FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

訂正させてください。

訂正させてください。

 先ほどアップした、↓ ここだなというフレーズ。二十七年前に他界した祖母が、いつも口にしていた言葉です。ネットで調べると・・・
ここだな という言葉は、新渡戸稲造氏の言葉でした。明治生まれの祖母は学があったということを思い出しました。ここだな というフレーズを使った先人がいるとは思いもしませんでした。すみません。お詫びします。
スポンサーサイト
  1. 2017/11/26(日) 22:43:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ここだな!

ここだな!

 それは、頑張らなければならない時の魔法の言葉。

 ここだな。

 朝起きるとき、まだ寝ていたい弱い心を振り切る魔法の言葉。

 ここだな

 こころ折れそうな時、負けそうな時、挫けそうになった時の魔法の言葉

 ここだな

 なにかを止めたくなた時、我慢しなければいけない時に頑張れる魔法の言葉

 ここだな。

 明日の朝、唱えてみようと思っている魔法の言葉

 ここだな。

 負けそうな時、挫けしうな時、今度こそは唱えてみたい。

 中学生の頃から、その言葉を忘れてた。

 唱える限り、人生の迷子にはならない。

 明日とは言わず、今から唱えてみよう。ここだな。

 それはそれは、不思議で力のある魔法の言葉
  1. 2017/11/26(日) 20:58:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

道化

道化

 道化師を英語に変換すると、a clownとありました。いつかはクラウンのクラウンとは違います。あれは、王冠 の意のcrown.です。道化師。日本語の道化という言葉を知ったのは中学生の頃に読んだ、太宰治著『人間失格』だったと思います。道化。それか?もしかしたら、あみんの『待つわ』という唄だったかもしれません。話は外れますが、中学生だったころ、『待つわ』の歌詞にある、♪わりとやるもんだって♪歌詞がよくわかりませんでした。わりとやる・・・岡村孝子さんの歌詞には、道化者とか、真正面に『ピエロ』という唄もあるくらいですから、どうやら、ベースにあるのでしょう。女性というのは生きづらいのでしょうか。私はうまれかわっても男がいいです。クラウンという英語は再履修の英作文の授業で知りました。英作文と英国文学史。苦手というか、何故このことを学び習得するのがわからなかったのです。英作文。三年生になるまで1単位さへ取れませんでした。生徒にあてて、黒板に買いたものを直す。こういう表現もある、こういう言い方もある、講師が説明すれば説明するほど、私の頭はこんがらがるのでした。英国文学史は4年生になりましでも、英国文学史Ⅰ英国文学史Ⅱが取れませんでした。中退か、留年か・・・私が日本語を話すとき、「駅は、ここから歩いて30分のところにあります。」です。私が発せた一行!この一行だけじゃないですか?文法的にどうとか、偉い人だろうが、その一行しかないのです。それをこうもいえる、ああもいえる・・・私はアッ!となっていたのです。英国文学史は、何のために覚えるのか分かりませんでした。編入されてきた方々と交流がうまれ、英作文をすべて一文にまとめたノートをくださりました。暗記しました。履歴書の特技に書くことが何もないので、暗記と書いていた私です。記憶力には絶対の自信がありました。多分直観像もあると思います。百フレーズぐらいの英短文を暗記するくらい、お茶のこさいさいでした。英国文学史は、クイズ問題なんだと考え方を変えて無事履修出来ました。英作文1の再履修者の講師の先生は素晴らしい先生で、映画を観ながら、会話を暗記し、英会話への応用をするという授業でした。
 『サウンド オブ ミュージック』のビデオ鑑賞でした。東京に出て一番驚いたのは、新宿西口のビル群でしたが、洋画の字幕が英語というビデオがあることが二番目でした。聴覚の障害がある方の為か分かりませんが、英語の台詞を英語の字幕がでるビデオの存在でした。その冒頭で、ヒロインの女性に、修道女たちが、悪口?評価?を言うのですが、いろいろな欠点でも、このクラウンというセリフに、皆がとても醜悪な顔に変わるという場面が記憶に残っています。とにかく、このクラウインというのはものすごく軽蔑されているみたいです。私は、過日、クラウンと、ピエロは、どう違うか調べましたら、ピエロは、軽蔑されるクラウンのなかでも、その中でさへも、もっとも軽蔑されるのが、ピエロとネットにありました。だから顔のお化粧の目の下に涙が描かれているのだと・・・

 最近は時間がなく、自伝的私小説には時間がさけませんでしたが、この49,50年間演じ続けてきた虚飾にまみれた私の人生の化けの皮をはがすという意気込みでしたが、ちょっとつらくなりました。ピエロは哀しいです。道化師もお笑い芸人さんも哀しそうだな。
 十数年前に読んだ本で、ひょうきん というのは悲しみが混じっているとありました。わたしもお調子者でもなく、エンターティナーや、トリックスターでもなく、ただのひょうきんを演じ続けてきたのでしょう。いつからこうなっちゃったんだろう。

 
  1. 2017/11/23(木) 18:59:06|
  2. 世迷言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

当たらずといへども、全くの的外れではなかった???

当たらずといへども、全くの的外れではなかった???

 2015年、私の拙作ブログの予想欄で、一つの予想を発表させていただきました。谷崎潤一郎氏著『痴人の愛』が映画化され、谷崎潤一郎ブームが来ると・・・去年、あー恥かいたと思いました。それが、先月、思ってもみなかったところで、全く見当違いじゃなかったんだなーと思いました。
 それは、こじるりの検索からでした。こじるりって健康そうで、元気で明るくて聡明そうで、いいじゃんとおもい、こじるりで検索・・・
あれ???顔も違うし、まとったオーラも違うし・・・でも、その女性にどんどん惹かれ始めていきました。こじるりって検索するのを間違えて、こじはる で検索したのでした。AKB時代は、そんな、何とも思わなかったのですが、こじはる・・・。絵のコンテストに取っておいたお金を、こじはるの写真集を大人買いして、使っちゃいました。それから、どういう経緯だったか分かりませんでしたが、谷崎潤一郎著『痴人の愛』の表紙を小嶋陽菜が飾っていることを知りました。株式会社 宝島社 の宝島社文庫から2016年3月4日に発行されています。本の表紙は前年に、小嶋陽菜写真集『どうする』のワンカットを使ったそうです。ヘアメイクを担当されたのが河北裕介氏でした。河北裕介氏はとっくに有名人だったのですね。私は知りませんでした。私はヘアメイクの道か官僚か教師か会社員の進みたかったのです。今はなくなってしまったか分かりませんが、グラマーショットというお店がありました。専属のメークアップアーティストさんがメイクし、スタイリストさんがドレスを選び、カメラマンさんが写真を撮る。フロムエーで、そのお店のアルバイトを募集していたので、速攻でいきました。でも英語が流暢に喋れるわけで無し(スタッフのほとんどがアメリカ人でした)メイクや、美容の知識、技術も全くなく・・・まー募集には落ちました。若気の至り・・・それまでですが・・・
 『痴人の愛』小嶋陽菜で映画化はするのか???でもナオミ役は、やはり水原希子だと思うのですけど。
 私見で恐縮ですが、性に目覚めはじめた男の子が、こじはるの表紙の『痴人の愛』なんて手にしたら、狂っちゃうんじゃないかと思うのですけど・・・。大丈夫なんでしょうか?狂わない人が『痴人の愛』なんて読んでも、だから何?という読後感しかないかもしれませんが・・・。まー中学生のころから、クラスの女子に言わせると、好きになる女の子の趣味が悪いと言われていました。
  1. 2017/11/18(土) 18:12:52|
  2. 予想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お疲れモードが続いています。

お疲れモードが続いています。

 今日、起きたら、夕方の5時でした。寝たり覚めたり・・・

 情けない。結局原稿も一枚も書けず・・・

 365日の紙飛行機じゃないけど、明日頑張ろう。

 それより、今日、寝れられるかな???

 
  1. 2017/11/12(日) 22:52:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『アナログ』ビートたけし 著を読んで

『アナログ』ビートたけし著を読んで

 先先週?かな?読了しました。そして、ふと、アナログってどういう意味と思いました、小説のタイトルのチョイスとかでなく、アナログという言葉の意味。旧式、古いモノ。そう考えましたが、これらの意味は俗語だそうです。ネットで調べました。超文系人間の私には難しいものでした。正直に申せばわかりませんでした。
 一人の男と女。がそれぞれ、キチンとした約束もなく、あるきまった曜日に喫茶店で会う。そこでの交流。喫茶店の名前は、ピアノというのですがまさに、象徴的な名前だと思いました。この『アナログ』という小説は、音楽です。私にはそう思えました。ラストのほうで、小説の扱うエネルギーがいきなり激しくなり、その大団円。オチも、流石だなーと思いました。古く、時の洗礼に負けたものが本物かもしれません。数年前、クール・ポコさんに思いを熱くしました、虚飾をはぎ取り、真実は・本物はこういうものだというものだと思わせて、さらに現代の流行を揶揄する。それは、もう僕が小学生の頃に、ツービートさんの漫才でしりました。ご都合主義みたいなもの。それに振り回される人々を馬鹿にして真実、本物は違うんだtというネタ。小学生の時に観た、年に何回かある、ビートたけし様の特番。それこそ、一字一句聞き逃さないよう拝聴していました。漫才のやりとりみたいな、主人公の友達の二人が出てきて、そこは真骨頂。本家本物。笑えました。『アナログ』この小説は交響曲です。
  1. 2017/11/05(日) 18:15:37|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4