FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

私の勘違い。『平家物語』とか・・・

私の勘違い。『平家物語』とか・・・

 過日、こんなことになりました。仲間と話していて、どういう経緯で『平家物語』に話は及んだのか忘れましたが、相手が、平家物語の冒頭。祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす・・・を言ったのです。私は、2,3、年前に、平家物語って、何故、高校時代の古文の授業で習うんだろうという疑問がありました。生兵法はケガの元。私は知識として、こういうことをインプットしていました。平家物語は、視覚障碍者の方々が、琵琶法師として、歌に節をつけて口承し、うたいつがれたものという浅い知識がありました。それが、教科書に何故、文章になっているんだ!これはきっと、古事記のように、稗田阿礼といような暗記の天才に暗記させ、文章に起こしたと思っていました。そう思っていたのですが、数週間前にググってみました。平家物語は、乱暴に分ければ語り本系 読み本系があるそうです。高校で習ったのは、読み本系の平家物語でしょう。
 それを言ったあと、たとえ話で変換するとどういえるかと私は発言しました。彼は、カレーのルーは、甘口や辛口などがある二つ以上の系がある・・・との答え。私は、ちょっち違うと思いました。その場では、私は例えて話変えるのは出来ませんでしたが、家で閃きました。それはどういうのかと申しますと、女の子のママが、今日は、初めてシチューを作りますと小学生の娘に言うのです。といってママは玉ねぎを炒め、ニンジン、ジャガイモ、肉 さらに玉ねぎ・・・娘7さんはこう思います。これはカレーじゃんと!水を投入し、ぐつぐつ炒める。そこで、ママが白い塊、シチューのルーです。娘さんはカレーだと思ったら、白いルーをいれたら、シチュー。これで、同じ工程でもカレーとシチューの二通りあることを知ったのでした。この話変えは自分ではいい線言っていると思います。
 さらに、考えたのは、時代が古いですが、お騒がわせデュオ t.A.T.u 。ヒット曲、All The Tings.She Said 英語じゃんと思ったけど、インタビューでは通訳を挟みロシア語?私はロシア語もまったくわかりませんが、ロシア人じゃん!と思いました。チョットずれました。平家物語つながりで強引かもしれませんが、お亡くなりになられた立川談志氏の落語『平家物語』をネットで観ました。・・・凄かったです。高校の国語教師も、文部科学省的教育を逸脱して、国語教師や日本史教師が、平家物語や、屋島などを落語や、講談師のように授業をしたら、生徒はもっと国語という教科に魅入られると思います。浅い知識の私から出た錆び。学問しようと再確認を本気でしました。
スポンサーサイト



  1. 2018/04/19(木) 19:36:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ドリアン・グレイの肖像 | ホーム | 言行一致とは・・・悩ましい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harbor33.blog.fc2.com/tb.php/272-219112a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)