FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

ジェネーレーション・ギャップ

 さきほど、レンタル店で、この前に借りたDVDを返却してきました。一枚80円だから(これが店側の策略なのかもしれませんが)他の作品を借りてみようと思い物色してみると・・・ありました。『時をかける少女』しかし、原田知世さん主演のではなく、仲 里依紗さん主演のものでした。店内を探しても、原田知世さん主演の『時をかける少女』は、見当たらない・・・
 今の若い子にとって、『時をかける少女』は、仲 里依紗さんなのでしょうね。そして家政婦といえば、私達の世代では、市原悦子さんを連想すると思うのですが、若い子は、家政婦と言えば、松嶋奈々子さんなのでしょうね・・きっと
 角川三姉妹、まさにその時代をピンポイントで過ごしました。そして、その後は、風間三姉妹も、いまのなうな子達はしらないかもしれません。
 薬師丸ひろ子さん、原田知世さん、渡辺典子さん・・・中学生のころ月刊カドカワを毎月買っていました。
 いまのAKB48くらいの人気がありました。

 あと、公約?通り、男はつらいよの2作目を借りてきました。劇場公開の第1作から全部を観ていようと思いましたが、劇場公開1作目は、少し前にテレビで観ていてストーリーも鮮明に覚えているので、2作目を借りてきました。『男はつらいよ』、平成版の『時をかける少女』という、妙な取り合わせですが、それも、ありかなと思っています。
 私が思春期真っ只中のころ、なにかの相談で、女の子が、デイトで映画を観にいこうと誘われたらしいのですが、彼のチョイスが、寅さん、それはないよねー」と思ったという話がありました。
 当時も、青かった私は、センスねーと思いましたが、今、大人になってみれば、『男はつらいよ』を観にいこうと誘った男の子に、いいじゃん、と思いをあらたにしました。不器用でいいよね。二人がどうなったか知りませんが、女の子も大人になり、きっと、あのころの彼を、思い出しているんじゃないかと思います。
 当時、私は、サンマの苦いところの旨さもわからなかったからなー。おとなになるのは難しいなー!
 だんだんと分かっていくものなのかなー。そうだと良いと思っています。
スポンサーサイト



  1. 2013/12/17(火) 20:26:13|
  2. コラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ひこうき雲 | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harbor33.blog.fc2.com/tb.php/84-6733b5fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)