picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

『世界一清潔な空港の清掃人』を読んで

新津春子著 『世界一清潔な空港の清掃人』 『清掃はやさしさ』を読んで

 昨日、新津春子さんという羽田空港の清掃の業務を束ねている方の本を読みました。再読です。改めて読むと、また胸に熱いものがこみあげてきました。『清掃はやさしさ』も拝読しました。私は世を忍ぶ仮の姿で、清掃の仕事をしています。仕事といってもアルバイトみたいなものですが、そこは仕事。妥協しません。もし、夢がかなって、画家と小説家と絵本作家に成れても、今の仕事を続けると思います。この仕事を始めて、改めて、色々な施設の床を見ますが、有名百貨店どころか、スーパー、コンビニ、でも髪の毛一つ、ちり一つ落ちていません。清掃のプロの仕事です。どんな方がやった仕事なのだろうと?なんて素晴らしいんだろうと、その職人芸に、床を見るたびに感動してしまいます。
 ただ、この著者の二冊や、テレビでの発言に???と思いました。清掃人は社会的地位が高くない。でもそんなことは気にしない・・・とありました。社会的地位の低い仕事ってあるの?と私は思いました。いまの職場に就いて4年弱が経ちました。それは二十代とか、三十前半の生意気で社会をなめ切った若造の私は、愚かにも、仕事には社会に役に立つ仕事と役に立たない仕事があると思っていました。でも、この年になると、否、平成不況の日本にいると、仕事があるだけありがたいと思います。社会的地位とか、そんなこと考えられませんでした。新津さんの本のおかげで、お掃除にも国家資格があることを知りました。ビルクリーニング技能士試験です。来年、3級に挑戦します。今年挑戦したかったのですが、今年大幅な改革が行われ、今年から複数級になりました。協会の人に言うとはっきりとは言いませんでしたが、来年受けてほしいような口調でした。今年から大幅な改革になったため事務が追いつかないのかなーと思いましたので、来年でいいやーと思いました。職業能力開発センターで学科・実技の講習があるそうです。この県にも職業能力開発センターはありますがビルクリーニング科の講習はなく、府中の職業能力開発センターで講座あることをしりました。受講費は無料ですが、交通費だけでも高額になるので諦めました。仕事は二人でやっていますが、彼は、目標がないと言います。なんの目標がなく
よく、いままでやってこれたじゃんと思います。仕事の覚えたての頃は、新しいことを次々覚え、また技能も上がっていくので、楽しいですが、後は踊り場状態が続きます。私はそこで、金スマを偶然見て、新津春子さんのことをしり、清掃っていいじゃんと思いました。
 わからないことをネットで調べて、洗剤数種は自腹で買って、業務しています。もっと専門的に体系的にも学びたい!
 今は掃除の人です。噂かもしれませんが、ビルクリーニング技能士試験に受からないと、清掃員とは名乗れないと聞きました。
 頑張ります。
スポンサーサイト
  1. 2016/11/06(日) 11:09:32|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<クレイムと日本人の精神性 | ホーム | フィニッシュまでいけました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harbor33.blog.fc2.com/tb.php/185-24c8697f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)