FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

それが本心か!

それが本心か!

 丁寧で礼儀正しい店員さんだった。コンビニの話です。はきはきして礼儀正しく、親切だった。それは、新しいコンビニのマニュアルだろうなと邪推の隙間もないくらい文句のつけようのない接客だった。その店員さんがしていたメガネに視線は向けられた。私は店員さんに、そのメガネが何処で買えるのですか?と尋ねる前までは・・・完璧な接客でした。
 私の質問の後、今までとは態度を豹変させ、メガネ〇〇〇と、ほぼ捨てゼリフをはくように、ぶっきらぼうに応対した。今まで、散々、明るく接客してくれたジャン。あれは嘘とまで言わずとも演技だったの???
 新しいメガネが欲しいとおもっていて、まさに欲しいメガネを店員さんがかけていたから・・・なんだよとムッとしてしまいました。

 話は変わりますが、10年間ほど放置させたままだった万年筆
 インクを買いに、この地方の中心街にある老舗の万年筆屋さんに行きました。
 店員さんが、かなりの手間をかけ、直して下さいました。そしてインクをワンケース。全部で420円との事・・・手数料は?と申し出ると、お気づかいなくとのことでした。 手間のかかる作業をこの目で観ていたので、それじゃー等価じゃないと思いました。
 それで水性ボールペンを三本買いました。私だけかもしれませんが、お店でなんか親切にしてもらうと、悪い気がしてしまって、買おうと思っていたのよりももっと多く買ってしまいます。だからと言って、私は人気者ではないのですが・・・
接客・・・お客様の立場に立ち、どうしたらお客様の、こころの琴線に触れるか・・・琴線に触れた接客は、金銭になって返ってくる。すみません。オヤジギャグでした。コネタつくりました。
 とにかく想像力の欠如した日本人が多くなった気がします。店員さんもお客さんも・・・でも時代はさかのぼれないというし・・・仕方がありませんね
スポンサーサイト



  1. 2014/07/16(水) 20:47:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<メールのソフトを開発される方々へ | ホーム | タバコにまつわるエトセトラ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harbor33.blog.fc2.com/tb.php/114-1c2ead40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)