FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

煙草にまつわるエトセトラⅡ

 煙草にまつわるエトセトラⅡ

 今日、本屋に行きました。目的は二つ。三島由紀夫先生の『盗賊』(新潮文庫)を購入することと、村上春樹先

 生の新刊を買い求めるためでした。『盗賊』は簡単に買い求められました。400円で消費税込みで420円でした。
 
 煙草が一箱410円。喫煙をふとどうしたものかと考えましたが・・・煙草一箱がまんすれば、三島先生の文庫が

購入できる。でも、煙草は生きていくためのガソリンと、自分に言いきかせるのでした。

 家の本棚には二十五年前の新潮文庫版の『盗賊』があります。では、なぜ新しく

買い求めたかというと、近年増刷された新潮社文庫は、文字が大きくなり、行間も適度に空き、読みやすいので

す。新潮社も商売上手です。少し前に『金閣寺』の新潮社文庫の装丁に驚きました。キンピカなので

す。新潮社さん、そうはうまくいかないよと思いましたが、結局、保存版として買い求めてしまいました。しか

し、納得いかず、その版の前の速水御舟先生の装丁の『金閣寺』を、セブン & ワイで買い求めました。でも、

白地にオレンジで作品名と灰色で作者名のある、あの新潮社文庫の三島由紀夫先生の装丁の本が懐かしいです。

『金閣寺』だけ、持ち歩き、読んでいたからなのか?表紙がありません。残念。

 そしてもう一つのお目当て。村上春樹先生の新刊。売り切れ、完売、増刷の予約受付中とありました。

 少し、怖くなりました。これは文芸書のベストセラーとかの現象でなく、もはや社会現象だと思います。

 それは、二十五年前から好きな作家先生ですけど、何故、そこまで、予約までして買い求めるのか・・・

 少し分かりません。増刷も予約。で・・・もう一つの大型書店に行くつもりですけど、完売なんだろーな。

 なにがそこまで惹きつけられるのか。まー私も、購入しようと思っている一人ですから、何も言う資格は

ないのですけど・・・。まーどしても手に入れたければ、セブン & アイで、さきほどまでは24時間以内に

配送とありました。

 まーいろいろ言いましたが、村上春樹先生の新刊を手にとって読みたいです。
スポンサーサイト



  1. 2013/04/15(月) 22:40:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<タイトルなし | ホーム | 煙草にまつわるエトセトラ>>

コメント

これは一作家の呟きなので聞き流してくださいね

本が完売、増刷となった時
読者が予約を入れてくれるかどうかが
作家にとって、いわば生命線にもなり得ます
最近の出版業界は不況です
本自体が売れない時代なのです
本が余っている(??)現象があるのです
村上氏なら知名度もあるので
本が売れない、ということはないでしょうが
発行部数に影響がでないとは限りません
予約数が多ければ多いほど、その本はどんどん出ます
手に入れたい本ならば予約することをお勧めします

あ~あ、私書いてんだろ??
失礼しました<(_ _)>
  1. 2013/04/16(火) 10:42:45 |
  2. URL |
  3. 谷口冴 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは、谷口冴様。
 そうですか。本の予約にはそんな意味があったのですね。初版が売り切れれば、当然第二版が刊行されると思っていました。市場原理が働くと・・・確かに良い本でも時流に合わないと売れないでしょうね。今の時代をキチットとらえる。でも、とらえていても売らんかなーの本だとファンも冷めていくでしょうね。作家さんていう生業を続けていくのは大変なのですね。村上春樹先生の新刊は、この市最大大手の書店でも売り切れでした。でも、セブン & アイのネット書籍の通版では在庫がまだあるみたいです。24時間以内に配送と今日もありました。

 他の作家さん・・・って現代文学で読むのは村上春樹先生と、田口ランディ先生くらいですが、先生達の本が消えたら予約してみます。でも、出版業界は不況なのでしょうか?いまこそ文学がもてはやされている時期はないのではないかと思うのですけど・・・少し前に宗教があって、それでは駄目で、ソフィーの世界なんて本が爆発的に売れて哲学がもてはやされ、今、文学と絵画の時代だと私個人は思っているのですけど・・。違うでしょうか?
  1. 2013/04/16(火) 19:04:23 |
  2. URL |
  3. HARBOR33 #-
  4. [ 編集 ]

谷口冴様

> こんばんは、谷口冴様。
>  そうですか。本の予約にはそんな意味があったのですね。初版が売り切れれば、当然第二版が刊行されると思っていました。市場原理が働くと・・・確かに良い本でも時流に合わないと売れないでしょうね。今の時代をキチットとらえる。でも、とらえていても売らんかなーの本だとファンも冷めていくでしょうね。作家さんていう生業を続けていくのは大変なのですね。村上春樹先生の新刊は、この市最大大手の書店でも売り切れでした。でも、セブン & アイのネット書籍の通版では在庫がまだあるみたいです。24時間以内に配送と今日もありました。
>
>  他の作家さん・・・って現代文学で読むのは村上春樹先生と、田口ランディ先生くらいですが、先生達の本が消えたら予約してみます。でも、出版業界は不況なのでしょうか?いまこそ文学がもてはやされている時期はないのではないかと思うのですけど・・・少し前に宗教があって、それでは駄目で、ソフィーの世界なんて本が爆発的に売れて哲学がもてはやされ、今、文学と絵画の時代だと私個人は思っているのですけど・・。違うでしょうか?
  1. 2013/04/16(火) 19:15:30 |
  2. URL |
  3. HARBOR #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harbor33.blog.fc2.com/tb.php/33-45af99bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)