FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

教育

教育

 まだ私が学生だった頃、教職関連の科目だったと記憶しているが、教育学の教授に、「教育ってなんなんですか?」と質問した学生さんがいた。教授は、迷いなく「その国の文化・伝統の継承」と言い切った。その発言を元に私は考えた。この国の悲劇は、大平洋戦争で、文化も伝統も、木っ端みじんに弾け飛んだからだと思った。どこかの教員採用試験で、基本的な和食の配膳で、煮物の皿はどこにおくかという問題も出されたそうだ。私にはわからなかった。その教授がおっしゃるには、夏目漱石原作『それから』の映画で、藤谷美和子が演じた女性が食事のシーンで、お茶碗におひつからご飯をしゃもじですくい、一回でお茶碗にもったはいけないことだと教えてくださった。一回きりでしゃもじでお茶わんにもるのはいけないそうだ。その教授から私はレポートのホッチキスの打ち方で怒られた。こういう無神経さは・・・と注意された。ずっと忘れていたが最近ふとしたきっかけで思い出した。この地方の町内会では広報を配る仕事がある。私はしているのだが、雨が降って広報が濡れては大変なので透明なビニールの袋に入れて、袋を折ってセロテープで封をする。そのセロテープを貼るときに教授の注意を思い出した。きっちと正確に細心の注意をもって・・・

 教育 英語にするとeducationだ。では、このeducationとはなにかググってみました。educateの語原はラテン語のeducatusで、eは「外へ」を意味する接頭語で、ducereは導くで「能力を導き出す,引き出すという意味になるという。
 谷崎潤一郎氏の野川先生、稲葉先生、三島由紀夫氏の清水文雄先生、文豪には、影響を与えられた恩師がいるのである。清水書院 人と作品12 谷崎潤一郎から引用 どんな人でもそうだが、先生にめぐまれると、生徒は自然に勉強をしたくなるのである。むろん、谷崎は生れつき頭がわるくて落第したわけではない・・・(中略)一学年の終業式には生徒総代になった。野川先生も、谷崎の恩人であるが 稲葉先生は、それ以上に谷崎に影響をあたえたそうだ。先生は教科書を使わず、ふところにいれた本が出た。時には漢語であり、ときには仏教書の時もあった。弘法大師の『三教指帰』。道元の『正法眼蔵』・・・いまの時代、どれだけの教諭が、仏教に関しての知識があるだろうか?氏の『少将滋幹の母』はもとより源氏物語も平家物語も仏教的な知識がないと深くは理解できないと聴いた。今の高校の国語教師のどれくらいが仏教的な宇宙モデルを語れるか・・・怪しいなと思う。なぜ、こんな話しになったかというと、香港のデモを知ったからだ。香港の若者の政治参加・意識の高さ・・・それれは香港の教育制度にあるのではないかと思いググった。不良債権の公的資金投入、最近では年金問題、なんで日本人は他人事なのだろう。これも日本の教育制度にあると思いググった。多分、管理教育だと狙いをつけて・・・あった校門圧死事件。これは遅刻は絶対に許さないという学校の方針のもと時間になったら有無を言わさずこうもんをしめていたのだという、ある日、遅刻をしまいと飛び込んだ女子高校生が、教師が閉めた門と門中の間に頭を挟まれて死亡した事件だ。管理教育。生徒はロボットの部品になるり、社会の歯車となるよう教育されたようにしか思えない。尾崎豊氏は、管理教育に刃を向けたが、挫折した。が、社会の要請なのか、今度は自主的に考え、自分の頭で考えて行動できる人材を作ろうと・・・なんなんだ。それで大学入試の問題も変わるという。それも駒。日本の偉い人は、国民を駒の様にしか考えていないと思う。自分の思う通りに動かせると・・・自由も危うい概念である。諸刃の剣。自由の森学園。星野源さんが卒業生だそうで注目があったたが、かなり前に、知り合いが卒業したが就職できなかったそうだ。それで大学の教育学部に入り、・・・その後は知らないが、良い先生になったと思う。
 文化・伝統の継承
 あまりに終戦はむごすぎたと思います。私は人から読書家だと思われているようですが、多くの作家というより、一人の作家と決め打ちしたらその作家、また時代も戦前・戦中:戦後 第三の新人くらいまでです。レ・ミゼラブルもパルムの僧院、老人と海も読んでいないのです。大きな価値観の崩壊 それにともなう虚無、今思えばですが、失われた世代があったかも・・・まー今後、読んでいきたいと思っています。憲法九条だけは守らねば・・・空想小説でも書いてみるか・・・20XX年 とうとう日本は憲法九条を国民投票までもっていき、国民も賛成し、改憲。自衛隊は自衛軍に、その後、日本軍に、迫りくる世界最終戦争・・・日曜日の午後に考えることではありませんね。10年後の日曜日の午後も気兼ねなくブログネタをなににするか?迷えるような国でいてほしいです。

世界の最小の単位であり、民族の最大の単位であるのが国家である。不肖 HABOR33
スポンサーサイト



  1. 2019/06/30(日) 17:42:15|
  2. 意見
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

解き放つのは・・・

 解き放つのは・・・

 今、かなり迷っています。原因は30数年前の『写ルンです』 です。カメラ屋さんで現像ができるのかという疑問もあります。初めの四枚は入学式の際に校門で撮ったものですが、あとは何を写したのかわかりません。今回、手元に戻り、梱包していた絵を開封したら、こんなにも運命が変わるとは思わなかったので神秘主義というかオカルトと申しますか?目に見えない世界を信じるようになりました。絵は17年前に(まだ、構図とか配色がジャンジャン天から降りてきた)絵がかけたころのです。ずっと押し入れに閉まっていましたが、数年まえパート先で、飾らして欲しいと頼まれたか?或いは自分から飾ってほしい?と頼んだのか?忘れましたが、絵は嫁いでいきました。そして今年の春のコンクールに出品するために、いったん事務所から却させてもらい応募。結果は入選でした。5月下旬の一週間くらい、大阪の芸術センターで飾られていました。それが、返還されてきました。しばらく梱包されていましたが、梱包を解き放ちました。そしたら、運命がガラッと変わりました。良い意味で・・・ジャンジャン好転する。でも、将棋の大山康晴十五世名人のお言葉。うまくいっているときこそ考える。肝に銘じています。調子に乗らないようにしています。写ルンですの封印を解くか???聖書のヨハネの黙示録の様に封印を解いたら・・・またはパンドラの箱のようだったら・・・迷います。こういう時に背中押し屋さんがいたら、良いのにと思いました。背中押し屋というのは、私が考えたビジネスです。なんか岐選択の、或いは人生の路に立たされた時、どっちに行くべきか悩んでいる人の背中を押してあげる・・・そういう人です。周りの人に話したら、笑われて終わりでした。ユーミンのやさしさに包まれたならではないですが、解き放つのはいまでしょうか?こういう時に、背中押し屋さんがいてくれたらなー。そもそも現像ができるのかわかりませんが・・・
  1. 2019/06/25(火) 07:16:37|
  2. 世迷言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自由

 自由

 先週、昔、視聴していたインターネットサイトの『NHKワールド』?(正式名不明)の英語ニュースを観てみようと思った。なに、英語がわかるわけではない。パハップス、2、3、4年前、当時51歳であられた郵便配達員さんが、この英語ニュースを独特の勉強法で使いTOEICでものすごいスコアーをたたきだしたというニュースがあった。私も、さっそく同じ方法をとったが、1週間くらいで挫折したと思う。その数年前のコピーがこの前の大掃除で出てきたのだ。
 それで、先週の火曜日か、水曜日に、アクセスした。タイトルが変わったのか?見当たらなった。それでも題名は違うものの英語のニュースがあった。その英語のニュースが聴き取れたら、片田舎のディレッタントなどしていない。でも、半分はわかりました。香港で、暴動← これは違います。私の拙いリスニング力とカン違い。暴動でなくデモ。座り込んだりしたもののデモが終われば、参加者は帰ったものの、残った人々が、警察と衝突。パソコンの画面ニュースには市民と警察の激しい衝突で、私は恥ずかしながら暴動と思ったのです。今日もデモは香港で行われているという。

 逃亡犯条例改正案へのデモ。逃亡犯条例の改正案が通ってしまえば、中国政府による香港統治が迫るという不安。今になって思うのだが、昔『セブン・イヤーズ・イン・チベット』を観た。チベットの僧侶が中国軍に殺されていく・・・恥ずかしながら、チベットが中国に軍事侵略されたということは知りませんでした。中国の脅威。今まであまり意識したことはありませんでした。かつてテレビ番組で、元会社社長が「尖閣諸島、あんなの中国にやっちゃえばいいじゃないですか。」と発言していました。金 美齢氏が、中国は沖縄も攻めてきますよ!とものすごい危機感を感じているようでし、これも某社長は「国連とかあるし、攻めてきませんよー。」という発言をしていました。私もさすがに、中国は沖縄を侵略してこないだろうと思っていましたが、中国。香港・台湾・・・思い起こせば天安門事件。なにするかわからない。自由の大切さ・・・
 過去に、私は仮面ライダーのショッカーがなぜ悪の組織なのか、ショッカーを悪の組織と決めつけるなら、その根拠は何か?哲学してみたことがあった。哲学思考が苦手な牡牛座。すぐギブアップ。ネットで調べて、あーそうか、なるほどねーと思った。そのサイトには、ショッカーは世界征服をたくらみ、人々の自由を全て奪おうとしているからとあった。そうか!と思った。悪の組織とは自由を奪うもの。
 香港の市民運動を注視している。市民の力で政治を変えられることがこの目の前で証明されたら、日本人もNOはNOと言おうという市民が増えると思う。住基ネット。私は大反対だった。それがあれやこれやで、マイナンバー制度。えっ と思った。特定秘密保護法も騒いだ割には、すんなり通った感じがする。私はあきらめていた。唯一の抵抗は選挙で野党に入れるだけだった。シールズにも期待したが、どうなちゃたんだ???。日本人。大人しすぎると思う。憲法9条の加筆・改憲。選挙権も18歳に引き下げたのは(飲酒喫煙は二十歳からのまま)憲法9条を変えて、国民投票の是の票をすこしでも増したいからなのではと勘ぐってしまう。管理教育って今の状況を作り出す布石だったのかもしれないと思っている。上から言われれば、自分の考え・主張なしに従ってしまう。 国民は不良債権の公的資金の投入も誰も非を言わなかったんじゃないかと思う。、時期は違うが退任したフランスのサルコジ大統領は、さぞかし、日本の首相をうらやましかっただろうなーと思う。なにやっても日本国民はしたがちゃうんだもん。
  1. 2019/06/23(日) 12:31:55|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白い幻

白い幻


 白い幻

 あの女性(ひと)への想いを募らせて白い便箋に書いたラヴ・レター
 手が届きそうで届かない
 はかない想い、あの女性(ひと)への片想い
 告白する勇気もなく、白い砂を手ですくったようにあの女性(ひと)の幻は消えていく・・・。

 片想いをするから、淋しくなるのか?
 淋しいから、片想いをするのか?

 詩を書くから、無口になるのか
 無口だから、詩を書くのか?

 真昼の白い月に照らされたあの女性(ひと)の幻
 消えそうで消えないなら、いっそ消えてしまえばいいのに。

 そうすれば、僕は眠れる。
 


天秤座・牡牛座の形は、『星座への招待から』模写しました。この本、小学5年生の頃に買ったものです。
  1. 2019/06/09(日) 10:20:26|
  2. 絵ポエム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

本屋さん 服屋さん(SHOPっていうのかな?)

本屋さん 服屋さん

 夕食の買い出しに行くスーパーを変えました。ちょっと距離が延びますが、ダイエットにはいいとプラスに考えています。本当は歩いていけばダイエットには効果的ですが、脚がしびれて長い距離を歩けないので、ちゃりで通っています。今のスーパーには本屋さんがあります。チェーン店ですが、UP TO DATEで、売らんかなーな商魂が素敵です。コンビニのネットや、他のネットでも本を買うので、AIを使っているのかもしれませんが、履歴から、こういう本もありますよーとか、出てきますが、全然、外れています。思い付きや、ひらめきは人間固有のものかもしれません。昨日、読み返した『ノルウェイの森』の一挿話。、ダブルヒロインの一人の緑という女の子が、実家の書店の規模の小ささを悲しげに説明する箇所をみました。(『戦争と平和』、『性的人間』、『ライ麦畑』 がないと・・・まー1970年の前後2,3年くらいの時代なので、今とかでは比べられませんが・・・今日、夕方、本屋さんのあるスーパーに行きましたら、大江健三郎氏の文庫は一冊もありませんでした。ちょっと前に、村上春樹氏が翻訳なさった、The catcherr in the ryeは、もしかしたら単行本はあるのかもしれませんが、白水社の『ライ麦畑でつかまえて』は、探した限りありませんでした。が、『星の王子様』を倉橋由美子氏が翻訳されていたことを知ったのは収穫でした。仏文科卒だったのですね。大学院にも駒を進めた。『パルタイ』も本棚にあります。僕の部屋の本棚には「性的人間』もあるし、一階の本棚のどこかには『ライ麦畑でつかまえて』や『戦争と平和』の1巻はあるはずです。『戦争と平和』は伯爵夫人とか、公爵夫人とか、侯爵夫人とか,、登場人物が多すぎて、僕の頭では理解不能・で挫折しました。でも、『イワンのばか』って読もう読もうと思っていたので、買いたいです。電子書籍が台頭しだしましたが、本の情報取得は、やはり本屋さんに限るのでしょうか、いつか電子書籍が、とってかわるかもとと思っていましたが、実際、この手に取ってみないとだめですね。服屋さんも。ネットで服を買って懲りたというか・・・やはり、この歳になるとデザインよりも、着心地・肌触り・・・お店によって、この手で五感で、たまにシックスセンスで服も買いたいです。イオンモールには大きめのサイズの服もあるし、外付けキーボードも・・・ 今日、本屋さんによって、情報収集はAIでなく足だと思いました。今のところですけど・・・。
  1. 2019/06/03(月) 23:25:46|
  2. 世迷言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

外付けキーボードに・・・

 外付けキーボードに・・・

 外付けキーボードに、コップの水をこぼしてしまいました。マザーボードじゃないから、大丈夫だと思っていましたが、文字入力できなくなりました。がーん。前回の外付けキーボードに(こういうこともあるかもと深謀遠慮で、キーボードにレシーバーチップ(正式名不明)をセロテープで貼って止めて保管していましたが、レシーバーがみあたらないので、前の前に使用していたキーボードで打っています。PCのUSB挿入口も壊れているため、無線の外付けキーボードしか使えません。キーボードの沈み込むタッチは苦手です。水をこぼしてしまった外付けキーボードは超薄型でピッピッと反応してくれて・・・

 娘さんに忠告がもしあれば、電気製品をやたらと壊す男には惚れるなです。山男にこそ惚れろと諭します。唄が古いかな?本当に俺はだめだ。
 話は脱線してしまいましたが、今週にもイオンモールに行こうと思います。どこの電気店も外付けキーボードのキーが沈み込みすぎて・・・イオンモールで、やっと探し出した無線の外付けキーボード。近々、買いに行こうと思います。スマホでもできるのですけど、やはりなれの問題で・・・閉口です。まー型番がわかるのでネットでもいいかも・・・あるかな?
  1. 2019/06/02(日) 23:34:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0