FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

谷崎潤一郎著 『刺青・秘密』を再読

 いきなりですが・・・

 金曜日に、仲間内で、谷崎で、お薦めの本はありますか?と尋ねられました。私は思案しながら、(新潮文庫から発刊されている谷崎潤一郎氏の小説は全て読んでいました。けれど、それはもう、二十数年前のこと・・・こと細かい記憶はないのですが、)ミステリーのような構成で、書かれた、氏の『鍵・瘋癲老人日記』にドキドキし、『鍵』がお勧めだと思い、そう答えました。私も、薦めた以上、再読しようと思い、本棚の奥を探しました。まさか。、自分が再び谷崎潤一郎氏の小説を読もうと思うなんて・・・ないなーと思っていました。本棚に、あるある、でも、再び谷崎潤一郎氏の小説は読もうとも思いませんでした。アブノーマル・・・怖いよーと思いました。何故、学生のころ、あんなに谷崎潤一郎氏に惹かれたのに・・・ 『刺青』なんて、ものすごく嵌まって、美容室を舞台に書きたいなーと大学一年生の頃は思いました。結局、文芸部に在籍したのに、小説はかけませんでした。だって、文豪の先生方がものすごいんだもん。結局、26,7歳の時、『picture』という短編しかかけませんでした。それぐらい、才能がなかったのです。努力もしませんでした。今はね・・・でも、生きていれば一作は誰でもかけるそうです。話が脱線しました。
 他の谷崎氏の文庫本はあるのに、『鍵・瘋癲老人日記』だけが欠けています。これって何かの啓示かも・・・谷崎氏にはかかわるな・・・そう言いつつも、『刺青・秘密』を読んでしまいした。谷崎氏は、耽美派の作家とされていますが、まさに・・・です。
 『鍵・瘋癲老人日記』は読もうと思います。
 
スポンサーサイト



  1. 2015/04/15(水) 18:51:03|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<本を買いに行きました。 | ホーム | 作詞家さんにもなりたい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harbor33.blog.fc2.com/tb.php/136-2760d750
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)