FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

絵本のストリー公募に応募するのをやめようと思いましした。

絵本のストリー公募に応募するのをやめようと思いました。

 6月11日に、ストリー原稿をコピーし、出そろった思いました。ただ気になる箇所があり、最初からコピーやり直しをしようと思い印刷を・・・紙がありません。そこで存在することを忘れていたピンクの用紙。コピー原稿というと常識的に白だという決めつけがあると思います。規定でも用紙の大きさ、枚数の決まりはあっても色の指定はありません。そんな白昼の死角があったのです。用紙の色がピンク・・・目立つと思います。でも、審査員さんの心象を害するかな???でも印刷しちゃったし・・・が、やはり白だと思いなおし用紙を求めホームセンターに・・・そして準備万端。が途中でインクが切れた・・・あー、これは撤退しろというメッセージかな???と思いました。けれど。成就したい。今までの努力が無駄になる。そしてインクを購入。そして印刷。今度は印刷できません。プリンターが壊れた。どうしても印刷できないのです。13年間も文句も言わず従っていてくれた。無理に無理を言わせた。哀しくなりました。飼っていたいたネコが死んだ時よりももっと哀しくなりました。すべては、荒っぽく、ぞんざいに扱った結果なのだから・・・新しいプリンターを買う気もなく、最後の望みをかけてテクニカルセンターへ・・・指示通りにすると動くようになりました。あっ、その喜びよう。もう壊れたと思いっていたのに、生まれ変わった。そして気をよくして印刷。私の応募は6歳から8歳のグレード。難しい漢字は直しましたが・・・近所とか、案内とか読めるかな???と思い、読み仮名をふり、印刷しました。そして昨日、やっと原稿が仕上がり、郵便局へ行こうとしたら、タイヤがパンクしていました。それで決めました。公募への応募は止めます。登山は撤退の勇気を持つことが大事だと・・・わたしはやっと、本当にやっと勇気をもって撤退を決まました。優柔不断、未練がましい・・・情けないです。ユーミンの『優しさに包まれたなら』ではありませんが、メッセージなのだと・・・結局は徒労に終わりました。が、私は絵だって閃けば描けるかもしれないのです。このストーリーの絵を暇があったら描いてみたいです。来月中旬の二科展デザイン部への応募。なにも用意していないです。間に合うのか???
スポンサーサイト
  1. 2016/06/28(火) 18:07:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田舎者と小心者

田舎者と小心者

 この話は、以前したでしょうか?『田舎者』と題うたれたお惣菜の商品名に激高しかけたお話し。この、商品名『田舎者』というフレーズに、普段だったら、温厚な私も、カーッと頭に血がのぼりました。言うにことかいて、『田舎者』とは、商品名だろうが、許されるのか?それは、私のパソコンが、急にウィンドウズ10になった時も、少ししかイラッとしなかった切れにくい私です。切れてなーい(古)ウィンドーズ セブンから10の否応なしの変更。だまし討ちのようにして、かえられたことに、少々腹が立ちましたが、その時以上の激高だっと思います。『田舎者』という惣菜。だが、小心者だから、この怒りを店員さんに向けませんでした。振り上げかけたこぶしをそっと下しました。六本木や、青山や、渋谷や、新宿で遊んでいたのは、数十年も前のころ・・・それがお上りさんの証拠かもしれませんが・・・いまじゃー、片田舎の中年のおっちゃんだ。ハハハ・・・が、その時、もう一度、その商品を見た。田舎者だと錯覚していたのは、いなかに 田舎煮だった。いなかものではなく、いなかにという、煮ものの商品名だったのだ。あやうく、恥をかくところだった。
 一昨日、夢を見た。受験の夢を昔はよく見て、うなされて、苦しみの果てに起きるという夢も昔は観たが、もう見なくなった。何をとち狂ったか、MENSAの試験を受けようと、過去問を取り寄せて、本気になって取り組んでいた。そして夢でうなされるようになった。解答時間だけはじゃんじゃんたつのに、一問も解けな。そして制限時間も、もうな、もうないと思っても、まだまだズルズルと・・・精神衛生上よくないのでMENSAの試験は、たなあげしてあります。
 それで、話は一昨日見た夢に変わりますが、財布を探しているのに、どこを探してもない、いくら探してもない、夢なのに、苦しくなる。それで、目が覚めた。あー夢だったんだ!よかったと思ったがいなや、現実の世界で、財布がないんじゃないかと思って、探したら、それは夢じゃないんだもん、あるよね。机の上にありました。
 夢つながりで煙草を吸う夢は、五回を最後に、もう吸う夢も見なくなりました。ただ、私は禁煙治療を受けたり、禁煙用の何かを使わず、現在進行形で止めている状態が続いています。禁煙しようと思ったら、この人からの信用だけは、失いたくないと思う数人に、禁煙することを宣言、公言するのも、良策だと思います。私の禁煙には力を与えてくれました。今、フレーズが降りてきました。  正しい愛には正しい愛で応えろ!(ネットで盗作チェックしていないんだけど)こういうところも、小心者だな
  1. 2016/06/16(木) 23:08:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0