FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

蜜蜂と遠雷 恩田陸著

『蜜蜂と遠雷』 恩田陸著

 恥をかくところでした。といいますより、合縁奇縁と申しますか、不思議な偶然が重なってこの小説を買いました。三人でおしゃべりをしていまして、そのうちの一人が、ピアノがものすごくできることがわかったのです。その一人も家にテレビがない人でした。そしたらもう一人が、今、ピアノの映画をやていると言い出しました。僕の部屋にはテレビはないですが、居間にはあります。そこで、チラッと
『蜜蜂と遠雷』という映画の宣伝を数回観ました。某様のブログで、この映画を紹介されていて、これは流れ的に買いでしょうと思い
以前述べました、本屋さんのあるスーパーへ。が、この小説がない。ここは流行りの本をセンス良くそろえていて、アップ テゥーデートな本を買いやすいお店です。売り専で、性的人間もなければ、ライ麦も、戦争と平和も、魔の山もないでしょう。ですが、映画化された本は当然あるでしょうと、金・土・日といきましたが見当たりません。一言、個人的なことを申せば、ここの書店員さんに僕は嫌われています。いいおっさんが、欅坂だの日向坂など・・・。雑誌は豊富なので買い求めていたのです。僕は、その書店では何も言わず、家に帰りました。みつばちととうらいという本はありますか?とは聞きませんでした。
 そして家に帰り、ラジオでもこの本が紹介されていて、『蜜蜂と遠雷』は、みつばちとえんらい とパーソナリティーさんは言っていました。みつばち(さすがに、これは読めます)。僕はこのラジオ放送を聞くまで遠雷(えんらい) これを とうらい または 久遠のおんで おんらいと読んでいたのです。辞書でも調べました。遠雷 遠くでなる雷のこと 夏の季語 だそうです。みつばちとえんらい 遠雷なんて言葉を知りませんでした。ただ、雷つながりで 小川洋子著『博士の愛した数式』の遠雷のシーンを思い出しました。雷には性的な高揚を促進する効果があるのか?『博士の愛した数式でも』家政婦さんと老紳士のいる部屋に、外では雷鳴があり、読んでいて、この二人どうなっちゃうの???というスリリングさがありました。その効果を盛り上げたのが雷。 タイトルの蜜蜂というのは小説の始まりで わかります。ただ、この遠雷が???まだ、5,6分の1しか読んでいません。物語でいえばピアノコンクールにでる4人のバックグランドが出そろったところです。どうなるか?映画を観に行こうかな?
スポンサーサイト



  1. 2019/10/09(水) 06:47:57|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<過剰 | ホーム | 劇場がハネたら>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harbor33.blog.fc2.com/tb.php/363-3d9f5815
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)