picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

新しいCD 小説の企画考えてみました。

新しいCD、小説の企画考えてみました。

 ある日、カフェで店長さんとカウンター越しで話をしていえると、雨が降ってきました。駄目だ、文学的でないな・・・
 
 とある街の裏通りにある、普段なら見落としてしまうような場所にカフェがある。隠れ家的なカフェだ。カフェのカウンターは奥の南側が曇りガラス窓になっていて、少し空いた窓から黒南風が吹き込んでいるなと思うや否や、まるで太鼓を乱れ打つように雨がアスファルトを打ちつける音が聴こえてくる。遠くからではあるが落雷の音も聴こえる。大丈夫かしら?店長さんは不安げな顔でポツンと言った。大丈夫ですよ。驟雨ですよ。そうだといいんだけど・・・。

 そこで私は店長さんに、雨にまつわる話とかないですか???と振ってみました。しばらく思案してくれているのですが、ごめんなさい。浮かびませんとのこと。では、私はと思い、考えましたが、私も雨にまつわる話がないなーと分りました。小説家も志望しているので情けないと思いました。かろうじて、雨音はショパンの調べ♪という唄があったことを思い出しました。雨音はショパンの調べ♪僕が高1の時に流行った歌です。そこで
カフェにいたときは話のアイディアが浮かばなかったのですが、何故、ショパンなのか?雨音はヴェートベンの調べ♪雨音はリストの調べ♪ではいけないのでしょうか?日本人はなんか、ショパンに、オシャレで、洗練しているという憧れを持っていると私見ですが思います。いつものように話の前振りが長くて閉口ですが、あいうえお小説って既にあるのでしょうか?ある詩のブログをされている方があいうえお・・・で詩を作成されているのをみて、他の皆さんは気づいていても、あえて言わなかったのに、私は言及し恥ずかしい思いをしました。あ、雨 い 異界、う 海、え 絵描き お 女或いは男、とかそれにまつわる物語。寝物語とは、少し意味は違いますが、五十音で僕が作ったお話の企画CDを作る。朗読は原田知世さんを考えています。←。妄想ですから本気にしないでくださいね。一時間か、二時間の間、この新企画のCDを聴きながらお休みになる。物語は僕が作ります。本にしてもいいと僕は思っています。原稿用紙五枚くらいで・・・小説でなくともエッセイ風でも、雑談形式でも。

 絵は半分くらいできました。間に合うのか・・・でも、それでできた絵って大したことないんですよね。功名心丸見えで、下品で・・・
閉口です。
スポンサーサイト
  1. 2017/07/09(日) 12:45:18|
  2. 企画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<サイコパス | ホーム | 歌詞を理解する能力>>

コメント

雨音はショパンの調べ

ショパンがおしゃれな感じなのに加え、
ショパンのピアノ曲に「雨だれ」と言うプレリュードがあって、
病弱なショパンがベッドの中で聴いた雨音を曲にしたと言われています。
なので、その曲のイメージです。
  1. 2017/07/24(月) 11:28:51 |
  2. URL |
  3. MOYA #qIDCG9k2
  4. [ 編集 ]

返信が遅くなり申し訳ありませんでした。

 まずは、返信が遅くなりすみませんでした。仕事と家事でドロドロに疲れて、記事のアップもここ最近はできませんでしたから。それにコメント頂いたことも気づきませんでした。言い訳ですね。反省。コメントお寄せ下さりありがとうございました。ただその返信も最近していなかったので、無作法で、返信のやりかたが間違っているかもしれませんが、斟酌ください。
 ショパンが何人か?と検索かけてみました。ショパンがどこの国知りませんでしたから・・・生粋のポーランド人ではないみたいですね。フランスかなんかも。 
雨だれ。原題も分かりませんが、日本語訳した人がすごいと思いました。あくまで私個人の主観ですけど。雨だれ・・・っていうと、雨は『田園の憂鬱』みたいな健全ではないようなイメージが私にはありましたから。さらにそれが雨だれときたら尋常ではないと思いました。すこし調べましたが、誰が日本語訳したか分かりませんでした。、まープレリュードと聴いても、ホンダの車かーと思うほうですから。浅田真央元選手が、ショパンのノクターンで演技していて、観ていた私は、ショパンのノクターンを日本語訳したものが「別れの曲」だと思い、後で詳しい人に聴いたら、似ているけど主旋律が違うと教わりました。月9か?なにかで、キムタクがピアニスト役をやった時も、弾いていたのは「英雄ポロネーズ」だった記憶が・・・雨音はショパンの調べ。田舎の高校生だった私は、大人の女の人に憧憬を感じずにはいられませんでした。
  1. 2017/07/27(木) 00:55:11 |
  2. URL |
  3. HARBOR33 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harbor33.blog.fc2.com/tb.php/218-a5f91cad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)