FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

真珠のピアス

真珠のピアス

 私が中学生の頃は、まだ、CDなどもなく、レコードをプレーヤーで聴いていたころ(少し遠くを見る)のお話。

 何故、いきなり,こんな話で切り出したかというと、今日、部屋に帰ってきて、自分の部屋に入りコンタクトレンズをとろうとして・・・コンタクトレンズがはじき出てしまった。床をよーく探したけどなく、結局は諦めたといはなしをしたかったのです。半分では意味を成さないもの。コンタクトレンズ・・・ユーミンの真珠のピアス。

 松任谷由実さんのPEAL PIERCEというアルバムがあります。もちろん、LPレコードで発売されました。1982年です。
 私は半年に一枚のLPを買えなかったわけでななかったのですが、お小遣いが少なかったので二枚は買えなかったなー。中島みゆきさん派だったのでそちらのほうのLPレコードを買いました。数年前、大掃除をしていて、中島みゆきさんのファーストアルバムが押入れの奥にありビックリということがありました。今、プレミアがつくかなー?関係ないけど谷山浩子さんのLPもあった。

 真珠のピアスという曲の歌詞をそのまま、ずばり引用したら、多分、問題だと思うので、私なりに真珠のピアスを大意要約してみます。
 (真珠のピアスの大意要約)恋人の彼が、もう、自分には熱を持っていないと悟った女性が、こんど、この彼氏の部屋にくる女性にジェラシーをいだき、自分のしているピアスを片側だけ、彼のベットの下に捨てていくという歌詞です。まー復讐の唄なのでしょうね。

 が、田舎の中学生だった私には、ピアスというものを半分捨てて、何故???というよりもピアスって物自体を知りませんでした。高校生になって、ピアスを彼のベットの下に半分、すてるっていう行為をすれば、その後、どうなるのかが分かりました。このPEAL PIERCEというアルバムも、買えず、夏休みに従姉妹の姉たちが家に遊びに来ていて、このPEARL PIERCEというアルバムを録音したカセットテープをもらいました。31年前のお話です。私が中学生の頃でした。(再び遠くを見る)流石、昭和の時代のSONY、31年前のカセット・テープが、まだきちんと聴けるもん。

 半分、なくしたコンタクトレンズ。片方では、役に立ちません。


でも、何故ピアスなのか、イヤリングでは、いけないのでしょうか?そもそも、女性の、リングや、ネックレスや、ペンダントや、チョーカーや、ブローチや、ブレスレットなどの装身具は何故、存在するのか?
 性的な意味があるのでしょうか?わからないことだらけだなー。昭和が良かったよ。タイムマシーンが、なくても、別な人生を創造しようとしています。小説を書くために、キチンと設計図を描き(いままで、でたらめに起稿してきて、いつも途中で失敗していたから)プロットをしっかりさせて、書き出したいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2013/07/05(金) 22:38:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<浴衣女子職員は問題じゃないのか? | ホーム | 歯科医院に行く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harbor33.blog.fc2.com/tb.php/57-e203a29f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)