FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

絵のコンテストに間に合うか?

絵のコンテストに間に合うか?

 先週、絵本のコンテストの結果が送らせてきました。結果は選外でした。ダイエットをした雪だるま。ちょっと自信がありました。以前ひよっちゃって、これから新しく絵本制作から撤退するなどの弱気な発言をしましたが、まだまだ諦めないでいようと思いました。もしかしたら、児童文学のほうが向いているのか知れませんがが、もう無理というところまで絵本を頑張ってみようと思いなおしました。常識に縛られない自由な感性。

 それとは別に制作している絵。絵画コンクールのコンテストは7月下旬が〆切です。或る偶然から、描いたものが目の錯視のよって消滅し、再び、また本来描いたものだから顕れる。これって、すごい。ピカソ以降の平面絵画の革命じゃん!とワクワクして、描き始めたのですが・・・たまたま消えて現れたのは偶然なのかと思ういました。描いていて、モチベーションが下がりました。が、背景をすべて描き終えたら、まー、また筆を執るかと思いました。まーもう一作描いてみたいのですが時はゆるさず。今の絵を完成させたいです。こんなすごい、平面絵画の革命だと思っていたので、少しブルーになりましたが、不平不満を言うわず実行あるのみです。がんばります。
スポンサーサイト



  1. 2018/06/24(日) 02:56:17|
  2. 創作日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

訂正してお詫びします。

訂正してお詫びします。

 昨日の記事の、ことわざ、慣慣用句の勘違いと、、モーニングセットのサケの切り身の数え方の間違いがありました。
 枝葉末節にこだわって大事を駄目にする。それを、私は、木を見て、森を見ずと表現しましたが、なんか違うと自分で思いました。今日、ネットで調べると、角を矯めて牛を殺す(つのためてをうしをころす)とありました。、まさにそうでした。

 そしてもっと昔、サンマを二匹ではダメなんですか、サケを引き合いに出しました。切り身の数え方は、1枚、2枚。だそうです。
 牛丼チェーン店で、モーニングセット、サケの切り身はダブルで・・・なーんて日が来ないかな!昔の記事ならサケが一匹モーニングセットに出てきたら北海道は、えらい騒ぎだわね。

 まー長い目で見てください。
 
  1. 2018/06/17(日) 22:47:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時候の挨拶

時候の挨拶

 これが苦手です。5月、絵本の出版社さんに拙作絵本の3冊を目に通していただこうと思い・・・添える手紙のじこうの挨拶でまいりました。マニュアルがあるのだからと思いますし、それですませちゃおうと思うのですが、オリジナルのこだわり。。。風薫る季節から、そんなこんなで、梅雨の季節になってしまいました。梅雨の季節に、時下、皆様におかれましても、益々のご清祥のほどと・・・も変だし???変ではない?
 青々とした緑色の葉に雨の雫が時折見せる晴れ間の陽光によって、プリズムのように乱反射し・・・でどうだと思い打ち込みました。印刷。出来ませんでした。インク切れ。これは、止めろというサインか?よーく考えてみたら、絵本を見てくださるといった出版社さんは、北海道にあったのです。梅雨の時候の挨拶は見当違いで、間違っていたかわかりました。北海道に梅雨はないのですから。反省。さらに発見したことは、会社名の書き間違いでした。猛省。これでは、手紙を添えず作品を送るだけよりももっと失礼だと思います。送る前に気付いて良かったです。木を見て森を見ず。私の多くの欠点の中でも、一番の欠点です。
  1. 2018/06/17(日) 00:21:22|
  2. 世迷言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

記事にするアイディアが浮かびません。

記事にするアイディアが浮かびません。

 土曜の深夜、記事をアップするということをどこかで、私は申しましたが今日思いつく、ネタのすべてが中途半端で、記事にする記事にさへ思い浮かびません。黒木渚さんというシンガーソングライターで、小説家の作品の感想を述べようと思いましたが、『本性』は読んだものの『壁の鹿』は読み始めたばかりです。中途半端に感想をかけず、それでも・・・と思いましたが、結局、断念しました。
 今週はいろいいろありました。言い訳ですね。斟酌のほどを宜しくお願いします。とにかく眠いです。!
  1. 2018/06/09(土) 23:49:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手帳に殴り書きがありました。

手帳に殴り書きがりました。


 1頭で感じて、ハートで考えろ

 2過去と未来は双子の兄弟

 3未来が判れば、過去がわかる

 4自分の未来のために現在を生きろ

 5過去と未来はいずれ一つのループになる

 6逆風という光

 7私がコンパスなら、半円、半径が過去で、πは未来

 ---------------------------------------------
時系列に関するものが多いですかね。
  1. 2018/06/06(水) 05:41:00|
  2. メッセージ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダンボールのデザイン

ダンボールのデザイン

 ホームセンターで扱っているダンボールが弱い。すぐに壊れてしまう。そこで、郵便局のゆうぱっくの白いダンボ―ルに目を付けた。
 厚くてすごく丈夫だ。でも、郵送しないのに、ゆうぱっくのダンボールを購入していいのか?疑問がわいた。そこで局員さんに聴いてみると、「ただたんにダンボールとしておつかいになってもいいです。」という答えを頂いた。 まー、スーパーでダンボールを頂いてきてもいいと思うが、なにせ、スーパーのダンボールのデザインの芸術性の無さ!デザインされたお洒落なダンボールがあってもいいと思うのは私だけであろうか?日比野克彦氏のダンボールアートまで行ってしまうと、どうかとおもうが、ミカンの入っていたダンボール・・・私はいつも画一化されたダンボールを見てデザインの必要性を痛感します。安部公房氏の『箱男』なら、ダンボールのデザインには反対だと思いますが・・・私の描く絵はよく、ジミー大西氏の描く絵に似ていると言われますが、私はマネをしているわけではないし、氏の描いた絵をそんなにみたことはないで内心複雑です、まー褒めていただいているんだなーと善意に解釈しています。
 一度、ジミー大西氏が色を付けた車を観ました。驚きました。ダンボールのデザインをジミー大西氏に依頼してみたらいいと私は思います。
  1. 2018/06/05(火) 05:52:27|
  2. 企画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サンマ2匹から見える日本経済。

サンマ2匹から見える日本経済。

 昨日の夕食で、サンマを2匹食べた。食す前に自分では大いに満足するか、芥川龍之介氏の『芋粥』のようになるか?全く予想できなかった。
 感想はそんなに悪いわけでもなく、そんなに良くもなかった。夕食は、一善と決めているが、二膳食べてしまった。ただただ量が増えた。それが実直な感想でした。ただ、その後、襲った自己嫌悪。いかにサンマがスーパーで2匹で、276円だからと言って、食してはいけなかったと後悔した。なぜか、ここ最近、日本の景気が良いと感じているのは私だけでなないだろう。それで、2匹食べるというイケイケモードにスイッチが入った.。
 先の5月27日のJRA主催の日本ダービーをスマホで観た。競馬場に押し掛けたファンが13万人・・・バブルの時代を思い出した。あの頃に似ている。ふと、そう思った。大衆の潮目が変わった。そうも思った。オリンピックがあるので2020年までは日本経済は持つか、ぎゃくに大きく登っていくかするだろう・・・でもオリンピック後・・・ちょっと怖い。今の経済はバブルだと思います。腕に職をつけるという言葉がありますが、私は、頭に職をつけたいと思います。多国語の習得。でもAIがあれば、通訳なんて朝飯前かも。AI関連の企業の株は・・・なーんて、私は株式なんてしないのです。株をやってもうかれば、証券会社に勤める人はいなくなるとおもいます。あえて、会社勤めをしなくても、自分で金を借りて、投資すればいいんだから。好景気に気を取られ、サンマを2匹も酔狂で食した自分が情けなかったです。ただ、3,4年前から食事の準備後片付けをするようになりましたが、最近、生のサンマがグロクて、蛇に観えて気持ち悪くなりました。飽食の時代の象徴ですかね・・・焼いたのを見るのは平気なんですが・・・
  1. 2018/06/02(土) 22:53:39|
  2. 予想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0