FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

おかめはちもく

おかめはちもく

 おかめはちもくを,漢字でどう書くか調べました。ある辞書では傍目八目とあり、またほかでは岡目八目とありました。それぞれ漢字表記の違いがありました。わからないので、平仮名で書きました。ひらがなおかめみたいな・・・意味は、電子辞書 広辞苑から転載です。
 他人の囲碁を傍で見ていると、実際に対局しているときよりよく手がよめること。転じて、第三者には、物事の是非、利・不利が当事者以上にわかること。
 だそうです。毎年、頂いている年賀状に、ひとこと、ぼちぼち やっていこう と数名からアドバイスがあります。最近になって、やっと、僕はせっかちなんだと自己分析出来ました。小学生の頃、階段を、2,4,6,8とスピード出して上る、はしかい(方言かな?)すばしっこい(これも方言か?)運動能力の高い少年でした。が、自己の自惚れ、傲慢、幼児的万能感を高3まで持っていたという恐ろしく傲慢な生徒でした。今から考えても背すじが冷たくなります。結局、大学受験で築き上げた王国は崩壊。おおきな挫折感を味わいました。ぼちぼち・・親戚の子が気がかりでした。自分の失敗から、学校の階段は、一段一段、正確に踏んで登っていきな・・・とアドバイスしました。「えー、俺、3,6,9,12って登っていくよと・・・。私は、この子の利発さに気づいていました。私は学校の成績とか、偏差値の高い低いでなく子供の能力を、キチンと見極めることが出来ると思っています。不遜かな???どうなるのかなーと少し気がかりでしたが、現役で大学に合格しました。やりたい仕事があること、その仕事に就くために大学で学びたいことがあっての大学受験。きちんとした目標意識をもっているし大丈夫だと思います
 何故、このことを前述したのかと言いますと(長いフリだなー)キチンと、一歩、一歩 ぼちぼち、自分のペースでもいいからゆっくりとやっていくことの大切さ。絵の制作で努力の大切さを思い知りました。絵を描きだして18年。10年間はインスピレーションが湧いてきて描くのが楽しかった日々。楽しみは絵画制作・・・日々痛快で・・・が!!!、その後のスランプ。絵の道具をしまい込み・・・その後2年くらいかなーぼちんぼち描くことが出来るようになりました。まー逆に、これからデッサンを学んでもいいよね。鉛筆で線を真っすぐ描く。円を描く、それもいいよね。ぼちぼち 急いては事を仕損じる。、肝に銘じよう。あわてない、あわてない。一休み一休み。皆様は一休さんをご存知でしょうか?ジェネレーションンギャップでしょうか?
スポンサーサイト



  1. 2018/04/29(日) 02:52:48|
  2. 世迷言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<昔に描いてた絵 | ホーム | ドリアン・グレイの肖像>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harbor33.blog.fc2.com/tb.php/274-e035b76c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)