FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

オリンピック

オリンピック

 今日、お風呂から出て、二階の部屋に行くために居間を通り過ぎようとしたら、父が居間でオリンピックのカーリング女子を観ていた。私はオリンピックやサッカーのワールドカップにそれほど熱狂しない。芸術至上主義を掲げた。小説と絵画と絵本にしか興味が無くなってしまった。というより、それをやっているときの幸福感。
 が、居間を通り過ぎることはできなかった。私も日本人だ。カーリングを観戦した。そこで、気付いたのは、選手にはピンマイクがあるのではないかと推測した。競技場は広い。いくらなんでも、競技中の選手のヤップ、だか、ヲウ(よく見ていないので違っていたらすみません)テレビから選手の声が聴こえてくる。お笑い芸人さんも(テレビ業界のことが解らなにので間違っているかもしれませんが)、音声さんか?ADさんが、マイクをつけるところをよく見にする)マイクをつけてもらう。イギリスの選手の声も聴こえてきた。あれは、どうゆうことなのか分からない。選手は平等にピンマイクをつけ、競技するのだろうか?謎だ!
 とにかく、人類に興味がある。『サピエンス全史』は、埃をかぶったままだ。大学に通おうとせず、独学をしようと思っている。文化人類学は芸術じゃないじゃないかとお叱りを受けるかもしれない。ただ、私は文化人類学・社会学は、総合芸術だと思っている。人類はアートなのだ。
 テレビを観ていてカーリング女子の藤沢五月選手は、もとNMB48の須藤凛々花さんに似ていると思ったのは私だけだろうか? 
スポンサーサイト
  1. 2018/02/25(日) 00:33:41|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2個じゃだめなんでしょうか?

2個じゃだめなんでしょうか?

 某、女性議員の「2位じゃだめなんでしょうか?」のもじりです。

 私は食料品に出すお金は惜しみませんが、他は切り詰めています。外食、弁当、・・・何のお肉が使われているのかわからないので基本食べません。ペットボトルの出費もバカにならないと思いはじめました。
 大きな水筒を壊してから(壊すかなーあんなものを)ペットボトルの出費も抑えようと、大きい、1リットルくらい入る水筒を買いに行こうと思っていました。タバコを止めたのは何回も、自慢げにアップしましたが、その代わりに、ガム、、水の摂取が多くなりました。
 タバコを止めて、虫歯になるわー、このままいけば、多飲多尿で腎臓を悪くすると思います。話が脱線しました。
 家に、500ミリリットルくらいが入る小さい水筒が1個ありました。その蓋が、ボタンを押せば、水の出が止まり、ボタンのロックを外せば水が出る・・・いつもいつも逆をして、こぼしまくり・・・そして小さいこれまた500ミリリットル入る水筒を買いました。ただ、やはり、要領が足りない。そこで、コンテスト前であるここでの出費は痛いが、1リットルくらい入る大きな水筒を買おうと思っていました。
 ですが、ここで考えました。小さい水筒が2個じゃいけないんでしょうか?というものです。水筒を2個合わせば1リットルにもなるし、分けて入れられるのでアイスコーヒーも、麦茶も楽しめる。持参する水筒は1個じゃいけない法はないんです。思い返すと、遠足や、運動会に、水筒を2個持ってくるやつはいなかったなーと(遠くを見る)思いました。持参する水筒は2個で、或いは2個以上でもいいんです。1個じゃなくてもいいんです。固定観念に縛られていました。まだまだ、こういう思い込み、盲点はあると思います。
  1. 2018/02/24(土) 09:30:08|
  2. 世迷言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストレス発散法

ストレス発散方法

 かなり昔から、人への質問に、あなたのストレス発散方法は何ですかと?聞いていました。最近も、数名の友人に質問しました。
 でも、自分に合った、コレというものが見つかりませんでした。友人は、お酒、映画鑑賞のお言葉・・・これは良さそうだと思って、実行。チャリンコを漕ぎに漕いで蔦谷に行き借りましたよ以前に紹介しました三島由紀夫原作 吉田大八監督の『美しい星』、 そして正月以来のビール。お酒は興味が無くなってしまったので、飲まなかったのですが、今年のお正月につい・・・今はバドワイザーが、スーパードライよりも安いのですね。ここで迷わずバドワイザーを五本をスーパーの商品券でゲット。DVDは有る。酒はある。さー飲むぞと思ったのでした。その前に、お風呂に入り、からからに乾いた喉に、ビール。これはたまらん・・・と思うも、風呂上りなのに、ビール二口、三口でテンション下がりました。灯台下暗し・・・身近過ぎて、気づきませんでした。僕のストレス発散方法はお風呂でした。気づかなかった。昔は浴びるほどお酒を飲んで、カラオケボックスでシャウトしまくる・・・でしたが、最近の若い男子はタバコを吸わないばかりか、お酒も無茶して飲まないのですね。私はストレス発散方法が見つかって本当に良かったと思っています。
 ただ、暴論かもしれませんが、ストレスの解消方法を模索するよりストレスをためない、心の根本治癒が必要かと思っています。それが出来てないと、どこに行ってもストレスがたまりやすいと思います。私事で恐縮ですが、私の心は偏狭で、頑固で 融通が利かず、年少者は、盲目的に従う、従うべきだと思っていました。なになに~すべき、こうすべき というべきが強すぎると思い至りました。それが通じないために、イライラ、ヤキモキして家に帰り、ストレスが-・・・ということになるのだと思います。折り合いをつける。自己の理想・欲求をイメージ通りに具現化できないことと折り合いをつけて生きる。折り合いをつけて生きる。難しいです。
  1. 2018/02/18(日) 00:07:44|
  2. 世迷言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オリンピック 聖火台の点火をする最終走者

オリンピック 聖火台の点火をする最終走者

 平昌オリンピックの聖火台に点火する最終走者は誰か???今日、ネットで知りました。キム・ヨナさん。そうか、その手があったか!!!と驚きました。けれど、かなり前から多くの方が予想していたのですね。
 東京オリンピッ久の聖火台点火最終走者を考えてみました。いろいろ、考えているうちに、最終走者は、一人でなければいけないのか???という疑問が湧きました。二人、或いは三人、もっというなら48人。でもいいじゃんと考えました。
 仮に最終点火者が三人なら、坂本龍一氏、北野武氏、宮崎駿氏できまりでしょう。

 よく調べたわけではないので恐縮ですが、その国の有名スポーツ選手が任にあたるそうです。ということは・・・イチロー選手でしょうか?
 東京オリンピックが楽しみです。
  1. 2018/02/10(土) 20:04:13|
  2. 予想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麗しのサブリナ

麗しのサブリナ

 と題しましたが、今日のお話はオードリヘプバーンの映画ではありません。ここで自慢なのですが、オードリヘップバーンを度忘れしていました。だったら、ネットで調べれば・・・そう仰らずに・・・暗記のハーバーのプライドが、それをすることを許しませんでした。数十分、脳をフル回転し、思い出しました。ひらめいた時の達成感。
 話が外れました。
 今日の夕方、本当に、昔、憧れていた女性に二十年ぶりに会いました。絵本作家デビューが決まったら告白しようと思っていた女性でした。私が勝手にオードリヘプバーンを日本人にしたとしたらこうなるなということにしていました。それほど美貌の女性でした。本当にバッタリあいました。
 きっと東大卒の官僚かなんかと見合いで結婚して、東京に嫁いだという私の勝手な妄想がありました。まさかこの片田舎に暮らしているとは・・・近所のスーパーは恵方巻きだか、カールーセル麻紀だかしらないが、昨日から、お寿司がなかったので少し距離があるのですが遠目のスーパーに行きました。近所のス-パーのお寿司は巻物に陣地を奪われたのです。少し遠めのスーパーは、いい本屋さんもテナントにあるので、それもかねて・・・そこの食品売り場で、再会してしまったのです。二十年間幻影を抱いていた相手に。(相手はもちろん何も思ってはいませんが)声をかけました。二十年前とは違うのです。彼女は声は変わっていたが、他は少しも変わっていませんでした。二十年前、声まで魅力的だった。アニメ声。学歴も難関国立大学卒。そして性格も純真無垢。こんな人いるんだーと、思っていました。三月、姿を消した消息を誰かに聞きたかっのですが、心の中で終わりにしました。それが二十年ぶり・・・そのころは、存在を知らなかったので、オードリヘプバーンを日本人にしたと思っていましたが、今、日本人で言うなら、のん 昔は能年玲奈に似ていると思います。
 でも、かなりオーラが・・・変っていました。それとも僕とあっても、そんなのどうでもよかったかな?盛り上がっていたのはこっちの方だった。でも、そんな迷惑そうでもないし、かと言って乗り気でもない。
 疲れているのかなーと妄想。ちょっと、かなりテンション上がりました。いや、今もこうして上がっています。でも、オーラが気になるなー・・・昔はプルシアンブルーの綺麗な色だったのに・・・茶色だったなー。
 なにか達成したら、アクションを起こそう。それは、駄目ですね。
  1. 2018/02/04(日) 00:41:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

画竜点睛と蛇足

画竜点睛と蛇足

 高校生の頃、どちらも国語の漢文を習った時、教わりました。ともに、絵の制作にまつわる話です。高校生のころはやりたいことはいろいろありましたが、自分に一番向いてない、適性がないのは、画家と福祉関係だと思っていました。が、今は・・・
 人間の記憶は曖昧になるもので、画竜点睛と蛇足を混同し、間違った記憶を形成していたことに気づきました。画竜点睛は、壁に描かれた竜に最後に目をいれたら、絵が竜になり天空高く舞い上がった。そういうお話だったかな?画竜点睛は最後の一番大事な仕事一番肝心な仕上げをいうそうです。画竜点睛を欠くは、最後の肝心なところでミスする・・・だったかな?
 蛇足は、余裕をこいて、早く蛇の絵をかけちゃったんで、蛇の絵に足を加えて、へびでなくなったとしてお酒にあづかれなかったお話。二つがミックスしていました。画竜点睛を欠くは、最後に目を入れなかったので、竜じゃないじゃんと恥をかいたお話と錯覚していました。
 また例によってフリが長いな。今日、九分九厘出来ていた絵に久しぶりに筆を入れました。なめていました。あと、1,2個の円球を書き込んで、額装して、はい一丁終わり、チャンチャンでした。それが最後の最後に来て、なんか気に入らなくなりました。あれほど、高名の木登りや、うさぎとかめを刻んだのに・・・喉元過ぎれば熱さを忘れる。まー、直しが必要といへども、一週間もあれば大丈夫でしょう。明日のことは明日にならなめればわかりませんし、一週間後にも確定していませんが・・・表記がC調でした。
 あと絵画制作と同時に、一日三枚と決めて小説も始めようと思います。絵をやって小説も・・・実はこれが頭がこんがらがらない方法かもしれないと思っています。前輪駆動だけより、四輪駆動の車のほうがパワーがある。それと同じだと思います。絵は、本当にもう少し、本当にもう少し。パソコンのことは、よくわかりませんが、デュアル・コア。これもマルチでいることの大切さかも・・・
  1. 2018/02/02(金) 00:39:13|
  2. 創作日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0