FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

やる気になりました。

やる気になりました。

 まず、疲れでPCを開けない日がありました。10月の絵のコンテストにも制作する気が失せていました。

 img029.jpg

 この絵はコピー用紙にプリントされたものしか存在しません。確か、年賀状に(PCの知識が皆無なので)あれこれ、キーをいじっていたら、偶然出きました。まだ、絵の女神さまに愛されていたころなのかなー???前に、一回アップしたでしょうか?これを、コンクールで指定されている大きさにあうキャンバスに描き写すだけ・・・描く気がしない。だるい、気がのらない、やる気がない、まー出品料も高かったのです。
 どのくらいの出品料かというと、ある方から教えてもらったギャラリー併設のカフェで、一週間個展が開けるくらいです。そのコンクールの傾向は(僕が勝手に考えたのですが画力命・・・16年前に応募したのです。結果、落選。けれど、今年、他のコンテストにその絵を出したら入選はしました。)まー保守的???で、やる気がなくなり、小説を描きだそうっていましたら、宇宙の絵を偶然探し出しました。これだー、その絵は月の絵が描けないのでお蔵入りしていたものです。
白い幻

 この絵以外に、(この絵は一度描いたもののコピーですが)二科展デザイン部に応募しようとB2の木製パネルに画用紙を水張りしたものに描いたものを発見したのです。これだー!!!また首の皮 一枚でつながりました。

 来年の初春にあるコンテストにこの2作品を出そうと思っています。月の描き方は、ネットで調べられます。まー。たまたま今日は気分がいいのでやる気にはやっているのかも入れませんが・・・。マルチにやる大切さ!絵が描けなくなっても小説・手記がある。小説・手記がだめでも、童話作家がある。絵本がある・・・でも、押し入れから今まで描いてきた絵をすべて出したら、あまりに少なかった。  
 それでも、絵画以外に絵本の絵が13枚と26枚。それでも少ないなー!もくろんでいた県立図書館の貸し出し空間で個展はできないなー。と思いました。17年間(全く描けなかった時期も含めて)やってきた割には作品が少なかった。まーこれから一歩一歩やっていくさ。
スポンサーサイト



  1. 2019/10/26(土) 14:50:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

恥じ入っています。

恥じ入っています。

 下の記事↓削除するのは簡単ですが、この教訓を生かすために、すぐにも削除したかったのですがあえて残します。ただ、私はマスコミの(特にテレビ)報道に疑問を感じていて、いら立っていました。話は飛びますが、受動喫煙なんて本当でしょうか?喫煙が肺がんの原因になるのでしょうか?高齢ドライバーの事故の報道。最近になって高齢ドライバーの事故が急に増加したのでしょうか?
 いつかまだ部屋にテレビがあったころ、テレビで北野武氏も発言されておられましたが、マスコミは、ぎゃーっって集まって、ぎゃっ-て去っていく。本当にそうだと思いました。そのいらいらが、私を駆り立てました。
 でも、事実は事実。亡くなられた方や、けがをした方々、住むところをなくした方々、もし、このあの記事を読み憤りされたとしても弁解の余地もありません。すみませんでした。
 私は自分自身の能力を過大評価もしていました。台風はこの市に来るかどうかは、わかるのです。具合がものすごく悪くなるから・・・です。いままで、台風が来るときは来る、来ない時は来ない。(あくまで私の住んでいる市ですが・・・)予想が外れたことがありませんでした。今回の台風予報が出ても、私は元気・調子がいい→台風は来ない・・・と拙作ブログで自信満々に予言。返す返すお詫びします。すみませんでした。
  1. 2019/10/20(日) 01:33:44|
  2. 意見
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

過剰

過剰

 プロ野球のセ・・パのクライマックスシリーズが、明日12日の試合は台風が来るという予想で延期・順延になったと昨日10日に知った。私は???だった。そしたらJR各線の運休。まー、空の便の欠航は仕方がないですが、AKBの握手会も中止になったか順延になったかしたようだ。まさに過剰対応だと思います。私はここから先は過剰であると判断することに絶対な自信を持っていて、まさに今回の社会の対応は過剰である。まー東海・関東甲信越直撃だそうですが、私に住む市は台風は素通りか、こないか、きても数十ミリの雨が時折降るくらいが関の山だと思います。私の市は台風の影響はない。でたらめな報道に皆さん、まきこまれないでください。
 
  1. 2019/10/11(金) 23:46:55|
  2. 意見
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蜜蜂と遠雷 恩田陸著

『蜜蜂と遠雷』 恩田陸著

 恥をかくところでした。といいますより、合縁奇縁と申しますか、不思議な偶然が重なってこの小説を買いました。三人でおしゃべりをしていまして、そのうちの一人が、ピアノがものすごくできることがわかったのです。その一人も家にテレビがない人でした。そしたらもう一人が、今、ピアノの映画をやていると言い出しました。僕の部屋にはテレビはないですが、居間にはあります。そこで、チラッと
『蜜蜂と遠雷』という映画の宣伝を数回観ました。某様のブログで、この映画を紹介されていて、これは流れ的に買いでしょうと思い
以前述べました、本屋さんのあるスーパーへ。が、この小説がない。ここは流行りの本をセンス良くそろえていて、アップ テゥーデートな本を買いやすいお店です。売り専で、性的人間もなければ、ライ麦も、戦争と平和も、魔の山もないでしょう。ですが、映画化された本は当然あるでしょうと、金・土・日といきましたが見当たりません。一言、個人的なことを申せば、ここの書店員さんに僕は嫌われています。いいおっさんが、欅坂だの日向坂など・・・。雑誌は豊富なので買い求めていたのです。僕は、その書店では何も言わず、家に帰りました。みつばちととうらいという本はありますか?とは聞きませんでした。
 そして家に帰り、ラジオでもこの本が紹介されていて、『蜜蜂と遠雷』は、みつばちとえんらい とパーソナリティーさんは言っていました。みつばち(さすがに、これは読めます)。僕はこのラジオ放送を聞くまで遠雷(えんらい) これを とうらい または 久遠のおんで おんらいと読んでいたのです。辞書でも調べました。遠雷 遠くでなる雷のこと 夏の季語 だそうです。みつばちとえんらい 遠雷なんて言葉を知りませんでした。ただ、雷つながりで 小川洋子著『博士の愛した数式』の遠雷のシーンを思い出しました。雷には性的な高揚を促進する効果があるのか?『博士の愛した数式でも』家政婦さんと老紳士のいる部屋に、外では雷鳴があり、読んでいて、この二人どうなっちゃうの???というスリリングさがありました。その効果を盛り上げたのが雷。 タイトルの蜜蜂というのは小説の始まりで わかります。ただ、この遠雷が???まだ、5,6分の1しか読んでいません。物語でいえばピアノコンクールにでる4人のバックグランドが出そろったところです。どうなるか?映画を観に行こうかな?
  1. 2019/10/09(水) 06:47:57|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0