FC2ブログ

picture たまに読書

HN harborが撮った写真や絵をアップしていきたいと思います。たまに読書とか、たわいもない話から、真面目な話など。お笑いなんかも・・・

絵を描き始めました。

絵を描き始めました

 とうことで三月〆切の絵のコンテストに向けて絵を描き始めました。今まではF10というキャンバスを主に使っていましたが、体力不足か、根気がないだけなのか、かき上げるのに、ものすごい労力を使っていたため、今回はF6という
F10のキャンバスより、かなり小さいのを使います。タバコのパッケージを参考にして下さい。参考にならないか???

PT340360.jpg

 下書き。本当は、もっと違う画材で下書きするのかもしれませんが、無知な私は、Bの鉛筆で下書きしています。
 これは自画像です。自画像は古今東西の画家さんが描いていますが、顔は何故かひとつ???何故なんでしょう。
 自画像の絵に自分の顔が何十あってもいいじゃないかということで、これで下書き終わり。後は色を塗るだけです。
 「グラスの底に顔があってもいいじゃないか」と言ったのは岡本太郎先生ですが、自画像に顔がいくつもあって
いいじゃないか!と、私は高らかに宣言します。
 どういう絵になるでしょう。私もわからず、でも少しワクワクしています。

PT340363.jpg
スポンサーサイト



  1. 2014/01/14(火) 00:52:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
<<自画像 | ホーム | おでんは、なんとかならないのかなー>>

コメント

自画像

制作始まったのですね。 6号は10号より横長です。
二重に描いた自画像としては、靉光の有名な作品があります。
個人的に好きなのは、三岸節子さんの若い頃の自画像です。
自画像の作家といえば、鴨居玲さんを思い浮かべます。これらはネットでも見つかると思いますよ。
私は自画像を描けるほど、しっかりしていないです。

完成が楽しみですね。
  1. 2014/01/14(火) 22:52:34 |
  2. URL |
  3. 夕閑人 #-
  4. [ 編集 ]

コメントお寄せくださりありがとうございます。

夕閑人さんへ

 こんばんは、コメントお寄せくださりありがとうございます。盲点を狙っています。『白昼の死角』みたいなものです。またはコロンブスの卵のような。自画像というと自分の顔みたいなのが常識として、あるいは意識界において存在すると思うのですが、その既成概念を覆す。そこに今回は狙いを定めています。
 三十以上ぐらいの顔があって(あるいは野菜やお菓子でも良いのですが)それが自画像って言い切ってもいいような気がしています。靉光さんの自画像は高校生の時に教科書で観ました。美術の教科書ではなく、国語の教科書に載っていました。兵隊さんにとられる。自分にはまだやりたいことがある。その葛藤。上を観たらキリがありませんが、絵を描いたり、小説をかいたりできる、平和な日本(その神話も崩れだしていますが)感謝せねばと思います。二重に描いた自画像。拝見しました。ただ30以上の顔の絵を自画像と称した方はいないみたいですね。隙間芸術???出鱈目です。すみません。鴨居玲さんの絵は、テレビで観ました。なんでも鑑定団だったかなー?ネットでも観ました。
 三岸節子さんというお方は知りませんでした。勉強になりました。と、いうか絵に関しての専門教育はまったく受けていないので、なんでもありでいいじゃんとも思っています。さすがに魚を描いて、飛行機と言い切らないようにはしますが・・・でも、それもありかもしれませんね。コンテストに向けてがんばります。では、失礼します。

 F6 横長F10に比べて横長、そういわれてわかりました。っていうか最近になるまでFって何の略か知りませんでしたから・・・残念。
  1. 2014/01/15(水) 17:23:25 |
  2. URL |
  3. H #-
  4. [ 編集 ]

なんだか僕も絵を書きたくなってきました。
どう書いたら、なんて言われるとかそんなことを気にしている自分が
情けない。と思います。
基礎をやってないからといって筋トレを始める様な・・・
本当はからだを動かせばいいだけなのに。
難しいです。
  1. 2014/01/16(木) 11:54:06 |
  2. URL |
  3. ピヨピヨ #-
  4. [ 編集 ]

ピヨピヨさんへ

 考えてしまう。学問の領域では、それが資質なり・美徳なり・が資格なんだろうと思います。
 でも、絵って(なんの美術の専門教育を受けていないのに、私がごときが勝手に語ってはいけませんが)まず、迷うことなく行動だと思います。私は240円のスケッチブックを買い、クレヨンはスーパーで買いました。もう12年前の話ですが・・・そこからが始まりでした。
 あいだみつおさんの言葉に、考えてばかりいると、日が暮れちゃうよー
というのもありましたよ。『1973年のピンボール』にも、「行動が思想を決定する。逆は不可」というのがモットーの政治グループのくだりもあったじゃないですか・・・
 絵が描きたくなった。まさにそこでもう物語は始まっているのかもしれないと思います。
 ピヨピヨさんは詩魂のある方だと思っています。詩画集なんてどうでしょう。詩を描いて、その縛りで絵を描く。けっこうスリリングですよ。
 小説もそうだけど・・・最近、男性で、文学部卒の小説家って、あまり聞きませんよね。女性は早稲田の第一文学部ってものすごく多いけど・・・ 画家さんは、ほぼ美大卒ですよね。
 私は美大に行くことのなく、誰にも師事することなく、絵画教室にも通わず、スタンド・アローンでやってきました。 それが良かったかどうかは、わかりませんが・・・
 まースケッチブックとクレヨンの16色を、まず買ったらどうですか?煙草1個我慢すれば買えるし、そういう境遇にある僕達は、ものすごく幸運なんだと思います。内戦や飢饉のない現代日本ですから・・・好きなこともやれるのも生きていればこそ。生きているうちが華ですよね。なんでもトライすることが大切なのではないでしょうか?学問もなにもかもが・・・しみじみ思います。

  1. 2014/01/17(金) 18:45:20 |
  2. URL |
  3. HARBOR33 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harbor33.blog.fc2.com/tb.php/95-60ee386d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)