FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

渡辺美優紀という才能

渡辺美優紀という才能

 皆様は渡辺美優紀さんという元NMB48の一員だったアイドルをご存知ですか?おしいことにNMBどころか、芸能界までも卒業してしまったそうです。誰かが、彼女を漫才師として伸ばそうと考えなかったのでしょうか?疑問です。さやみるきーの漫才を見るまでは、所詮はアイドルの女の子の学芸会にすらも立てない漫才・・・と思いっていましたが・・・なんと、山本彩さんの突っ込みもいいですが、渡辺美優紀さんのボケが最高にいいです。前にも言いましたが、部屋のテレビが地デジ難で、年末年始とお笑いの方々の演芸を、居間のテレビでちらっと観ました。どれも面白かったですが二回同じ芸を見せられたら、???と思います。さやみるきーの漫才は、何回見ても面白い・・・というか飽きず、再発見があり、すごいなーと思っています。渡辺さんの、天然を装った、ニコニコ顔に癒されます。すごく頭がいいと思われます。長い台詞も完全に咀嚼し、余裕のようです。とにかく、リラックスしていて、その安定というより、余裕さに惹かれます。まーM-1とかの大舞台になるとどうなるのか分かりませんが、さやみるきーでもう一回漫才をしてくれないかなーなどと思っています。話はいつものように飛びますが、この漫才の、漫ってどういう意味?漫画も、漫だし、さかな辺をつけたら、鰻(うなぎ)、この辺は何かわかりませんが、饅頭の、も・・・話を無理に戻しますが、漫才は、万歳 という、おめでたいものを大正昭和期に上方で舞台にのせたのが、漫才のいわれとか・・・さやみるきーは是非一度クリックしてみてください。さやみるきー 漫才で検索していただければヒットすると思います。

 お笑いつながりでいえば、年末年始は、にゃんこスターの活躍を良く見ました。ネットではアンゴラ村長が叩かれているように私には見えましたが、そんな拒絶反応の原因を考えてみました。大人にならない、こどものまま、そんな彼女に、社会の要請で大人になるしかなかった女性たちは、アンゴラ村長さんに、こどものまで、さらに、モラトリアムが許されている彼女にイラつくのだと思います。
 たまに去年のキングオブコントのにゃんこスターさんの動画を見ますが、飽きないです。新ネタ、新ネタなどと言って作ると一発屋で終わり、リズム縄跳びのネタを十年やっていても、二人はもつんのじゃないかなーと思います。ある意味、革命だったのではなかったのではないでしょうか?オリエンタルラジオさんのネタで(武勇伝)ピーターパンに無理矢理酒のまして大人にするというネタがありました。私はアンゴラ村長をみても何も思いませんが、彼女の大人になりきれない未成熟さが、また許される境遇が、無理矢理大人になるしかなかった大人女子の顰蹙をかうのではないかと思いました。

 
スポンサーサイト
  1. 2018/01/07(日) 06:32:25|
  2. お笑い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『中島敦著『山月記』を読んで | ホーム | ネコの集会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harbor33.blog.fc2.com/tb.php/252-ec748691
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)