FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

大昔の少女マンガ研究。

みなさん、お元気ですか?総合科学日本文化研究所主任研究員の、HARBOR33です。
今日は、出会いサークル☆トキメキのメンバーとして、少女漫画の研究図書である私の拙著『いかに恋愛をすべきか。』をラジオ講座用に改変したものを紹介します。

その1

 少女マンガにおける、喧嘩のシーンの一考察

 優等生の委員長と、大阪から転校してきた不良少年が(何故か転校生は決まって大阪から来ます)二人が対立するのは当然ですが、学校近くの川原で殴り合いの喧嘩にまで発展してしまいます。殴り合って必ず夕陽が沈むころ、疲れた二人は川原で、ねっころびます。後のセリフは決まっています。
 「おい、お前,いいパンチ,持ってるな。」「お前こそ」です。これは、少女漫画で殴り合いの喧嘩のシーンで必ずあります。さあー皆さん!練習です。やってみましょう。相手をまぶしそうに見るのが、ポイントです。

 その2 

 副委員長が恋に落ちる場面における一考察 

 少女漫画では不良少年と同じくキーパーソンになるのが副委員長です。メガネをかけ地味で生真面目なのが特徴です。クラッシックしか聴いたことがないイマドキ珍しい少女がロックバンドのボーカリストに誘われライブハウスに出来心から行くのが序章です。
 最初に副委員長は「騒音みたい。」だと言い耳をおおうのがお約束です。
 しかし、いつも掃除当番をサボりいい加減なことしかしないクラスメートのボーカリストが、歌う時だけ真剣な顔つきなのに驚くのが中盤です。この時、漫画家のつくったラブソングの歌詞が見開き一面に掲載されますが、その歌詞をキチンと最後まで読むのが作法です。そして詞とともにライブ中の彼に熱くなっている時、恋に落ちます。ラストでボーカルに副委員長はステージに引き上げられ、メガネを外されます。「何者、あの女」などの、やっかみのブーイングなどが、漫画家によってはおきますが、もう完全に二人の世界。
メガネを外された副委員長は、何故か美少女です。その後、この副委員長は決まってこう、言います。
「メガネやめてコンタクトにしたの」

 あれーメガネしてないの?と男性に言われたら使ってみましょう

 今日は、こんなところです。
スポンサーサイト
  1. 2013/06/24(月) 19:57:46|
  2. お笑い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『私のほうがまだいいわー』 | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harbor33.blog.fc2.com/tb.php/51-f6980833
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)