FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

全ては虚言で虚飾の演者

全ては虚言で虚飾の演者

 どうして?いつからこんなになってしまったの?
 小学生の頃の君は正義感が強くて、私の初恋の人だったのに
 
 寓意の偶然 昔の君の面影もない。
寓意の偶然?それって本当。
 君のシナリオじゃない。

 君が怖いものを私は知っていた!

 重い空気と沈黙と表情を変えない無口の人
 すると、君はものすごく饒舌になる。
 だから私に近づいたんだね。
 
 君は沈黙が自分の責だと思うんだね!
 ねぇ!どうしてほしかったの?
 
 ずっと前に、「孤独は感情に属しているのではなくて、痛点という痛みに隷属しているんだよね!」なんて言ってた君は、本当に寂しかったんだね。
 声にしないSOSまでは解らないよ!言ってくれなきゃわからないよ!
 今になれば、あれはSOSだったって解るけど、今になって思えばだけど・・・
 でも、少しも、否 全然、解らないよ!どうしたらいいかなんて私解らないよ!
 こうなってしまった原因を考えるのは、答えの出ない解を求めるように、それはそれは、凄くセツナイヨ!狂うほど、苦しいよ
 
スポンサーサイト



  1. 2018/01/28(日) 03:56:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

マジックシャンプー

マジックシャンプー


 火曜日、シャンプーを買い忘れてしまいました。先週中にもうない!もうない!・・買わなきゃと思っていましたがついつい忘れてしまっていました。とうとう、今週の月曜日に切れました。髪を洗おうとした時に浴室で知りました。でも、そこでめげないのが僕だ。ボディーソープで洗えばいいじゃん!閃きました。そして髪を洗うと、泡立ち、良い感じ。満足して風呂場から出ました。次の日、髪の毛が・・・昆布のようでした。やはりボディーシャンプーで髪の毛を洗ってはいけないんだと知りました。水曜日、ボディーソープに凝りて、シャンプーを買いにスーパーへ。忘れず買いました。が、お風呂に持ち込まず・・・もう裸だし、正確にどこに置いたか分からないし、水だけで洗いました。木曜日、今日である金曜日、シャンプーで洗うも、ゴアゴア感があります。今日は、頭にきたから、シャンプーで全身を洗いました。今のところ問題はありません。入浴中、コンディショナーでも全身を洗ってやるぞと思いましたが、それはどうかと思い自粛しました。

 シャンプーで体を洗えるけど、ボディーソープで頭は洗えない。コンディショナーは実験していないのでわかりません。
 
 ここでも僕は、ただでは起きません。シャンプーにもなってリンスにもなる(これはチャンリンシャン?SOFT IN 1(調べました)がすでにありますが、コンディショナーにも使えて、ボディーソープの代わりにもなれて、シェービングジェルになる・・・マジックシャンプー(ネーミングがダサいか?)ならば、浴室の魔術師。そんな商品を企画しました。さらにシャンプーが出来て、コロンになる。そう、早見優さんのCM 恋コロンシャンプー・・・
髪にもコロン 恋コロンシャンプー、

 現実的に言えばボディーソープでありながらシャンプーが出来るか???くどいな!

 シャンプーのシェアーは、どうなっているのかな?どのシャンプーが一番使われているのか???調べてみます。
 二刀流・・・シャンプー&ボディーソープの商品を企画しました。
 
  1. 2018/01/26(金) 23:47:12|
  2. 企画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マルチでいることの大切さ

マルチでいることの大切さ

 前回、と言いましても、一週間も前の14日、日曜日に拙作ブログにアップさせて頂いた記事の(話が本題からずれ、直木賞のことになりました)二日後、第158回芥川賞、直木賞の発表がありました。芥川賞や直木賞のことは全然頭になかったです。だから、びっくり。田口ランディ氏は、候補には挙がっていなかったのですね。たまにこういうことがあります。でも、皆さんありますよね。何か予感がしてテレビのャンネルを回したら(昭和ですみません)好きなアイドルが歌っていたりとか、何かの予兆に気づいたり,
後になって気づいたらあれは予兆だったんだと思ったり・・・でも、今回の直木賞発表は全く知りませんでした。そして、SEKAI NO OWARI のメンバーのSaoriこと藤崎沙織氏のことは全然知りませんでした。候補に挙がっていたのですね。『ふたご』という小説。

 改めてマルチでいることの大切さを痛感しました。SEKAI NO OWARIというバンドがあることは知っていましたが、聴いたことがありませんでした。ユーチューブで観て聴いて・・・その世界観に圧倒されました。メンバーのsaoriiこと藤崎沙織さんが、小説を書き、それが直木賞に候補に挙がることがなければ、私は、死ぬまで、SEKAI NO OWARIを聴かず、今度、アルバム聴いてみるか!ということにならなかったと思います。麻雀も単騎待ちはめったにあがれませんが、両面、三面ちゃならもっと確率が上がる・・・
 かなり前に美輪様がNHKに出ておられ、マルチの大切さを説いていました。一つが駄目になっても、マルチなら、違うところでそこに力を注いだらいい・・・正確な言葉を覚えていませんが、一つの道だと、一回こけたらそこで終わり、マルチなら、また頑張れる。日本人はその道一筋というのが、どうも好きらしいですが、一意専心なんてお相撲さんが口上で仰っていましたが、私は反対です。私は絵本のストリーづくりは、才能ないかなーとうすうす気づき始めました。私の絵本は子供でなく、ターゲットは大人でした。大人にすぎては、幼稚すぎると編集者にバッサリ斬られました。でも絵画はまだ書けるし、小説は海のものとも山のものとも思えませんが、創作の情熱はあります。

 セーブして、落ち着いて急いで、世界観をぶちまけたいと思っています。
  1. 2018/01/21(日) 00:00:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

センター試験2018

センター試験2018

 まず、すみませんでした。たとえ、当日の未明であろうと、現国の小説を当てようなどと・・・外れました。すみません。私も虎になってしまうのかも・・・井上荒野さん。。。。知らなかったなー、直木賞作家なのですね。過日、フロアーの机の周りを掃除していたら、これを知っているかとご婦人。
 90歳。なにがめでたい 佐藤愛子。佐藤愛子さんって知らないですけど・・・というと直木賞作家だと教えてもらいました。直木賞ってあまり興味がありません。貴重な時間を無駄とは言いませんが、消費してしまう。直木賞作家の先生方すみません。去年の、ある文学賞で、光浦靖子さんが、現実って大変じゃないですか、小説にハマっていやなことを忘れたいって(正式には言葉が違うかもしれませんが)その旨、仰っていました。嫌なことを忘れる、現実逃避・・・ある方は料理だと仰っていました。私は作ってみました。
 はまりました。料理に集中するので、嫌なことや、モヤモヤしたことを忘れられます。話がずれました。

. 田口ランディ氏は直木賞が取れるのか?個人的な願いです。これからの文学は、回帰し、嫉妬、妬み、業、性、村社会、悪口、噂、いじわる、罪・・・徹底的に人間の心を追求していく文学が隆盛すると思います。ってこれも予想。私の予想なのであてにはなりませんが・・・
 私はこのテーマで書いていきます。数十枚描きましたが、もう一度、策を練って掘り下げたいと思います。今頻繁に聴く、心の闇
 そこにスポットを当てます。どんな心の闇が摘出されるか…頑張ります。

 センター試験は終わりましたが、ここからが本番なのですね。新学期に合わせて2月に入試をする。9月入学が叫ばれている昨今、入学試験は5月にやったらいかがと思うのですけどどうでしょうか?

  1. 2018/01/14(日) 16:17:33|
  2. 世迷言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『中島敦著『山月記』を読んで

中島敦著『山月記』を読んで

 明日?というより日付をまたいでしまったので、今日・明日がセンター試験ですね。まだ眠れない受験生、全く眠れなかった受験生。それはまともな証拠ですよ。若いんだもの、徹夜の一つや二つ・・・大丈夫。これまでの自分を信じて。

 ということで、片田舎のメタボオッちゃんが、明日の現国の小説を占ってみました。中島敦著『山月記』、夏目漱石・・・『山月記』は超短編ですが、内容は深淵です。人を人とも思わない、傲岸不遜さは、最後は不幸になる。人生の指南書です。高校生の時に読みました。何か、自分の将来が、もしかしたら・・・もしかしたのです。『徒然草』の高名の木登りも、今になって思えば・・・大学四年生の時に、実習も無事終え、卒業のめども十分たち、さー、というところで慢心があり、墜落。高名の木登り、奥がふかいと思いました。

 夏目漱石氏といえば、ちくま文庫で全10冊、これを読むには・・・『明暗』、『こころ』、『行人』あたりか?まー無責任な発言でした。
 小林秀雄、丸山眞夫は、遠くになるにけりか。入試の易化を提言したいです。そのかわり卒業は滅茶苦茶難しいとか。
 考える力。テストでスコアーか出来るのかなー・・・・

 私の理系力のなさは明らかですが、こんな一般教養の数学力を試す試験が判らなかったことがありました。2年時に私立文系に絞り、数学をすて、高校を卒業して、数十年たっているので、数学?算数の学力が失われていました。0,5×0,5の答えを求められた問題・・・あれー。小数点、割り算は大きくなるんだっけ、じゃ掛け算は小さく???わからないので0,025と回答しました。おバカである。後で考えれば、0,5は2分の1、だから2分の1×2分の1は4分の1。 4分の1を小数点にしたら、0、25。これが考える力ではないだろうか?まー0.,5×0,5が答えられないのは問題だが・・・受験生。春、合格しているといいですね。オードリーの春日氏は東大受かるかなー。今年は無理でも、来年春日氏が受けたら東大受かると思う。でも、なんあんだろうなー。成績の良い人間たちは東大を、料理に係わる人々はミシュランを、アスリートは金メダルを、それぞれ・・・目指して。私も太宰治賞、二科展大賞・・・がんばります。









  1. 2018/01/13(土) 01:34:48|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

渡辺美優紀という才能

渡辺美優紀という才能

 皆様は渡辺美優紀さんという元NMB48の一員だったアイドルをご存知ですか?おしいことにNMBどころか、芸能界までも卒業してしまったそうです。誰かが、彼女を漫才師として伸ばそうと考えなかったのでしょうか?疑問です。さやみるきーの漫才を見るまでは、所詮はアイドルの女の子の学芸会にすらも立てない漫才・・・と思いっていましたが・・・なんと、山本彩さんの突っ込みもいいですが、渡辺美優紀さんのボケが最高にいいです。前にも言いましたが、部屋のテレビが地デジ難で、年末年始とお笑いの方々の演芸を、居間のテレビでちらっと観ました。どれも面白かったですが二回同じ芸を見せられたら、???と思います。さやみるきーの漫才は、何回見ても面白い・・・というか飽きず、再発見があり、すごいなーと思っています。渡辺さんの、天然を装った、ニコニコ顔に癒されます。すごく頭がいいと思われます。長い台詞も完全に咀嚼し、余裕のようです。とにかく、リラックスしていて、その安定というより、余裕さに惹かれます。まーM-1とかの大舞台になるとどうなるのか分かりませんが、さやみるきーでもう一回漫才をしてくれないかなーなどと思っています。話はいつものように飛びますが、この漫才の、漫ってどういう意味?漫画も、漫だし、さかな辺をつけたら、鰻(うなぎ)、この辺は何かわかりませんが、饅頭の、も・・・話を無理に戻しますが、漫才は、万歳 という、おめでたいものを大正昭和期に上方で舞台にのせたのが、漫才のいわれとか・・・さやみるきーは是非一度クリックしてみてください。さやみるきー 漫才で検索していただければヒットすると思います。

 お笑いつながりでいえば、年末年始は、にゃんこスターの活躍を良く見ました。ネットではアンゴラ村長が叩かれているように私には見えましたが、そんな拒絶反応の原因を考えてみました。大人にならない、こどものまま、そんな彼女に、社会の要請で大人になるしかなかった女性たちは、アンゴラ村長さんに、こどものまで、さらに、モラトリアムが許されている彼女にイラつくのだと思います。
 たまに去年のキングオブコントのにゃんこスターさんの動画を見ますが、飽きないです。新ネタ、新ネタなどと言って作ると一発屋で終わり、リズム縄跳びのネタを十年やっていても、二人はもつんのじゃないかなーと思います。ある意味、革命だったのではなかったのではないでしょうか?オリエンタルラジオさんのネタで(武勇伝)ピーターパンに無理矢理酒のまして大人にするというネタがありました。私はアンゴラ村長をみても何も思いませんが、彼女の大人になりきれない未成熟さが、また許される境遇が、無理矢理大人になるしかなかった大人女子の顰蹙をかうのではないかと思いました。

 
  1. 2018/01/07(日) 06:32:25|
  2. お笑い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネコの集会

 三が日も過ぎ、心の余裕も出てきました。年末、部屋の掃除、ひたすら掃除・・・ストレスもたまっていました。ようやく、平穏を取り戻せたようです。今日は、以前掲載しておりましたが、去年のコンテスの際、主催者側から、HP、ブログにアップされた作品でも受け付けますが結果が出るまでは削除してくださいとのことなので、削除しました。コンテストの結果は落選。箸にも棒にもひっかからない・・・ちょっと、絵本と童話って、本腰入れないと駄目だとやっと気づきました。世界が違う。ネコの言葉が不思議に分かった。そんな、説明いらんのですね。固定観念を打ち破って・・・まだまだ諦めませんよ。  ということなので、どういうことかわからないなどと、深夜のアイドルのDJみたいですがアップしたのを見ていただきたいです。

猫の集会

小学三年生のトモ君には、家での仕事が二つあります。一つは郵便受けを確認し、手紙や
葉書があったら、家の人に渡すのが一つと、トモ君の家で飼っている猫のチャーのお世話をすることの二つです。毎日、トモ君は学校から帰ると、郵便受けを確認するのですが、いつもパパやママの手紙や葉書ばかりでした。トモ君は生まれてから一度も、自分宛の手紙や葉書を受け取ったことがないのを寂しく思っていました。
 そんなある日、トモ君に生まれて初めて自分宛の葉書が届きました。トモ君は嬉しくてしょうがなく、家の中に入る前に庭の門の所で葉書を読みました。葉書にはこのようなことが書かれてありました。今度の土曜日、猫の集会があるから、ぜひ、トモ君には参加していただきたい。という内容でした。差出人には猫の長老とだけしか書いてありませんでした。どこからきたのかわかりませんがチャーがそばにいました。そしてチャーはこう言いました。「トモ君には猫の集会にお越しいただきたいという猫の長老からの招待状です。」と。トモ君は不思議なことに猫の言っている言葉が解りました。猫の集会かー?いったいどんな猫たちがあつまってくるのだろうか?何を着ていくべきだろうか?もう一度、細かく、招待状を読むと『深夜0時に集合されたし。』とありました。トモ君は不安になりました。パパやママは深夜0時なんて時間に子供が一人で外に出歩くなんて、絶対に駄目というに決まっています。
 それでトモ君は、黙って、こっそり外出しようと思いました。トモ君は「チャー、いったいどこで猫の集会はおこなわれるのだろうか?」と質問すると「当日、私がご案内します。私の後をついてきて下さい。」とだけチャーは言いました。
 猫の集会があるという土曜日の深夜0時の30分前、トモ君は眠たくなるのを我慢して、何回も水で顔を洗らっていました。チャーがトモ君の足元にまとわりつき、「サァー行きましょう。」と言いました。
 そして一階に降り、玄関の戸をそっーと開け、門も開けました。家のあたりは暗かったのですが一歩、大きな歩道に踏み入れると、街灯が煌々としていたので、歩くのになんの不自由も感じませんでした。チャーの後をついていくと、そこは近所の公園でした。日曜日の昼間にパパとキャッチボールをしたり、バトミントンをするいつもの近所の公園でした。でも、深夜に見る公演はまるで外国に入るようでした。チャーの後についていくと、受付嬢ならぬ受付猫がいました。招待状を受け付猫に出すと、受付け猫が「あなたがトモ君ですか!」と大きな声で言いました。「あなたのお噂はこの猫界隈でもすごく良い評判です。あなたは飼い主の鏡だ。」と受け付けが言うのでした。「さー、どうぞ、トモ君は最前列にお座りくださいと。」と言われ、トモ君は最前列に腰をおろしました。
 だんだん猫たちが増えて、30匹とも50匹とも思われる猫たちが公園に集まっていました。
 そして公園の時計台の針が深夜0時を指しました。0時きっかりに、体がチャーの二倍ほども大きく威厳のある立派そうなトモ君や猫たちの前に立ちました。トモ君は人目見て猫の長老だと思いました。長老の演説です。
 「我等、猫諸君!今日はお忙しい中、時間を割いて、集まってくれてどうもありがとう。」と言うとコホンと咳払いをしました。「今日の我々、飼い猫の立場は非常に悪くなっている。イヤ、悪くなっている一方だ。だが、人間でも今日私が招待した、トモ君は別だが・・・
 よって今日は、トモ君を、この市の名誉市民賞をトモ君に授与したいと思うが異議ある者はいるか?」と長老が言うと、集まっていた猫たちは皆「異議なし!」と唱えました。
 長老が、トモ君、私の前に来るようにというので、トモ君はうやうやしく長老の前に進みました。そして長老から、大きな煮干を三つもらいました。トモ君は失礼のないように右のポッケに煮干しを入れました。
 やがて、授賞式が終ると、集まった猫たちの飲めや唄えやの大宴会がはじまりました。でも、トモ君はころあいをみはらかって、チャーと共に家に帰りました。門の鍵をそおっーと開け、パパやママに気付かれられないように、二階の子供部屋にもどり、ベットに横になるとすぐに寝てしまいました。
 日曜日の朝、トモ君は、昨日の深夜の出来事は、夢だったんだろろうかと思い、右のズボンのポケットを探すと煮干がみつかりませんでした。
 トモ君は「あれは夢だったんだろうか?」とチャーに向かって言いました。
 でもチャーは、眩しそうにトモ君を見て、ただ目を細めているだけでした。
  1. 2018/01/05(金) 20:35:07|
  2. 童話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます!

 昨年は大変お世話になりました。どうか今年も、広く大きな心で、拙者をみていてください。確か今日のこの更新が、自身の250番目の記事になるはずなんだけど違ったかな?

 激変の年になりそうです。、絵画コンテストに、すばる文学賞への応募、二科展デザイン部への出品。最後に太宰治著。今年はやりますよ。でも、すでにオオカミ少年だからなー。相手にされないのはわかってますよ。でも、今年こそ・・・
  1. 2018/01/01(月) 18:39:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0