FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

センター試験

 昨日、今日、とでセンター試験が行われました。受験生に向かって、無責任に頑張れとは言えません。難関大学に入学するだけが全てじゃないよと言ってあげたいです。受験の悲喜こもごもがあったと思います。っていうかセンター試験は前哨戦なのですね。私立は始まりだしたかな・・・、大学受験は2020年から大改革が行われるとのこと。私立はもうすでに画一的なペーパーテストを改め、思考力、判断力、表現力を試す問題を出題するとのことです。今後ある大学側は、英語の資格試験などである程度の数値を取得したら、英語の受験問題を免除するとのことです。やっと山が動いた。もう、数十年前から受験英語の弊害を主張していました。私たちの世代でスピーキングが出来ないのは、受験英語の責だと思います。あの英語の責で、英文読む気になれません。っていうかイライラします。もう見るのも嫌です。受験英語は私みたいなこういう日本人を作り出してしまいます。いまは鬼籍に入られた、大橋巨泉さんの『こんなものいらない』というテレビ番組で大学受験の英語を取り上げていました。ネイティブで、しかもアメリカで国語を教えている(アメリカの国語教師なので、日本人から見ると英語を教えている)その英語教諭、数十人に日本の大学受験の英語のテストを解かせると、十点も満たさない教諭がほとんどで、よくて二十点代。もうバブルのころから受験英語なんていらないってささやからていたのです。とうとう、山が動いた。英文法の重箱をつつくような文法問題がなくなる。さらに、そんなに偏差値の高い難関大学が頭がいいのいいのなら(わたしおはそうはおもえませんが・・・なぜなら、現行の受験問題では、ある一定の能力があれば努力したら誰でも合格できるから)受験生全員にIQテストを果たし、知能検査の上位五十人はどこの大学でも入れるという受け皿になって頂きたいと思います。知能検査で選出されたら、それは頭がいいと思います。さらに、裁判員裁判制度で、市井の人々がかりださせるいま、大学受験の問題も、市井の人々にも作成していただく大学受験問題作成員制度もどうだろうかと思います。でも、テストで何よりも重視するのは創造性ですかね。企画力とか・・・フジテレビの凋落は、難関大学の学生さんばかり採用しているからでは?と思います。テレビ東京、いいですね!斬新だと思います。それと国立大学の授業料は全額無料にしたほうがいいのにと思います。そして奨学金の充実。ヨーロッパの国々、先進国の中で、日本くらい教育に投資していない国はないんじゃないでしょうか?大学堕ちた。受験英語死ね。っていうより、『生徒諸君』のように部活やって、勉強も頑張って、恋もして、難関国立大学の教育学部に入るのならいいですが、高校生だもん、部活やったり、恋して、付き合っちゃったり、バレンタインデーは手作りチョコを作って乙女したり、で、短大の家政科、入っちゃたりしたほうが、ずっと頭がいいと思います。とにかく、受験生の皆様、お疲れさまでした。難関大学だけが全てじゃないぞ。偏差値だけでなく、自分の尺度を持てと言ってあげたいです。受験は時の運。そして皆が大学受験できるわけではないということも・・・
スポンサーサイト
  1. 2017/01/15(日) 17:33:43|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コンテストの結果が出ました。 | ホーム | グルーミングとグルーム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harbor33.blog.fc2.com/tb.php/201-67f28208
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)