FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

解き放つのは・・・

 解き放つのは・・・

 今、かなり迷っています。原因は30数年前の『写ルンです』 です。カメラ屋さんで現像ができるのかという疑問もあります。初めの四枚は入学式の際に校門で撮ったものですが、あとは何を写したのかわかりません。今回、手元に戻り、梱包していた絵を開封したら、こんなにも運命が変わるとは思わなかったので神秘主義というかオカルトと申しますか?目に見えない世界を信じるようになりました。絵は17年前に(まだ、構図とか配色がジャンジャン天から降りてきた)絵がかけたころのです。ずっと押し入れに閉まっていましたが、数年まえパート先で、飾らして欲しいと頼まれたか?或いは自分から飾ってほしい?と頼んだのか?忘れましたが、絵は嫁いでいきました。そして今年の春のコンクールに出品するために、いったん事務所から却させてもらい応募。結果は入選でした。5月下旬の一週間くらい、大阪の芸術センターで飾られていました。それが、返還されてきました。しばらく梱包されていましたが、梱包を解き放ちました。そしたら、運命がガラッと変わりました。良い意味で・・・ジャンジャン好転する。でも、将棋の大山康晴十五世名人のお言葉。うまくいっているときこそ考える。肝に銘じています。調子に乗らないようにしています。写ルンですの封印を解くか???聖書のヨハネの黙示録の様に封印を解いたら・・・またはパンドラの箱のようだったら・・・迷います。こういう時に背中押し屋さんがいたら、良いのにと思いました。背中押し屋というのは、私が考えたビジネスです。なんか岐選択の、或いは人生の路に立たされた時、どっちに行くべきか悩んでいる人の背中を押してあげる・・・そういう人です。周りの人に話したら、笑われて終わりでした。ユーミンのやさしさに包まれたならではないですが、解き放つのはいまでしょうか?こういう時に、背中押し屋さんがいてくれたらなー。そもそも現像ができるのかわかりませんが・・・
スポンサーサイト



  1. 2019/06/25(火) 07:16:37|
  2. 世迷言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<教育 | ホーム | 自由>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harbor33.blog.fc2.com/tb.php/353-5f4d3c2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)