FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

『コンビニ人間』村田沙耶香著を読みました。

 村田沙耶香著『コンビニ人間』を読みました。さやかの字が難しいです。
 昔、僕はある短編小説の構想を練っていて、付き合い始めた彼が、レンタル店かなんかで、しいなりんごを、フルネーム漢字で書けないことに、彼女の100年の恋はすっかり冷めて・・・・『全てが冷めるとき』という短編の小説を書こうと思うんだけどあり得ると思うか?と同志の女性に聴いたら、女が、そんな理由で別れませんよとのお答え・・ 
 とにかく、今年の芥川賞受賞作を読みたいという、ミーハーなノリで、書店に・・・沙耶香どころか村田も忘れる・・・でも、タイトルと、あらすじが克明に覚えていたし、今年の、芥川賞受賞作を記憶したので、迷わず買い求められました。書店員さん。ポップありがとうございます。
今後のこの作者の凄い可能性を感じました。その稀有な才能に惚れ込みました。って2003年に『授乳』でデビューしていたんですね。現代日本文学って本当に読んでいないなーと思いました。こうきて、こうなって、こうなって、落ち着いて着地となるなーと思ったら、大きなどんでん返しが、最後に・・・本当にこの作家さんの長編が読みたいと思いました。村上春樹氏の『ねじまき鳥 クロ二クルを単行本で見て、読破できるのかなーと思っていて、敬遠していた時期もあるのですが、とりあえず文庫本で読んでみるかと思ってら、あれよあれよ、全巻読破してしまいました。
村田沙耶香の長編も、ぐいぐい引き込まれていくだろうなーと思います。普通とは何か、寺山修司氏のテーマの一つでもあったのですが、排除される人、社会が排除するもの、当たり前、普通の世界の住人て何?異端ではいけないの?それらを社会に突き付けた
作品に敬意を感じました。
 が、私が書いている私小説は、万人受けするものでもありません。異端も異端・・・こんなに、性格のねじ曲がった、天邪鬼の奇人グロテスクまでのエゴと、過剰すぎる自己愛、怪物、弱さ、卑近、遠藤周作先生の『沈黙』のキチジローの現代版。そんな作品を書きています。売れない代わりに、自己の醜さ、心の闇にに気づき、自殺しようと思い詰めているときに、私の書いたものを目にし、まだ俺はましなんだと自殺を思いとどまってほしいという願いで書いています。今、大手の出版社に原稿を送っても、弊社の文学賞に応募してください・・・絵本を送っても、そういわれます。
 流れに乗るまで、売れるようなものを作って、迎合するしかないのか?
スポンサーサイト



  1. 2016/08/29(月) 00:02:38|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今どきの電話のかけ方

今どきの電話のかけ方

 なんか、現代日本で生きていると、電話をかける際に、どう第一声で喋ったらいいか判らなくなります。私たちが学生のころアルバイトの面接や、就活なども(就活などという言葉はなく、就職活動と呼ばれていました。面接は電話から始まるなどとまことしやかに言われていました。)第一声は、「このような大変な忙しいお時間に、お電話して誠に恐縮ですが。」とか、誠にすみません・・・と言う感じでかけたものです。まー、それも虚飾で、謝るくらいなら、初めから暇な時間にかけろ・・・という風潮はなかったです。もちろん、電話をかける学生も、会社やお店の暇な時間を狙ってかけるのですが・・・両者とも暗黙の了解がありました。すこし前まで、まだ私はその癖が治っていませんでしたので、お忙しい・・・と切り出すと、電話に出た方が、引いています。声のトーンで、間違ったこと言っているか、伊達に小説家を目指していませんから、わかります。変な奴だなーというひかれかた。なら、と最近、お尋ねしたいことがあるのですが・・・とやると、またかなりの確率で、ひかれます。滑舌が悪いのかなーと思い、周りの大勢の人に、私の滑舌は悪いか?尋ねても、少しもそんなことないよーと言われます。ただ、父が、私の滑舌は悪いといいました。
 数十年前、私の声だけは、よく聞こえるという方がいました。ある仕事に就きたかったらしいけど、難聴があるから諦めたと仰っていました。でも、私の声は良く聞こえたそうです。補聴器があるということは、音が耳に聞こえる構造は分かっているということでしょうか?声というのは、音声とかの音が聞こえるのではなく、言霊というように、魂か、はたまた波動・またはバイブレーションの共振なのかもしれません。村上春樹氏の、『めくらやなぎと眠る女』にも聴力が、戻ったり、なくなったり、・・・で、甥っ子がいろいろな病院に行くのですが・・・これ以上はネタバレのため割愛させていただきます。私の魂が、ある日を境に、腐っているから、バイブレーションが悪く、電話応対する事務員さんも聴き取りにくいのかなーと思いなおしました。いま、お忙しいところ恐縮ですが と電話で第一声で言っても、言霊のある人は、変に思われないのかもしれません。今どきは、なんの枕詞もなく、ゴリゴリ、自分の意見を貫くのかなー・・・。
 電話の第一声でどう、きりだしたら、ドン引きされないのかなー?サザンの、『愛の言霊』っていう唄もあったなーと思いました。音楽は全くのド素人ですが、あの曲と、『東京』という唄のメロディーの展開がおかしいと思います。言霊はあるよ。私はそう信じています。
  1. 2016/08/26(金) 22:54:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日記事を書いて投稿しようとしたら・・・

昨日投稿しました。

 昨日、かなり長めの記事を書き、いざ投稿。そこでハプニング。『記事を保存』ボタンをクリックしたら、接続できませんの表示。そして、書いた記事がなくなりました。これって、この内容で描いたらダメなんだと思い・・・何を扱ったかは謎のままにしておいてください。謎は、謎のままでいい。それが私の人生訓といっては、カッコつけすぎですが・・・
真理に近づくことが、必ずしも、真理への道へ通づるとは思えません。突然、接続が不良になったのは、雷か?局所的大雨か?無線ランの責か・・・まー謎は謎のままででいいでしょう。これからは、いきなり文章をブログで描くのではなく、キングソフトのライターで文章を作りますかね。そうすれば、不測の事態にも対応出来ますから・・・3,4年、ブログをやってきましたが、こんな経験は初めてでした。

  1. 2016/08/18(木) 03:40:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0