FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

『コンビニ人間』村田沙耶香著を読みました。

 村田沙耶香著『コンビニ人間』を読みました。さやかの字が難しいです。
 昔、僕はある短編小説の構想を練っていて、付き合い始めた彼が、レンタル店かなんかで、しいなりんごを、フルネーム漢字で書けないことに、彼女の100年の恋はすっかり冷めて・・・・『全てが冷めるとき』という短編の小説を書こうと思うんだけどあり得ると思うか?と同志の女性に聴いたら、女が、そんな理由で別れませんよとのお答え・・ 
 とにかく、今年の芥川賞受賞作を読みたいという、ミーハーなノリで、書店に・・・沙耶香どころか村田も忘れる・・・でも、タイトルと、あらすじが克明に覚えていたし、今年の、芥川賞受賞作を記憶したので、迷わず買い求められました。書店員さん。ポップありがとうございます。
今後のこの作者の凄い可能性を感じました。その稀有な才能に惚れ込みました。って2003年に『授乳』でデビューしていたんですね。現代日本文学って本当に読んでいないなーと思いました。こうきて、こうなって、こうなって、落ち着いて着地となるなーと思ったら、大きなどんでん返しが、最後に・・・本当にこの作家さんの長編が読みたいと思いました。村上春樹氏の『ねじまき鳥 クロ二クルを単行本で見て、読破できるのかなーと思っていて、敬遠していた時期もあるのですが、とりあえず文庫本で読んでみるかと思ってら、あれよあれよ、全巻読破してしまいました。
村田沙耶香の長編も、ぐいぐい引き込まれていくだろうなーと思います。普通とは何か、寺山修司氏のテーマの一つでもあったのですが、排除される人、社会が排除するもの、当たり前、普通の世界の住人て何?異端ではいけないの?それらを社会に突き付けた
作品に敬意を感じました。
 が、私が書いている私小説は、万人受けするものでもありません。異端も異端・・・こんなに、性格のねじ曲がった、天邪鬼の奇人グロテスクまでのエゴと、過剰すぎる自己愛、怪物、弱さ、卑近、遠藤周作先生の『沈黙』のキチジローの現代版。そんな作品を書きています。売れない代わりに、自己の醜さ、心の闇にに気づき、自殺しようと思い詰めているときに、私の書いたものを目にし、まだ俺はましなんだと自殺を思いとどまってほしいという願いで書いています。今、大手の出版社に原稿を送っても、弊社の文学賞に応募してください・・・絵本を送っても、そういわれます。
 流れに乗るまで、売れるようなものを作って、迎合するしかないのか?
スポンサーサイト



  1. 2016/08/29(月) 00:02:38|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コンビニおでんの企画書書いています。 | ホーム | 今どきの電話のかけ方>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harbor33.blog.fc2.com/tb.php/178-775eb2b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)