FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

暮れていきます。

暮れていきます。

 暮れていきます。数十分後、まさかがなければ、或いは多くの確率で2019年を迎えられるかもしれません。2章のまま進まなかった私小説。『春の雪』さへ読まなかった三島由紀夫先生著の『豊饒の海』 救いは終盤に、童話が出来たことでした。原稿用紙十七枚。 規定に収まりました。
 20数年前,友達のつてで編集者さんの数名に処女作を見ていただいたことがありました。主人公が喋りすぎてうるさい、説明が多く想像できない、才能がない、センスがない、知識がない・・・強烈なダメ出しでした。でも、どういうことだったかなーという分析しませんでした。というかわかりませんでした。今回の童話を推敲していて、街で、保育園時代の友だちに偶然出会ったみたいに、なつかしい気持ちになりました。という箇所。(主人公の設定が小学校の低学年なので) なつかしい。これが喋りすぎるということかな・・・と分析しました。保育園時代の友だちに街で偶然に出会ったら、書かなくても、なつかしいに、決まっているから・・・ここは  偶然出会ったみたいな気持になりました にするべきだと思いました。編集さんから、ダメ出しを食らった 『うるさい 想像できない。』こういうことかと考えるヒントになりました。読者さんを信じる。文章は最低限で(ってこのブログ記事がすでにうるさく、信用していないのかもしれませんが)書く。あとは委ねる。そんな感じで、焦らず、書いていこうと思います。脱稿
スポンサーサイト



  1. 2018/12/31(月) 23:45:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<投函出来ました。 | ホーム | お話は出来上がりました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harbor33.blog.fc2.com/tb.php/317-6192666b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)