FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

メッセージが降ってきました。

メッセージが降ってきました。

 人類は好きだけど

 人間は嫌い

  かなり前に、『サピエンス全史』という本を購入しましたが、未読です。時間が取れたら、読んでみたいです。これまで人類が築いてきた社会、制度、法律、文明というもの。勉強したいです。メッセージと矛盾しますが、なんだかんだ言って人間が好きです。
スポンサーサイト
  1. 2017/07/31(月) 23:35:06|
  2. メッセージ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サイコパス

『サイコパス』を読んで

 個人の名誉を傷つける怖れもありますので、著者名は割愛させていただきます。ここ一週間で彼女のことを知りました。でも、もうこの方、とっくに有名だったんですね。2015年には情熱大陸が取り上げ、バラエティーにも受けがよろしく、まさに時の人・・・

 そもそも、なぜこの本を買ったかというと、私はもしかしたらサイコパスかもしれないと思っていたからです。
 本屋さんに行き、手に取りました。帯に、(この本を手に取ったあなたもサイコパスかもしれません。)という文字、速攻で買おうと思いました。サイコパスの一番の特徴は、他人の痛みがわからないそうです。私は周りの方の不遇、不幸、悲しいことに胸を痛めますが、大地震の被害、大雨の被害にあわれた方の痛みが分からないのです。東日本大震災で津波によって流されている家、車、人命、それらが流され、脅かされているという悲惨な映像を居間のテレビで見ても、すこしも、否、まったく心を動かされないのです。心の闇を語れる友人が二人います。もうその友人たちも流石に俺とかかわエるのを嫌がる不安もありましたが、友人達に話しました。二人とも情報をまともに受けたら心が壊れてしまうので脳が鈍感にさせているだけじゃないの?とアドバイスされました。でも、そんなことはないのです。まったく何も感じないのです。そして本を読みました。理系の方の文章を読んだのは久しぶりでした。論理立てて、無駄がなく、またスリリングで、浦沢直樹さんの『MONSTER』を読んだとき以来の興奮もありました。そして私は、ここまで、ひどくはないぞと思い、少し安心しました。読後感として、実はこの作者がサイコパスじゃないか?と邪推しました。極めて優秀な、まー天才でしょうがサイコパスを自覚しているのではないでしょうか?サイコパスの見分け方も書いていますが、それは彼女のサイコパスであるという事実の隠れ蓑にしているのかもしれないと思いました。サイコパスの見分けかたで彼女を見ると、もろに当てはまるじゃんと邪推しました。精神分析や見分け方が分かる人は、その因子を持っているからこそ分かるというのが持論です。
 フロイト博士も性欲の抑圧で不調、悩み、リビードで解釈する。マザーコンプレックス、エディプスコンプレックスも博士にもあったのではないかと思います。 彼女の経歴を見ると華麗な大学・大学院、医学博士、それらは公表されていますが小中高は伏せられています。動画も観たのですが、小学生時代は友達も一人もできず、また、どうふるまったか分からず、こういううときはこうするという最善の方法を観察し、トレーニングしたそうです。アスペルガー症候群は医学博士なのでもちろんご存知だと思います。でも、トレーニングでアスペルガー症候群が克服できるのでしょうか?彼女の天才的な知性が努力によって克服できたかどうかは分かりません。また彼女がアスペルガー症候群ではないかというのも私の邪推かもしれませんが・・・トレーニングで克服したというのは嘘かもしれません。
 本を読んで、どこどこ大学の研究結果は、こうだったからとか、ある研究者が実験を行ったらこうだったかそんなのばかりで、彼女の独断、意見、分析、考察がありません。哲学科の学生を私は想起しました。ニーチェがこう言っている、サルトルがこう言っている、カントがこう言っている・・・そんなのばかりで、じゃーお前はどう考えるんだといわせると、答えに窮してしまう。カントも読んでいない私ですが、いつか道徳に関して独自の哲学書を書いてみたいと思っています。話が脱線しました。
 脳科学者という肩書ですが、彼女の脳が人間の脳でなく、人口知能のような脳だと私は思いました。
 彼女の動画を観て、以前紹介させていただいた『コンビニ人間』を思い出しました。普通って難しいですね。
  1. 2017/07/30(日) 07:59:25|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新しいCD 小説の企画考えてみました。

新しいCD、小説の企画考えてみました。

 ある日、カフェで店長さんとカウンター越しで話をしていえると、雨が降ってきました。駄目だ、文学的でないな・・・
 
 とある街の裏通りにある、普段なら見落としてしまうような場所にカフェがある。隠れ家的なカフェだ。カフェのカウンターは奥の南側が曇りガラス窓になっていて、少し空いた窓から黒南風が吹き込んでいるなと思うや否や、まるで太鼓を乱れ打つように雨がアスファルトを打ちつける音が聴こえてくる。遠くからではあるが落雷の音も聴こえる。大丈夫かしら?店長さんは不安げな顔でポツンと言った。大丈夫ですよ。驟雨ですよ。そうだといいんだけど・・・。

 そこで私は店長さんに、雨にまつわる話とかないですか???と振ってみました。しばらく思案してくれているのですが、ごめんなさい。浮かびませんとのこと。では、私はと思い、考えましたが、私も雨にまつわる話がないなーと分りました。小説家も志望しているので情けないと思いました。かろうじて、雨音はショパンの調べ♪という唄があったことを思い出しました。雨音はショパンの調べ♪僕が高1の時に流行った歌です。そこで
カフェにいたときは話のアイディアが浮かばなかったのですが、何故、ショパンなのか?雨音はヴェートベンの調べ♪雨音はリストの調べ♪ではいけないのでしょうか?日本人はなんか、ショパンに、オシャレで、洗練しているという憧れを持っていると私見ですが思います。いつものように話の前振りが長くて閉口ですが、あいうえお小説って既にあるのでしょうか?ある詩のブログをされている方があいうえお・・・で詩を作成されているのをみて、他の皆さんは気づいていても、あえて言わなかったのに、私は言及し恥ずかしい思いをしました。あ、雨 い 異界、う 海、え 絵描き お 女或いは男、とかそれにまつわる物語。寝物語とは、少し意味は違いますが、五十音で僕が作ったお話の企画CDを作る。朗読は原田知世さんを考えています。←。妄想ですから本気にしないでくださいね。一時間か、二時間の間、この新企画のCDを聴きながらお休みになる。物語は僕が作ります。本にしてもいいと僕は思っています。原稿用紙五枚くらいで・・・小説でなくともエッセイ風でも、雑談形式でも。

 絵は半分くらいできました。間に合うのか・・・でも、それでできた絵って大したことないんですよね。功名心丸見えで、下品で・・・
閉口です。
  1. 2017/07/09(日) 12:45:18|
  2. 企画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2