FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

『響-HIBIKI-』を観て

響HIBIKI-

 この前、観ました。DVDの『響-HIBIKI-』の感想です。この映画を見たり、主演した平手友梨奈さんの所属する欅坂46の歌詞を聞いて、現代の日本は過度期にいているのかなーと思いました。協調性・親和的・友好性を、それらを反故にし、ひっくり返したいという若者たち。自分は自分、折れないし、妥協しないし、曲げない。ただ、この映画の主人公?ヒロイン?は、暴力に出るのですが、それは私心からではなく、周りにいる大切な人を守るために・・・まー暴力はいかなる事情でも許されないでしょうが・・・

 この映画を見て、少し前に、話題になった『星野君の二塁打』を思い出しました。命令は必ず従うものであり、組織への自己犠牲、命令に背いて好結果を生んでも、罰せられる。今までの時代でしたらいいかもしれません。ただ、もう改元名も決まり、新しい時代の幕開け・・・それが旧態依然とした価値観で日本の社会はどうなるのか?そのようなことを響さんにいったら、少しはましなのね!どいて!と言われるのがオチでしょうか?かっこいい生きかただとは思います。
 グローバル グローバル なにも国際化せよというものではないのでしょうに?日本の伝統を守ることこそがグローバル社会に対応する人材づくりだと思います。小説家。鮎喰響さんはいう。小説は好き、読むのも書くのも・・・書くのも読むのも?だったかな?映画全編通して重々しい雰囲気の中で、主人公たちのグループは動物園に行くのですが、そこでの平手友梨奈ちゃんは屈託なく笑っていて(それが演技だったら怖いですけど)救いでした。ラストは、ストン と終ってしまった。ということは時間の経過を忘れるほど引きこまれていたことの証明だと思います。コミックを2巻まで読んでいたため、どう作用していたかは不明。って分析しなければならないか?原作のコミックの著者である柳本光晴氏の推しで平手友梨奈さんに決まったということを聞きました。まさに、はまり役。ストーリの展開もスリリングです。脇を固める俳優陣の演技も秀逸。人と人のぶつかり合い。それが、日和見主義的な現代日本人の(僕も含めて)突き刺さったか!前に、記事にしましたが、金属バットをもって電車に乗る。金属バットを入れる黒のケースにしまい金属バットを持っている人。之はパッシングを受けない。でも、同じ金属バットを持ち込むのに、むき出しで、ディス イズ金属バットで乗り込むと、これはまずいことになるでしょう。同じなのに・・・まーそんなことを考えるほど私も若くない。それはそれ、これはこれだ。鮎喰響は、もちろん むきだしのままの金属バットを持ち込む人間だ。野球の試合に出れば打者としての才能は溢れるばかり、ただ、バントのサインが出ても、この状況、この点差、相手投手との相性・・・それで勝手にサインを無視して自らの行動を決めてしまう。まさに響ちゃんの二塁打だ。が、それがいやならば、小説家という職業がある通り、ある程度、個人でできる仕事につけばいいだけだ。星野君の二塁打は、労働人口のほとんどが会社員になる社会が前提だったと思う。これから、個人事業者は増えていくことだと思っている。自分の頭で考えて、行動する。全部が全部でもないですが、そういう個人の活躍できる社会にしていって欲しいです。ティーン・エイジャーにはぜひ観て欲しい映画でした。
スポンサーサイト
  1. 2019/04/10(水) 16:59:55|
  2. 映画の感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<宇宙の誕生 | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harbor33.blog.fc2.com/tb.php/341-462d6cee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)