FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

着眼点はよかったものの・・・

着眼点はよかったものの・・・

 新しいおにぎりを考え付きました。それは何かと言いますと、海苔付き白飯と具のセパーレートです。なぜ、これまでおにぎり本体と具である、明太子、ツナマヨ、梅、昆布、・・・etcをわけないでいたのだろうか。白飯おにぎりのトッピングとしての具。それを友人に行ったら、コストもかかるし、生ものもある、衛生の問題、・・・着眼点はよかったとのご意見。それまでは、おにぎりの革命だと思っていました。だって、おにぎりセットに、漬物はつく。でも、それが限界だ。海苔白むすびに、トッピングとしてのツナマヨや、明太子が付く。が、今、こうして書き進めていて、コンビニの単品おにぎりでは、私の企画は通用しないが、2,3個のおにぎりセットでは、現実味はないであろうか?否、ある。海苔白むすびに、トッピングとしての具。
 誰か、私のアイディア、買ってくれませんか???
スポンサーサイト



  1. 2019/08/25(日) 08:43:03|
  2. 企画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長い間

長い間

 長い間、留守にしてすみませんでした。今日から復活します。
 お盆さん前に大掃除をしたら二十数年前に書いた詩が、
自分の部屋から出てきました。

 それを見てください。

 卒業写真、或いは俯く私

1俯(うつむ)いたままの卒業写真
 あなたの周りにはいつも明るくてkawaii女の子たちがいた。
 グループに入れなくて淋しかった三年間
 一人ぼっちの私は
 告白さへできないまま
 こんな、私、可愛くないよね
 
2 暗号で描いた卒業ノート
  他の子に貴方への想いを知られたくないから
  暗号を組み合わせて綴った卒業ノート
  シャイで無口私は、
  告白さへも暗号のまま
  こんな私、可愛くないよね

3 えんぴつ通りの電話ボックス
  出発(たびたつ)あなたに想いを伝えたくて
  入ってからに時間が経過(たった)一人の小箱
  勇気のない私は
   最後の電話番号が押せないまま
   こんな、私、迷惑だよね。

------------------------------------------------
ネガティブすぎる。が、恋だ、愛だ、元気だ、、明るく、たまに懐古的な
音楽が席巻している今、超ネガティブで暗い詩に音楽つけてみますか!
作曲は今のところ出来ないから、誰かに頼んでみて・・・?
 とりあえず20の詩を書かねばならないな・・・『水虫の女』 
『やっぱり、好きになったら迷惑ですか』、『恋人失格』、『お葬式で笑ってしまう』、『恥知らず、親知らず、世間知らず』、『大人になれない』、『私、本当に生きているんですか?』、『私、本当に生きていていいんですか?』『虫けらのような私』、『誰か私を殺してくれませんか』
・・・もう、本当に暗い詩。聴いた人が、まーこれだったら、私、そこまでじゃないと勇気が持てる。ような楽曲
 
 吉田美和なんかに負けないぞ・・・


作詞 虫けら
作曲 塵芥

  1. 2019/08/17(土) 13:13:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0