出来ませんが・・このスタンスが大事かと思います。もう吸わないと宣言するよりも、もしかしたら、吸っちゃうかもしれない・・・このスタンスが大事かと思います。

 
  1. 2014/06/05(木) 21:28:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お久しぶりの投稿になりました。

お久しぶりです。

 言い訳は飾られた嘘に過ぎないとも言いますが・・・一文字タイプする。それさへ物憂げな状態でした。
松尾スズキという才能で記事を書こうと思い、『クワイエットルームにようこそ』を読み、今度東京に行くときの電車の中で読もうと思っていた、2009年の文学界(字が正確に変換できませんでした)8月号の『老人賭博』を読みました。この二作品とも芥川賞候補になりました。それをギンギンになって読み、でもまだ、これでは松尾スズキ氏の良さは到底伝えられないと思い、『大人失格』、『、第3の役立たず』を読み・・・燃え尽きました。

 元わといえば、テレビ情報誌、『TV Bros.』の氏の連載を読んで、すっかりはまりまlり、他の作品をむさぼるように読みました。最初、劇作家の触れ込みで・・・
 
 劇作家の皆様にははなはだ失礼かもしれませんが、笑いのセンスがどうも、今、一つも、二つも足りない、正直に言ってしまえばつまらないのです。それを、観客は、馬鹿なのか笑い転げる。苦々しく思っていました。この松尾スズキ氏の場合も同じだと、いつもスルーしていました。でも、たまたま目を通し、今までの自分を恥じました。なんという才能。
 テレビは地デジ化してしまい見れませんが、TV Bros.は購入しています。松尾スズキ氏のコラムを読むためです。

 とにかく、どこをとっても外れがナイ。なんという才能。小説にでてくる、小道具のセンスもグットデす。
 『17歳のカルテ』の元となった、スザンナ・ケイセン女史の『思春期病棟の少女達』は軽く超えています。
 映画も小説もイーブンです。氏が脚本を書き監督したのですから、小説の方が上とか、映画のほうが上とかは関係ないかもしれません。とにかく氏のこれからの活躍に大注目しています。がんばれ松尾スズキさん!
  1. 2014/06/05(木) 03:45:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お久しぶりの投稿8になりまし

  1. 2014/06/05(木) 03:11:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0