picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

息巻いていました。反省 おでん企画の祭りの後。

息巻いていました。反省 おでん企画 祭りの後

 もう一週間以上前に、コンビニのおでんの購入・お会計の効率化を企画するとかなんとか言っていました。が、リサーチをするためセブンに。なんと中身の透ける透明な袋に入れられたおでんを発見。そうか、会計の効率化をするのなら、別々にする・・・うーん。その手があったか。試しに購入、ポテチや、チーズのように一般の商品だもんね!すぐに購入、お会計。なんということでしょう。家に帰って容器に入れて温めると。それは、コンビニで売られている袋詰めされたおでんだもん、お汁はあのセブンのおでんの汁の味、ただ具が三分の一くらい小さいのが難点ですが、お値段を考慮すれば、納得でした。

 まー私の企画も聞いてください。コンセプトは、小心者でもレジに並んで買えて、お会計も滞らないおでんの購入・会計の効率化です。
 おでんの真正面には、レジがありません。何故でしょう。それゆえ、自分の会計の際におでんを買おうとすると、レジの店員さんが移動、容器に盛って、汁を入れる。そして、さらにお会計。これでじゃ後ろの方に迷惑がかかってしまう。いっそ、おでん・マスターをつくり、大竹まことさんのようなかたが白衣と白い帽子をかぶり、おでんしか、そのレジでは会計しない、できなくする。ほかの会計が済ませた後はおでんが欲しくば、おでんマスターのレジにて購入・お会計。さらに、他のレジに並んでいながらおでんマスターのレジで会計しようとし、トラブルが発生しないように、店舗を出て、おでんの作る機会と、レジが風雨をしのげるように、アーケードを作り、このアーケードつくる費用がいくらかわからないのが難点ですが、店舗の外でおでんマスターのおでん販売をする。
 ただ、お昼から深夜二時まで、交代で、営業14時間。時給千円として、一日の人件費が一万四千円。おでんの売り上げが一日で一万四千円は届きませんね。
 だったら、発想の転換で、セブンイレブンの外の店舗で何か商売する。野菜農家から直産で駐車場で販売をする。店舗の中、以外で商品を売り買いするのは、禁止されているのかな?そとはデットスペースになっていると思います。
 まー、おでんの袋販売には、やられました。
スポンサーサイト
  1. 2016/09/13(火) 18:00:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<俳句なんかやちゃったりして・・・ | ホーム | コンビニおでんの企画書書いています。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harbor33.blog.fc2.com/tb.php/180-956833d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)