FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

響 小説家になる方法

 1巻と2巻を読みました。2017年の漫画家大賞を受賞した作品だそうです。今年、実写映画化・公開です。平手友梨奈さんが主演。それでとても楽しみです。先週はすみませんでした。姫、王子。ニコニコ動画の『渋谷からPARCOが消えた日』の右から左に流れていく文字にありました。姫、王子。私の先週の話の展開は、よく言えば、借用。悪く言えばパクリ。姫、王子 ジャンジャン想像力が掻き立てられて・・・ビジネスも浮かび・・・でも、コンセプトがパクリ、打ち込んだ文章が消えたのは天の配剤だと思います。今週は、映画とマンガの話にします。
 予告を観ました、想像していた通り、圧巻の演技力。彼女も憑依体質らしいです。話は飛びますが、そういう私も憑依体質です。随分遅くまで気づかなかったけど・・・オーラ―といってもバブルの頃は誰も言わなかったし、まさか自分が・・・という感じです。絵を描いたり、童話を書いたりしていると、なにかが作用して、思ってもいなかった作品が仕上がります。話を戻して・・・クールでニヒルな感じ。女性にニヒルというのもなんで難ですけど、それしか思い浮かびません。凛とした(こちらの言葉が的確か!)それが良く出ています。マンガを読んで、現役高校生の設定で、クールな演技が出来るのは・・・私でさへも平手友梨奈さんしかいないと思いました。予告を観ました。期待を裏切らない。天才だな彼女は!と思いました。山口百恵さんの再来ともいわれていますが、褒めすぎでないと思います。鬼気迫る、迫真の演技。
 マンガを読んでいて、マンガには、共通の作り方があるのかなーと思いました。まず、登場人物が何かをはじめ、打ち込む。ライバルの出現。ライバルとの切磋琢磨によって磨かれ、恋愛の要素も取り込んで、その道で大成する。まー、全世界の神話も共通の構造があるとか聞きましたが・・・。小説家がマンガになる。マンガになる職業はやり尽くすことがないのか・・・
 作家志望でもある私は是非見たい映画です。でも、現役高校生で、映画の主演。この子のメンタルハンパないと思います。『この子』なんて呼んではいけませんね、『姫』。姫、王子。最後もパクリじゃん!!!
 
 
スポンサーサイト
  1. 2018/07/15(日) 00:44:23|
  2. 世迷言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<人事を尽くして天命を待つ | ホーム | 姫、王子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harbor33.blog.fc2.com/tb.php/293-f63b4896
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)