FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

春の嵐

 そんな、小説も、唄なんかもありました。今、私は虚けの状態から抜け出せずにいます。
 とにかく、小説を書こうと思い、十年前に書いた手記を小説化に・・・という試みでいることを
お話しましたが、パクリなのか(自分ではそのつもりはないのですが)三島由紀夫先生の
豊饒の海のようにしたらどうか?というアイディアが浮かびました。ディテールの違いがあり、また
輪廻転生もないのですが・・・

 今から、二十年前。
 行きつけのカラオケバーのマスターに渡した私の処女小説が、十年の時を
経て、肝臓の病で病院に入院し、苗字が一緒で、名前もマスターさんから聞いた名前だなーと思っていたら
やはりお姉さんだった。看護師をしていた人にもその処女作に渡し、十年の時を経てつながる。
 それから十年後。拙作絵本を渡し、告白した看護師さんは、去年、東北に住むメル友だった婦人のお嬢さんだった。
 メルトモの婦人と喧嘩別れし、ブログも閉鎖されたため、アドレスも、ブログももうわからない。
 告白した看護師さんの姓は知っていても名前は判らない。東北のどこに住んでいるかわかるけど、
住所は知らないし、ストーカーではないので調べ上げたりしない。つかめそうでつかめない。眠れぬ日々。
 主人公の二十年間は無だったという小説。がうかんだのですが・・・どうでしょう。明日から、やってみます。今日は、もう、眠いのでおやすみなさい。
スポンサーサイト



  1. 2013/03/17(日) 22:50:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<暑さ寒さも彼岸まで | ホーム | 小説を起稿しました。>>

コメント

面白そう!
主人公の心模様をどう描くのか
読み応えがありそうですね

ハーバーさんなら、きっと書けます
応援しています
  1. 2013/03/19(火) 18:03:20 |
  2. URL |
  3. 谷口冴 #-
  4. [ 編集 ]

谷口冴様

 こんばんは、コメントお寄せくださりありがとうございます。そうですね。主人公の心模様。
 最初は一人称でやるつもりでしたが、三人称+神目線で・・・と方向転換したので、難しく
なりました。心理劇風もおもしろいかもしれませんね。応援ありがとうございます。
 でも、谷口様。私をかいかぶりすぎているように思います。私は、ただの一市民です。
 未だに絵本の出版社からはなにも言ってはきませんし、小説も脱稿できるかもわかりません。
 でも後悔しないためにベストを尽くします。では、失礼します。
  1. 2013/03/19(火) 19:41:10 |
  2. URL |
  3. HARBOR33 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harbor33.blog.fc2.com/tb.php/26-e069acf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)