FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

自動車を見ていた午後

自動車を見ていた午後

 ってタイトルがユーミンの『海を見ていた午後』のパクリっです。ではなぜ?公道わきの椅子、またはベンチに座って走り去る車をただ観ていると、意外に面白いです。ただ流れ去っていく車。おもしろくないんじゃないのという貴兄、是非お試しください。かつで文芸部に在籍していたころ、先輩が、石をヒモで引っ張って歩くと意外と面白いという発言をきいて、そんなのどこがおもしろいの?と思いました。その年、ちくま文庫から刊行された、太宰治全集の1の晩年の中の、『葉』という短編に、石塊をひもで縛って引きずって遊んでいる子供という内容に触れ、そうなんだ、つまらなそうに見えてもおもしろいことはあるのだなーと思いました。
 
 昔、ある他県のテレビが観れました。未だに地デジ化していません。今は放映しているかわかりませんが、洋楽に乗せて、横浜ベイブリッジに定点カメラを置き、ただ車が通りすぎるのを流しているだけという番組がありました。今もやっているかわかりませんが・・・その、シュールさが大好きでした。それを真似たかどうかは解らず、只、交通網の混雑状況を知らす為に、二つの定点カメラから車の流れを映す、番組を始めようと思ったのかもしれませんが、この地方局は車の流れの番組を始まました。ちがーう!!!!と腹が立ちました。ただ、車が流れている、そのシュールさが良いのに・・・やっぱり猫が好きみたいな

 食材を買いにスーパーへ毎日行きます。スーパーは公道に面して立地しています。スーパーで食品を探し求めるだけで、足に電流が流れるように痺れます。それで会計後、外に出て、公道に平衡においてあるベンチで一休み。長い歩行は無理なのに、自転車は大丈夫なのです。それで走り去っていく車を、ボ~っと見ています。今は寒いからあれですが、春がきたら・・・デートにどうでしょう。ドルフィン・・・行きたかったけどなー。
スポンサーサイト



  1. 2019/01/28(月) 15:36:14|
  2. 世迷言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<久しぶりの美人画。 | ホーム | 記憶の冷感症>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harbor33.blog.fc2.com/tb.php/322-cb6d1ee2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)