FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』の感想

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』村上春樹著

 すでに機を逸した感がありましたが、一昨日、村上春樹氏の最新刊を入手できました。さっそく読み進めてみました。遅い、あまりに遅い、こんなことが起こっていいのか・・・私は情けなく思いました。遅いと形容しましたが、小説が云々ということではなく、私の読書力があまりに遅いので、イラットしたのです。小説は流石、村上春樹氏だと思いましたが、私の読書能力のあまりの低下に驚きを禁じえませんでした。決して老眼の責でもなかったのです。遠近両用メガネを買いましたが、三島由紀夫著『盗賊』を読んでいないのがその証拠です。

 大学二年生の七月から、翌年の一月にかけて、多崎つくるはほとんど死ぬことだけを考えていきてきた。

で物語は始まります。

 私にも同じ経験があるのです。大学一年の4月から大学一年生の夏休みが終わるまで、死ぬことに囚われていました。
 アパートに遊びに来た高校時代の友人が私の部屋に散乱している自殺に関する本に驚いてはいましたが・・・
 それを救ったのは、一冊の男性雑誌の読者の人生相談にのっていた話でした。解答者は「本を百冊読んでから
死ね」とにべもなく解答していました。そうか、百冊かー今まで『走れメロス』しか読んだことはなかったぞ

 その年、筑摩書房から文庫版の『太宰治集』が刊行されていました。ジャンジャン、読み進め、『トカトントン』で震撼しました。それからは狂ったように本を読みました。救済としての文学。一日三冊のノルマ。
 大学生活は無味乾燥としたものだったけど、高校の仲間達も、ほとんどが東京の大学に入学をしていたので
よく、誘ってくれました。あの時期、高校の頃の仲間がいなかったら・・・薄ら寒さを感じます。


 が、この小説では男3、女2の同じ高校の仲間がいて、高校生活をなんの問題もなく楽しく過ごし、多崎つくるだけが東京の大学に入り、ほかの仲間は名古屋に残ります。それが原因ではないのですが、ある日、仲間から
もう顔を観たくないし、合いたくもない・・・と仲間から一方的に排除されてしまうのです。それで冒頭部分がよみがえってくるのです。ネタばれになってしまうので、なぜ、多崎つくるだけが、色彩を持たないのか、それは秘密にしておきましょう。

 すごいなー村上春樹氏。今回は楽しみに待つということはありませんでした。1Q84が怖かったから。『色彩を持たない、多崎つくると、彼の巡礼の年』正直、私は期待していませんでした。色彩を持たない多崎つくる・・・もう昔の事件になるのかもしれませんが、犯行声明文の、透明な存在としての僕。その透明な存在としての僕、みたいな離人症ぽっい男の子の物語かなーと邪推してしまいました。が、違った。一筋縄ではいかないのが先生なのです。

 是非、お薦めします。読書能力全盛期の私だったら、日曜日の昼下がりから読んで夕方になる前に読了していたでしょうけど・・・まー急行には急行の、鈍行には鈍行の良さもあるでしょう。
スポンサーサイト
  1. 2013/06/21(金) 21:50:46|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | ダウンしていました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harbor33.blog.fc2.com/tb.php/49-731364b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)