FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

哀しい生き物Ⅵ

哀しい生き物Ⅵ

 真理子の酒量は常軌を逸していた.。もともとお酒の量が多かった真理子だが、楽しく笑い、飲み、開放される・・・同席者達へも、皆に平等に振る舞い、楽しいお酒のみだった。まだ、早乙女君に合う前に、頭が空っぽ男共に頻繁に、バーに誘われた。誘われて悪い気はしないので、ついてもいっていた。カフェバーなんかがやたらとあった時代だ。馬鹿な男は、酔っ払わせれば、女はオチルと本気で信じているようだった。最後の決め手はスクリュードライバー、必ずだった
カラオケパブで、浜田省吾の『もうひとつの土曜日』を歌う野郎がいるように・・・いまとなっては、白亜紀のような化石たち・・・

 食前酒でホワイトのカクテルドレスを着たときは、マルガリーターを注文すれば、マルガリーターに関するうんちくをきかされ、シンガポールスリングを頼めば、またうんちく・・・閉口ではあるが、慣れてしまえば、いい気持ちになるし、麻布のバーで飲んでいる自分は、田舎で育った私を、なんかワンランクもツウランクも階層を登ったような感じがしていた。そんな自分を愛してもいた。スクリュー・ドライバーは、ウォッカベースで作ることを、誘った男友達の何人が知っているか怪しかった。そこでスクリュ-・ドライバーなんかで酔わないように、ウォッカを生地で飲む訓練をつんでいた。

 それから10年。今、飲んでいるのは、ワンカップと、自販機で買う、980円のウィスキーのボトルだった。
 生きがいがない・・・何のために生きているか判らない。生きる目的もない。その悲しみを埋めてくれるのは、お酒しかなかった。
 夫がいてくれる夜はいい。が、夫が会社に行ってしまい、しらけた日常が来る白日。もう、お酒は今日でやめよう、今日でやめようと念じつつ、それでも止められなかった。浜田省吾の『もうひとつの土曜日』でなんかでオチル女の子の気持ちがわかった。
 お化粧も・・っていうか鏡で自分の顔を観るのがイヤだった。若く美しい自分。砂時計のように、こぼれ落ちていく、容色の美しさ・・・喪失。真理子が生きていくには、或いは今日をこなすのは、お酒しかなかったのだ。
スポンサーサイト



  1. 2015/06/07(日) 14:04:30|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ラストシーン | ホーム | タイムカプセル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harbor33.blog.fc2.com/tb.php/154-342666d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)